rank_bana_img
 
   carsensor_bana_img

車の購入をするときに必要な貯金額の目安は?予算別で車種も紹介

車 購入 貯金
       
啓太

車を購入する際に貯金はどれくらいあるのが理想でしょうか?

多くの人は車を購入するために、頑張って貯金をしています。そのお金は「マイホーム、車、育児、老後、重大な病気」など人生のもしもの時に使うため、一気に支払うのは怖く不安になることでしょう。

それでも車が緊急で必要になったとき、どれだけの貯金があれば安心して車を購入できるでしょうか。

「年収の半分ぐらいに抑えるのがベストです。」とよく言われます。
しかし、実際のところは人によるというところではないでしょうか。

そこで本記事では、以下の内容をお伝えしてまいります。

  • 車を購入する時に必要な貯金
  • 車を購入する2つの手段と貯金すべき金額の目安
  • 車を購入する貯金の目安とオススメ

さらに、お得に購入する方法と購入する際に必要なサービスも紹介します。

今回は車を購入することを検討中の方に、自分に合う車を少しでも安く買えるように情報をまとめました。

ぜひ、最後まで読んでみてください。

車の購入に必要な貯金を知るには費用から計算

車を購入するなら予算を立てることが必要です。冒頭でもお伝えしたように、年収の半分に抑えられたら理想です。
この理由は、本章で「購入時」と「購入後」の2つのタイミングから説明します。

1-1:購入に必要な費用

車を購入する時、かかる初期費用は以下の4つです。

  1. 車両代金
  2. 法定費用
  3. 諸経費
  4. 代行費用

車両代金とは、車両本体やオプション装備の購入の際に支払われる代金です。購入した車両のタイプやグレードによって変わります。また、カーナビなどを追加する場合は、金額はさらに上がります。基本的にかかる代金は新車が中古車の2倍以上になります。

法定費用とは、税金や保険料など法律上で支払う必要な費用です。「自動車税」、「自賠責保険料」「自動車重量税」、「印紙代」、「リサイクル料金」などあります。しかし、注意したいのは排気量や車両タイプによって税金も変わることです。

諸経費とは、車両の購入手続きで必要な手数料です。「車庫証明費用」、「検査登録費用」と「希望ナンバープレート代」は基本の手数料です。

代行費用とは、販売店やディーラーが購入者に代わり、代理手続を行う費用です。購入の仕方によっては費用が必要ない場合もあります。

「法定費用」、「諸経費」、「代行費用」を加算する費用は車両代金の1〜2割程です。

1-2:購入後に維持費用

車両を購入した後、車が安全に運転できるように以下の6つの支出費用が必要です。

  • 車検費用
  • 税金費用
  • メンテナンス費用
  • 保険代
  • 駐車場代
  • ガソリン代

その中で①〜③までの項目は年に一回だけですが、④〜⑥までは毎月支払う必要があります。

車検の時、必要な金額が一番大きいと考えます。基本料金の相場は1万円から5万円と幅広く、車両タイプや購入時間により料金も異なります。

「ガソリン代」、「駐車場代」、「保険代」は毎月支払う項目です。この3つだけ考えると、毎月1〜3万円程かかるのが目安です。

【支払い手段別】車の購入に必要な貯金額

車の購入費用は年収の半分と予想していると、仮に貯金額も年収の半分として考えます。ある程度の貯金があるなら、ベストの選択は一括払いとローン払いのどちらでしょうか。本章では、一括払いとローン払いをそれぞれ解説していきます。

2-1:一括払い

車両を維持する費用も考える必要があり、手持ちの貯金は余裕があれば一括払いが良いでしょう。例えば100万円の車両を購入する場合、貯金は200万円以上ある場合と同時に他の重大計画もありません。一括払いの方が無難で、ローンの手数料も切り詰めます。

2-2:ローン払い

まず、ローン融資額は人、借りる金融機関によって金額は異なります。それならば、最低限いくらの貯金額があれは、車を買う時にローンで払えるでしょうか。

100万円の車を購入したい場合で説明します。基本的に金融機関の融資額は年収の3分の1です。逆算すると、仮に300万円年収の人は最大限150万円の貯金があるという認識で、最大100万円を融資することが可能です。

近年、各金融機関の金利は1.9%〜2.5%ぐらいで購入手数料も含めて計算します。100万円の車を購入すると、最低限、貯金は50万円が必要です。

【予算別】おすすめ車種と特徴・費用を大公開

予算が決まったら、今度は車種を選ぶのも迷いますよね。

本章では、車両の金額によりランクを3つに分けました。ご自身と一番に合うランクで愛車を選びましょう。

予算オススメ
TOP3
特徴ボディタイプ新車費用中古車費用
〜100万円ダイハツ
「ミライース」
ミラシリーズが軽自動車部門販売台数第1位軽自動車85万円30万円
スズキ
「アルト」
37km/Lの低燃費として利き軽自動車70万円20万円
スズキ
「エブリイ」
車内が広く視線も高く運転しやすい軽自動車97万円27万円
〜200万円ホンダ
「フィット」
コスパ高い代表として、車内空間も広いハッチバック155万円35万円
トヨタ
「ヤリス」
乗用車の売上台数No.1の人気車種SUV140万円99万円
日産
「ルークス」
マイルドハイブリッドで全車を装備された軽自動車141万円27万円
〜300万円トヨタ
「プリウス」
全長4,575mm×全幅1,760mm×全高1,70mmという幅広いスペックはとっても乗りやすいステーションワゴン260万円90万円
日産
「セレナ」
7人乗りと8人乗りのモデルがあり、子供が車内でも立つこともできます。ミニバン260万円90万円
スバル
「フォレスター」
高出力のエンジンが使用して、スピード速いSUV290万円200万円

以下から、詳しく各ランクを分析いきます。

3-1:100万以内予算

100万円以内の予算なら、軽自動車は良い選択です。維持費用も少なく、車の税金も普通自動車より低いです。

さらに、中古車の購入も良い考えです。中古車の中でコスパ高いホンダのフェット、トヨタのフリウスなども選ぶことができます。

3-2:200万以内予算

200万円ぐらい予算なら、一番に幅広く選べます。年間の維持費は30〜50万円ぐらいと考えると、コンパクトカーを選ぶことは賢いでしょう。

中古車が選択肢に入れば、グレード高い車も手に入れます。ミニバンの購入することもでき、ファミリーとして使うのは楽ですね。

3-3:300万以内予算

300万円の予算なら、口コミが高い新車から高級中古車まですべて選ぶことができます。さらに、好みによりオプションも追加可能です。

しかし、高級ミニバンの購入を希望する場合は、中古車のなかで探す方が意外にお宝を発見できるかもしれません。

不要になった車を少しでも高く売る2つのコツ

4章まで車の購入予算や購入方法を紹介しました。

新しく車を購入するにあたって、現在の車を売りたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

  • 売却する
  • ボーナス商戦を待つ

これから、以上の2つのコツをそれぞれで説明します。

コツ①:車一括査定サイトを活用する

新しく車を購入した後、今乗っている車が負担になるのではないでしょうか。2台分の駐車スペースを用意し、税金も2重払いになってしまいます。経済的にも無駄な気がしますよね。

しかし、今の愛車を売却すれば、その分の金額が新しい車の予備金になることができます。貯金の一部にもできたり、購入する時に予算をオーバーした部分もカバーできます。

不要になった車を売るためにも、車一括査定サイトを活用してみてはいかがでしょうか。一括査定サイトを利用すると、同時に複数の業者から査定した結果を知ることができます。査定された結果により、多くの結果から選択できるようになります。買取相場の平均金額の中で、最も高い金額を提出した業者に頼めば、新しい車を買うときに得した気分で購入できます。

さらに、売却だけではなく中古車を購入する時にもよく使われています。まず車一括査定サイトの中で、気になった車の相場価格を細かく確認します。

コツ②:ディーラーのキャンペーン時期を狙う

毎年2回ボーナス時期があります。ディーラーや販売店がこの時期に合わせて購入行為を促進するために、値下げとかよくキャンペーンを行います。この時期を狙い購入すると、安くなるでしょう。

車を購入する際に必要な無料サービス

4章で紹介された一括査定サイトは少しでも興味があったでしょうか。高価買取や情報を集めるとして凄く優秀なサイトですね。

ここでは初めての方に、車の購入として必ず必要な無料サービスサイトである一括査定サイトのベスト3を紹介します。

  • カーセンサー
  • ナビクル
  • ズバット車買取比較

少しでも購入予算の貯金を増やしましょう。

5-1:カーセンサー

カーセンサー

カーセンサーは、査定サイトの中で少ないがメールで対応できるサイトの1つです。1000社と業務提携しているのも、圧倒的なデータベースを持っているでしょう。さらに売却だけではなくアフターケアまで全部対応でき、初めての利用者に対してとっても心が強いですね。

 

5-2:ナビクル

ナビクル

ナビクルは登録時間最速45秒で終わることができます。中古車市場の中で最も多かったのは国産車のため、サイトのターゲットが国産車まで締まりました。同時査定数は10社とプロ感が強く、査定結果も早く知ることができます。

5-3:ズバット車買取比較

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較は10年を超える運営実績があり、カスタマーサポートが年中無休で対応できます。年末年始だけ休める方に、とってもオススメで安心ですね。

まとめ

車を購入する費用な貯金は年収の半分より、3分の1と認識する方が心の余裕を保つことができます。

さらに、予算を立つ前に、購入手段もしっかり考えて維持費用も頭の中で入れましょう。最後に車両を選ぶ時、新車より中古車の購入を考えると、コストパフォーマンスが高くなるでしょう。

ただし、今乗っている車の処理も考えなければなりません。車両を購入前に、車一括査定サイトを活用しましょう。

カーセンサー、ナビクル、ズバット車買取比較などのユーザー満足度も高いし、操作も簡単です。

好きな車両がスムーズに安く買えるように、是非検討してみてはいかがでしょうか。


車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)