車買取の一括査定は驚くほど有利!相場以上の高価を引出す3条件

車買取の一括査定は驚くほど有利
たかまさ
Follow me
車の一括査定は驚くほど売り手に有利
車を高く売るには3つの条件をクリアしなければなりません。車の一括査定は、この3つの条件クリアした業者のみが、査定希望者にアプローチしてくる仕組みになっていて、驚くほど売り手に有利なシステムといえます。この絞り込みを、自分だけでやるのは、ほぼ不可能です。

車の一括査定は驚くほど有利!相場以上の高価買取を引出す3つの条件とは

高査定の3条件

高く売るための3つの条件とは
多くの人が気が付いていないのですが、一括査定を申請すると、車を高く売るために重要な3つの条件をクリアした業者のみがアプローチしてくる仕組みになっています。だから高額査定が期待できるのです。
以下、この3つの条件について説明いたします。
一括査定は、あなたの車を買いたい業者だけがアプローチ
これは、車を高く売るためには超がつくほど重要です。買取り意欲が低い業者と交渉しても高額査定が引き出せるはずがありません。

例えば、あなたが何の脈略もなしに近所のABC中古車屋さんに出向いて査定をお願いしたとします。
お客から査定をお願いされたら、余程の事情がない限り業者は査定をしてくれます。

しかし、ここであなたは極めて重要なことを無視しています。
そもそも、このABC中古車屋さんは、あなたの車が欲しいと思っているのでしょうか?
仮に、特に欲しくないと思っているのなら、高値査定を引き出すのは極めて困難です。

こうした交渉方法では、その真意は確かめようがありません。とりたてて欲しくもなく、店頭に置くつもりもないとしても、念のため業者は買取りを試みます。
なぜなら、相場の最安値で買取りができれば、店頭に置かなくても業者向けのオークション会場で売ることができるからです。

通常、業者は同じ車を長期間店頭に置くのをとても嫌います。
買取ったその日から、その車の資産価値は日に日に下がります。1日多く置いておくだけで損してしまうのです。また、1台分のスペースも必要で、他の車の販売機会を奪っていることにもなります。

要するに、特に買いたいと思っていない業者と交渉するのは、時間の無駄と言わざるを得ません。
一括査定では、あなたの車の情報が各業者に通知され、それを見て買いたいと思った業者だけがアプローチする仕組みなので、交渉に無駄がないのです。
また、その業者はあなたの車を買いたいのですから、必然的に価格交渉については柔軟に対応してくれます。

一括査定は、あなたの家に近い業者だけを選べる
これは、現実問題として絶対に無視できない条件です。高額査定されても遠方の業者では、交渉コストが増加してしまい売り手が不利になります。

高値で買取ってくれる業者があったとしても、北海道の人が九州の業者と交渉してもお互いに意味がありません。
業者は買いたいと思っていても、あなた自身が対応可能な距離でなければ、現実問題として交渉するのは困難です。

一括査定を利用する際は、郵便番号や住所を入力するのが一般的です。これは、中古車査定の特性上、現物を見ずして査定額を確定させることはできません。
つまり、あなた自身が対応可能な、なるべく近くで買いたいとする業者を選抜する必要があります。

郵便番号や住所が必要なのは、このためです。少しでも売却希望者に有利になるように、近場でかつ買いたいとする業者がアプローチできるように設定されています。

一括査定は、業者や店舗の固有事情が反映された査定額でアプローチ
買取りに意欲があって、固有の事情を反映させた価格でアプローチしてきます。だから無駄なく高価買取が期待できる業者を絞り込むことができます。

詳しい人は承知していると思いますが、「車種」「年式」「走行距離」によって当該車両の標準的な査定額(下取り額)は、概ね業界内で標準化されています。しかしながら、この標準化された査定額には、各業者、その店舗の固有事情が反映されていません。当然、固有の事情は、標準価格にプラスマイナスされます。

固有の事情とは「ちょうど欲しがっているお客さんがる!」「お得意さんから探して欲しいと頼まれていた車種だ!」などです。

すなわち、一括査定システムを利用すれば、こうした固有の事情を織り込んだ、多数の査定額が一挙に入手できるのです。数十店舗を自分の足で回ったとしたら、数日必要ですが、これがスマートフォンを片手に数十秒で、できてしまうのです。

少しでも高い売却を考えているのなら、もはや一括査定のシステムを利用しない理由はないといえます。

一括査定をして記録を残せば断然有利

査定額は記録に残そう!
一括査定の良いところは記録に残しやすいこと。これがエビデンスになり、その後の交渉を極めて有利に進めることができます。
以下、詳細をお話しします。

査定件数が、どれだけ多くても、客観的な記録が全くないのでは殆ど意味がありません。

他店の査定額を口頭で伝えても、ディーラー営業マンや、中古車販売店のスタッフは不信感を抱くだけです。業者同士を競合させることを目的に、根拠のない査定額を言う客が多いのが実態です。

業者側も馬鹿ではありません。客が言っていることを全てを鵜呑みにして、買取り価格をつり上げてしまっては商売になりません。

したがって、そのような交渉を客がして来た場合、業者側は、交渉の途中の段階で「次回でかまいませんので、その業者さんの見積もりを持ってきてもらえますか?」と切り返します。

そこで、客側が何も持っていないと、業者側は「今まで言ってた他業者の査定は、もしかして査定価格を上げさせるための噓?」と考えてしまします。こうなってしまっては、その後の交渉は見込めません。

一括査定の良いところは記録に残しやすいこと

ディーラーの営業マンや、中古車販売店のスタッフに対し、査定額の交渉をする時、査定件数が多いのは有利になるのですが、ただ単に多いだけでは効果はありません。

例えば、「A業者」に対し「B業者は120万円だったよ」「C業者は125万円でした」と、口約束レベルの交渉を続けても、買取る側は不信感を抱くだけです。

そこで、とても便利なのが「車の一括査定」です。

一括査定のシステムを利用することで、自宅に居ながら最大30社の査定(見積もり)が入手できます。そして、何よりも便利なのは「メール」によるやり取りができるため、特に意識しなくても全て記録に残すことができるのです。

もちろん、電話で連絡をしてくる業者もあります。その場合は、一通り電話で話した後に一言、以下のお願いをします。
「今のこの電話の内容を、簡単で結構ですので整理したものをメールで送ってください」とお願いします。

きちんとした業者であれば電話の内容を整理して、メールで連絡してきます。なぜなら、これをやらないと後に「言った言わない」のトラブルが発生する場合があるからです。つまり、整理した内容をメールで送るのは、業者が自分自身を守るためでもあるのです。

逆に、記録に残そうとしない業者は、交渉の途中で相互の理解や認識が異なってくる場合が多いです。これは当然です、業者の担当者は毎日、色々な客と交渉や話をしているため、あなたに話した内容を、あなたと同じレベルで全てを記憶しておけるはずがないのです。

あなたの車の査定額を決める基本要素

車種と車格

車種とグレードは査定額を決めるベースといえます。
人気がある車種カラーのグレードの高い車両は、必然的に査定額が高くなります。但し、人気があっても供給量が多ければ査定額は下がります。

モデル年式と走行距離

基本的には、新しいモデルで低走行距離の車両の査定額は高くなり、旧モデルで走行距離が多い車両の査定額は低くなります。
概ねの基準としては、5万キロを境にして査定額が大きく異なる場合が多いです。したがって、5万キロが迫っている車両については、手放すタイミングを慎重に見極める必要があります。

査定担当者の心証

どんなに査定基準がマニュアル化されていたとしても、結局のところ、それを使って買取額を決めるのは人です。仮に、車の程度が良くても、査定担当者が「このユーザーの車は買い取りたくない。」と思ってしまったら高価買取など望めるはずがありません。車の状態を気にする以前に、お互いに気持ち良く取引ができるように配慮する必要があります。

一括査定が断然有利な理由
※ サイト内ページに遷移