スズキ パレットの高値買取・査定のポイントと相場について

パレットの買取相場
       
たかまさ
Follow me

スズキ パレットの概要と特徴・魅力と買取り相場について

スズキ パレット
パレットは2008年から2013年の間に販売された、トール型ワゴンに分類される軽自動車です。
販売期間は5年と短く、1代のみの販売でしたが、トール型ワゴンのカテゴリで注目を集めた功績が評価されています。

小型で可愛らしいデザインや、手軽に使えるところが人気で、どちらも根強いファンを作った切っ掛けの魅力です。
ボンネット型の軽自動車で初めて後席の両側スライドドアを採用するなど、目のつけどころや先見性に優れていた点もあります。

希少性とも相まって、状態の良い車両の買取り相場は高値です。

スズキ パレットの購入者(ユーザー層)の特徴

当車両のユーザー層は、視認性が良好で小回りが利きやすいことから、女性が中心になっています。比較的手頃ということもあって、発売当時は無理をせずに手が届く当車両に人気が集まりました。

縦列駐車の難易度が低く、狭い道のカーブも曲がりやすいなど、運転を苦手とする人もユーザー層に少なくないです。メーカーとしては、女性に限らず幅広いユーザー層を想定していたことから、男性や上の世代の間でも人気です。

販売終了から8年以上が経過しても人気なので、改めて傑作と呼べる車両だといえます。

スズキ パレットの高価買取りのコツと注意点

走行距離に注意

当車両の高値査定は、走行距離が増え過ぎてしまう前に、高値買取に期待できるお店で評価してもらうことです。

発売から年数がかなり年数が経過している当車両は、必然的に年式が増えしまっている傾向にあります。その為、年式の古さが査定価格に影響しないわけではありませんが、年式よりも走行距離や状態の方が重視されます。

つまり、毎日のように使っている人は、走行距離が大台に乗っていないか注意が必要です。ボディの傷みと共に走行に関する機能についても、より良い状態で査定を受けることが肝心です。

業者間比較が重要

当車両を高値査定してもらうには、一括で複数社の査定を受けるのが良いです。

身近な店舗は査定に関して便利ですが、ベストな高値査定の結果が受けられるかどうかは別です。やはり、車両の評価は企業やお店で違ってきますし、評価の基準が異なるので結果に差が出るのは当然です。

特に当車両のように古いものは、査定価格が大きく開いてもおかしくないので、複数社による一括の査定こそが高値買取の条件となるでしょう。

最も高値に思える査定価格が提示されても、上回る価格がつけられる可能性はありますから、直ぐに売却を決めてしまわないように要注意です。

スズキ パレットの買取り額を高くするポイント

パレットの買取り額アップのポイントは、走行距離を可能な限り短く抑え、早め早めを心掛けて査定してもらうことです。

ビンテージ的な車両であれば、走行距離がかなり大きくても、高額査定が受けられる可能性は高いです。
しかし、実用性が重視される当車両は、使えば使うほど価値が下がってしまいます。

日頃のお手入れやメンテナンスが行き届いていても、走行距離だけはリセットできませんし、買取り額への影響は避けられないです。
それでも、複数の査定で好条件を選び抜けば、状態次第で買取り額が高くなる結果に結びつきます。


【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)