おすすめ一括査定サイトランキングへ

これで解決!あなたの車が売れない5つの原因と対処法を徹底解説

あなたの車が売れない原因と売るための対処法
       
啓太

「車が売れない原因を知りたい!」

車が不要になったり新しく車を買い替える場合、ほとんどの方が今使用している車を売却しますが、中には車を買い取ってもらえなかったという人もいます

売却できないとなると、置き場やその後の扱いが非常に困りますよね。

そこで本記事では、車が売れなかったという人の問題を解決するために以下の内容をお届けしています。

  • 車が売れない原因
  • 売れない車を売る対処法
  • 高額買取が狙えるおすすめの一括査定サイト
  • 車を高く売るコツ
  • 中古車を売る時の注意点 

本記事を読むことで、売れない原因を解決し、高額で買い取ってもらえるチャンスを掴むことができます。

ぜひ最後までご覧ください。

1:どうして!?あなたの車が売れない5つの原因

車を買い取ってもらえなかったのには、必ず車に原因があり、ここでは車を買い取ってもらえない以下5つの原因を紹介していきます。

  • 年式が古い
  • 走行距離が長い
  • 自走できない
  • 売れ残る可能性が高い
  • 販売店が利益を見込めない

あなたの車が、上記5つの原因に当てはまっていないかチェックしましょう。

原因①:年式が古い

車には年式というものがあり、製造されて新車として初めて運輸支局に登録された年月のことを指します。

この年式が古ければ古いほど車の価値は下がっていき、10年を超えるとほとんど価値がつかない状態になってしまいます。

年式は、車検証にある初年度登録年月で確認することができるので、改めて確認してみましょう。

原因②:走行距離が長い

走行距離は年式と比例し、長く乗っていればいるほど走行距離は増えていき、10万kmを超えると価値が大幅に下落していきます。

ただしここで注意しなければならないのは、年式との関係性です。

車の走行距離は、一般的に1年で1万kmといわれており、比例関係になっているのが良いとされています。

そのため10年乗っていて走行距離が5万kmと短くても高く売れるわけではなく、場合によっては10万km走っている車よりも価値が下がるケースもあるのです。

原因③:自走できない

事故や車検が切れていて自走できない車は、値段がつかない可能性が高いです。

ただしプレミアがついている貴重な車であれば、買い取ってもらえる可能性があります。

原因④:売れ残る可能性が高い

これは買取先の判断によりますが、あなたの車を買い取ったとしても売れのこるだろうと判断された場合、買い取ってもらえない可能性が高いです。

買い手がいなければ、販売店は在庫として抱えるため損をします。

この判断材料として、車の状態が良くなかったり車のカラーが関係する場合もあります。

白や黒などの人気カラーであれば買い手が見つかる可能性がありますが、グリーンやイエローなどはそもそも買い手が少ないため、買取も敬遠されてしまうのです。

原因⑤:販売店側に利益が見込めない

車の状態が悪い場合、買い取った販売店が再販するためには、全て整備を行わなければいけません。

そのため故障していたり、傷や凹みが多いと売れたとしてもほとんど利益にならないので、このような車も買取を断られることが多いです。

2:これで安心!売れなかった車を売る3つの方法

1章の原因に当てはまり、「やっぱり自分の車は売れないんだ」と思った方はまだ諦める必要はありません。

2章では、買取を断られた車をどうにかして売る以下3つの方法を紹介していきます。

  • 一括査定サイトを利用する
  • ディーラーに下取りをお願いする
  • 廃車買取業者に買取を依頼する

年式や走行距離、状態が悪い車も買い取ってもらうことができるので、それぞれの方法をみていきましょう。

方法①:一括査定サイトで査定してもらう

車の高額買取を狙うなら一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、複数の車買取業者があなたの車を同時に査定し、買取価格を提示してくれます。

業者の中で1番高い金額を提示したところに買取を依頼すれば、最も高い金額で車を買い取ってもらうことができるという方法です。

方法②:ディーラーに下取りをお願いする

特定の自動車メーカーのみを取り扱っているディーラーでは、車を下取りとして買い取ってもらうことができます。

下取りとは、次に購入する車の購入費用の補填として車を買い取ってくれるサービスのことで、中古車販売店に比べると査定額は低いですが、売却と買い替えを同時に行えるというメリットがあります。

方法③:廃車買取業者に買取を依頼する

どうしても車が売れない場合の手段として、車を廃車にして廃車買取業者に買い取ってもらうという方法もあります。

廃車買取業者は、車の本体に価格がつかなくても、使えるパーツを部品取りとして買取っているため、綺麗なパーツは買い取ってもらうことが可能です。

3:ユーザー満足度の高いオススメ一括査定サイト3選

ここでは、全章で車を売る方法として紹介した一括査定サイトの中でも、オススメのサイトを紹介していきます。

一括査定サイトを利用するのは初めてという方も、これから紹介する一括査定サイトを使えば、高額買取のチャンスを掴むことができます。

カーセンサー

最初に紹介するのは、最も人気があるカーセンサーというサイトの一括査定サービスです。

カーセンサーは、1,000社以上の買取業者と提携している非常に規模の大きいサイトとなっています。

最大同時査定数も30社と多いため、高額買取が狙いやすいです。

とにかく高く車を売りたいという方は、カーセンサーの一括査定サービスを利用しましょう。

ナビクル

次に紹介するナビクルは、提携業者数55社・同時査定数10社と規模自体は小さいサイトです。

しかし、その分査定にかかる時間が短くなるので、他のサイトよりも早く査定結果を知ることができるというメリットがあります。

ズバット車買取比較

最後に紹介するズバット車買取比較は、提携業者数280社・同時査定数10社の比較的バランスの取れたサイトとなっています。

ズバット車買取比較の魅力は、ユーザーサポートに力を入れているというところです。

わからないことがすぐに聞けるのは、利用する側にとってありがたいですよね。

サポートは年中無休でやっているので、いつでも利用することができます。

4:もっと高く!車を高く売る3つのコツ

紹介した売却方法を利用する前に、今の車の査定額を高くする以下3つのコツを紹介します。

  • 高く売れる時期に売却する
  • メンテナンスをしっかりする
  • 屋内で保管する

売却までに時間がある方も、時間がない方も1つでもコツを掴むことで、買取額アップの可能性を上げることができます。

ぜひ実践して更なる高額買取を狙いましょう。

コツ①:高く売れる時期に売却する

実は、車には高く売れる時期が存在します。

高く売れる時期は、3月前9月前です。

これにはちゃんとした理由があり、3月は進学や就職で車を購入する人が増えるため、買取業者は3月前の買取に力を入れています。

次に9月前は、一般企業の夏のボーナス後ということもあって、車を買い替える人が多くなるからです。

購入者が多くなる時期前に車を売却すれば、通常より高額で車を売ることができます。

コツ②:メンテナンスをしっかりする

車の状態を良好に保つためには、日々のメンテナンスが欠かせません。

定期的に洗車を行って外観を綺麗に保ったり、エンジンオイルクーラントなどの消耗品を期間内に交換することで、パーツが故障するのを防ぐことができます。

メンテナンスをしたらメンテナンスノートというものに記録が残るので、売却時にしっかり管理していたということが買取業者に評価してもらえ、査定額アップを狙うことが可能です。

コツ③:屋内で保管する

メンテナンス同様に車は、綺麗な状態を保っておくことが高額買取を狙うコツです。

普段から屋外に車を駐車していると、紫外線の影響で外装が劣化してしまうため、買取査定に大きく響いてしまいます。

そのため、保管場所はなるべく日光や雨風に晒されない屋内を選ぶようにしましょう。

5:要チェック!車を売るときの7つの注意点

最後に、車を売る時の注意点を紹介します。

紹介する注意点は以下の7つです。

  • 買取相場の価格を把握しておく
  • 契約後にキャンセルはしない
  • 車の情報を偽らない
  • 必要書類を事前に準備しておく
  • 悪徳業者に気をつける
  • 売れる時期を確認する
  • 車を売ることは必ず家族と相談する

注意点の中には、危険なことも含まれているので、売却を行う時は必ず上記の注意点を忘れないようにしてください。

注意点①:売る車の相場を把握しておこう

1つ目の注意点は、あなたが売る車の買取相場を把握しておくことです。

買取先によっては、極端に低い査定額を提示してくることがありますが、相場を知らなければ損得の判断ができないため、「他で売ればもっと高く買い取ってもらえた」とならないように買取価格の相場は事前に調べるようにしておきましょう。

注意点②:契約後のキャンセルはやめよう

基本的に売却手続き後にキャンセルするのはNGです。

他が高く買い取ってくれるからとキャンセルをした場合、手続き上でトラブルになることがあるので、キャンセルをするのはやめたほうがいいでしょう。

注意点③:車の情報を偽るのはやめよう

車の状態に誰よりも詳しいのは、利用者であるあなたです。

そのため、1度故障して修理をしていることを隠したり、メンテナンス情報を誤魔化したりすると、その時は高く査定額をつけてもらうことができますが、後日実際の買取価格が下がるといったケースに繋がる恐れがあります。

同時に買取業者からの信頼も失われてしまうため、車の情報経歴は必ず正直に伝えましょう。

注意点④:必要書類を事前に準備しておこう

車売却の手続きには、自分で事前に用意しなければならない書類があるので、手続き前に焦らないように前もって準備しておくようにしましょう。

車の売却手続きには、以下の書類が必要になります。

  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • リサイクル券
  • 自動車納税証明書
  • 実印(乗用車に限る
  • 譲渡証明書(乗用車に限る)
  • 委任状(乗用車に限る)
  • 印鑑登録証明書(乗用車に限る)
  • 認印(軽自動車に限る)

必要になってくる書類は、乗用車軽自動車で異なるため覚えておきましょう。

注意点⑤:悪徳業者にひっかからないようにしよう

残念ながら買取業者の中には、悪徳業者がいるというのが事実です。

明らかに高すぎる査定額を提示する業者や、個人情報を深く知ろうとしてくる業者には裏があるので、困った時は車に詳しい人や他の業者に相談するようにしましょう。

注意点⑥:売れる時期を確認しよう

車を高く売るコツを紹介しましたが、どうせ売るなら高く売れる時期に買い取ってもらいたいですよね。

注意点とまではいきませんが、売却をする上で意識しておくべきポイントです。

注意点⑦:売る前に必ず家族と相談しよう

1人暮らしをしている方は特に問題ありませんが、家族で車を使用している場合は必ず相談するようにしましょう。

手続き後に相談すると、トラブルになりかねないので事前相談は必須です。

もちろん売却だけでなく、買い替えの際も予算使用目的が大きく生活に影響をあたえるため、話し合いをするようにしてください。

まとめ

車が売れなかった方は、なぜ売れなかったのか原因を突き止めることが大切です。

一括査定サイディーラーなどを利用すれば、買い取ってもらえなかった車も売却することが可能です。

一括査定サイトを利用したことがない人は、本記事で紹介したような人気サイトを利用しましょう。

車を少しでも高く売りたい方は、高く売れる時期に売却したり日頃からメンテナンス保管を徹底しておくことで、査定額アップを狙うことができます。

ただし、中古車を売るのには注意点もあるので、事前にチェックをしておき、売却後に後悔することのないようにしてください。

最後まで諦めず、車を少しでも高額で売却できるように頑張っていきましょう。

あなたの車を高く買取ってくれる最高のサービスを探せる!

売却予定の車種に応じた、最適な買取りサービスを、その場で直ぐに見つけることができます。
ご活用ください。

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)