rank_bana_img
 
   carsensor_bana_img

知らなきゃ損!車を安く買う10のコツと実際の購入手順を詳しく解説

車を安く買う10のコツ お得に車をGETしよう!
       
啓太

「車を安く買いたい!」

長年同じ車に乗り続けていたり生活環境の変化に応じて車の買い替えを行う方は多いですが、車の購入は非常に大きな買い物なので、購入資金が充分にないと生活を圧迫するため苦しくなります。

そこで本記事では、少しでも車を安く買いたいという方に向けて以下の内容をお届けしています。

  • 車を安く買うコツ
  • 車の購入手順
  • 車を安く買う際の注意点
  • 車の高価買取が狙える一括査定サイトの紹介
  • 車を高く売るためにやるべきこと

ただし、車を安く買うことだけに重点を置きすぎると思いがけない失敗に繋がるので、記事内の購入手順安く買う際の注意点などをしっかり理解して、安全でお得な車選びができるようにしましょう。

1:お得にGET!車を安く買う10のコツ

車を安く買いたい方は、以下10のコツを参考にしましょう。

  • 車を売却して購入費に充てる
  • 安く買える時期を狙う
  • 金利の低いローンを選ぶ
  • 残価設定ローンを利用する
  • ディーラーやレンタカー会社の車を買う
  • リセールバリューの高い車種を選ぶ
  • カーリースを利用する
  • 諸費用を節約する
  • 人気のないカラーを選ぶ
  • モデルチェンジされた車を狙う

上記のコツを知っておくだけで、車を安く買うことが簡単になります。

それでは、1つずつコツをみていきましょう。

コツ①:車を売却して購入費に充てる

車を売却して購入費に充てることは、直接車を安く買えるということにはなりませんが、売却して得た分を予算に充てれば手元からなくなるお金を減らすことができるので実質安く買っているのと同じになります。

車の売却は、記事の後半で紹介する一括査定サイトディーラー中古車販売店などで行うことが可能です。

ただしディーラーでの買取は、下取りという形式で次に購入する車の費用にそのまま充てられるため、ディーラーで車を購入する予定がない人は一括査定サイトや中古車販売店で売却を行いましょう。

コツ②:安く買える時期を狙う

車の価格は時期によって変動することをご存知ですか?

そのため安い時期を狙えば通常価格よりも安く車を買うことができます。

価格が安くなる時期は、自動車メーカーディーラーの決算時期ともいわれる3月9月、購入者が増えるボーナス時期の6~7月も車を安く買うことが可能です。

コツ③:金利の低いローンを選ぶ

車を買う時の支払いで多くの人が利用するローンですが、どこで組むかによって金利が異なってきます。

おすすめは、銀行系のローンで一般的な金利よりも1~2%低いと言われています。

ただしその分、審査が厳しかったり手続きが複雑だったりするので、事前に審査基準手続き方法を調べておくことが大切です。

コツ④:残価設定ローンを利用する

残価設定ローンとは、ローンを契約する際に将来の車の価格を返済に充てるというシステムで、その分を除いた金額を返済していくといったやり方です。

そのため残価設定ローンを使えば、通常の返済価格よりも金額を抑えることができます。

コツ⑤:ディーラーやレンタカー会社の車を買う

ディーラーで利用されていた代車レンタカー会社で使われていた車は、通常よりも安い価格で販売されることがあります。

利用されている車は、定期的に整備やメンテナンスが行われているため、状態の良い車が多いのが魅力です。

コツ⑥:リセールバリューの高い車種を選ぶ

リセールバリューは、売却する車の価値を表しており、将来車の売却を考えている方はなるべくこのリセールバリューが高い車を買うようにしましょう。

リセールバリューが高い車には、常に人気がある車台数が少ない希少車などが挙げられます。

コツ⑦:諸費用を節約する

車の購入代金には、本体代以外に以下のような費用がかかります。

  • 法定費用(自動車税・環境性能割・自動車重量税・自賠責保険料・消費税・リサイクル料金)
  • 諸費用(車庫証明費用・検査登録費用・希望ナンバープレート代)
  • 代行費用(納車費用・下取り代行費用・車庫証明手続き費用・検査登録代行費用・希望ナンバー代行費用・預かり法定費用・クリーニング費用)

法定費用は必ず発生するため支払いを避けることはできませんが、諸費用代行費用は自分で手続きを行ったり、交渉を行うことで削ることが可能です。

コツ⑧:人気のないカラーを選ぶ

車のカラーによって価格は大きく異なります。

ブラックやホワイトなどの人気カラーは、価格が下がりにくい傾向にありますが、反対にグリーンやオレンジなどの人気がないカラーは購入者が少ないため価格が下がりやすいです。

コツ⑨:モデルチェンジされた車を狙う

車はモデルチェンジが行われると、1つ前のモデルは一気に価格が下落します。

モデルが1つ前になったからといって性能が下がることはないので、状態の良い車を安価で手に入れることが可能です。

コツ⑩:カーリースを利用する

カーリースは、最近流行っている新しい車の乗り方です。

車の購入はリース会社が行うので、リース会社に月額料金を支払って車に乗るといった仕組みになっています。

月額料金の中には、車検費用税金も含まれているため支払いが非常にシンプルです。

支払いが終わったあとは車をもらうか、返却するかの2択から選ぶことができます。

2:簡単6STEP!車をスムーズに買おう

車を安く買うコツがわかったところで、実際の購入手順をみていきましょう。

今回は、手順を以下6つのSTEPに分けて解説を行います。

  • 使用目的に合う車を選ぶ
  • 新車か中古車かを選ぶ
  • グレードを決める
  • 店頭で車を試乗する
  • 契約を行う
  • 納車されるのを待つ

車を買う人によって使用目的車の選び方は異なるので、自分の生活スタイルや購入意図に合った車を購入できるようにしましょう。

STEP1:使用目的に合う車を選ぶ

車を安く買うにあたって使用目的は、必ずハッキリとさせておきましょう。

通学や通勤をメインに利用するなら燃費を重視し、ドライブやレジャー用として利用するなら乗り心地トランクの大きさなどを重視すると良いでしょう。

STEP2:新車か中古車かを選ぶ

購入したい車種がある程度決まったら、新車で購入するか中古車で購入するかを決めましょう。

新車の購入は、保証期間の長さオプションの選択・グレードなどを自由に決めることができるというメリットがあります。

ただし価格はその分高く、納車にも時間がかかるのがデメリットです。

反対に中古車は、価格が安く納車期間も新車に比べて短いですが、新車に比べて性能が悪かったりオプションを自由に決めることができないといったデメリットがあります。

重視する部分によってどちらを買うべきか異なるため、自分の重視する部分をハッキリと決めて選択をすると良いでしょう。

STEP3:グレードを決める

車種によって車のグレードを選択することができます。

グレードの高い車は性能が良いものや、装備が充実したものが多いです。

反対にグレードが低い車は、性能は悪いですが価格を抑えることができるので、安く車を買いたい人はグレードにあまりこだわらないことをおすすめします。

STEP4:店頭で車を試乗する

購入したい車が決まったら、実際に購入先で試乗をしましょう。

試乗せずに買うこともできますが乗り心地や内装の細かい部分をチェックすることが難しいため、購入後に不備が見つかり、販売先とのトラブルに繋がる可能性があります。

購入した後、損をすることのないように必ず試乗することをおすすめします。

STEP5:契約を行う

試乗が終わり、何も問題がなければ契約の手続きを行いましょう。

ただし契約には、以下の書類が必要になります。

  • 実印
  • 印鑑登録証明書
  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • 車庫証明書
  • 販売店への手続き委任状
  • 住民票

車検証自賠責保険証委任状などは販売店が用意してくれますが、車庫証明書住民票は警察署や役所で発行しなければいけないので、余裕を持って準備しておくことをおすすめします。

STEP6:納車されるのを待つ

契約が終わったら、後は納車されるのを待つだけです。

納車は、販売店が指定場所に届けてくれますが、交渉次第では納車費用を削って自分で取りに行くことができます。

少しでも購入費用を抑えたい方は、諸費用を少しでも減らすようにすることが安く買うコツです。

3:STOP!車を安く買う前に知るべき3つの注意点

車を安く買うことで、経済の圧迫や生活プランが崩れるのを防ぐことができますが、安く買うことだけに重点を置きすぎると思わぬ失敗に繋がってしまいます。

そこで3章では、車を安く買う前に知るべき以下3つの注意点を解説していきます。

  • 価格だけで購入を決めない
  • アフターサポートの有無を確認
  • 税金の変動を理解しておく

購入後に後悔しないように、上記注意点をしっかりと把握しておきましょう。

注意点①:価格だけで購入を決めない

車を安く買うために価格を気にすることはもちろん大事ですが、価格だけを見て購入するのは非常に危険です。

例えば外観が綺麗なのに価格が安い車は、過去に修復歴があったり年式走行距離が長い可能性があります。

そういった車の購入は、初めはお得に感じるかもしれませんがすぐに故障し、修理代が高くつく恐れがあるので購入を検討している車の詳細は必ず確認をとるようにしましょう。

注意点②:アフターサポートの有無を確認

注意点①で挙げたように、中古車は新車に比べて故障しやすいです。

その際にアフターサポートがついていなければ、修理代を全て自分で負担することになるためリスクが大きいといえます。

購入する車や販売先によってアフターサポートの期間や有無は決まるので、なるべくサポートが充実しているものを選ぶようにしましょう。

注意点③:税金の変動を理解しておく

中古車を購入する場合、年式によって支払う税金の額が変わります。

年式が13年以上の車は、自動車税自動車重量税が高くなり、年数を重ねるごとに負担が膨らんでいくので購入前に必ず年式をチェックしておきましょう。

4:購入費用をサポート!高価買取の一括査定サイト

1章では、車を安く買う10のコツについて解説を行いました。

その中で紹介した車の売却で高く買取をしてもらうことができれば、購入費用を大幅に減らすことができます。

そこで4章では、車の高価買取が狙える一括査定サイトについて紹介を行います。

一括査定サイトは、名前の通りあなたの車を一括査定してくれるサイトのことです。

複数の車買取業者が同時に査定を行い、査定結果で出た金額は買取相場の金額に近いので、1番高い査定額を出した業者に買取を依頼することで相場よりも高い金額で買取ってもらうことができます。

ただし初めて一括査定サイトを利用する方は、どのサイトを利用するのが良いのかすぐには分からないでしょう。

そこでご紹介したいのが、ユーザー満足度の高い以下3つの一括査定サイトです。

  • カーセンサー
  • ナビクル
  • ズバット車買取比較

上記サイトを利用すれば、高価買取が狙いやすいので上手く活用してお得な売却を行いましょう。

4-1:カーセンサー

カーセンサー

カーセンサーは、一括査定サイトの中でも今非常に人気の高いサイトです。

提携社数は1,000を超えており、同時に査定を行ってくれる最大業者数も30社以上なので、高価買取が狙いやすくなっています。

初めて一括査定サイトを利用する方は、サイト選びで失敗することのないようにカーセンサーのような人気サイトを必ず利用するようにしましょう。

4-2:ナビクル

ナビクル

ナビクルは、提社数55社、最大同時査定数10社と規模が小さい一括査定サイトです。

その代わり、査定結果をすぐに出すことができるので、早く買取をしてもらいたい方におすすめのサイトといえるでしょう。

4-3:ズバット車買取比較

ズバット車買取比較

ズバット車買取比較は、提携社数200社以上、最大同時査定数10社のバランス感のとれた買取サイトです。

他サイトと違うのは、利用者のサポートに力を入れているという点で、サイトの利用や買取についてわからないことがあればカスタマーサポートチームにすぐに聞くことができます。

一括査定サイトを初めて利用される方にとって、サポート体制が整っているのは大きな魅力ですね。

5:価格UP!車を高く売るためにやるべき3つのこと

一括査定サイトを利用すれば、買取相場よりも高い金額で売却できることがわかりました。

そこで5章では、更に高価買取を狙うために自分でできる以下3つのやるべきことについて解説を行います。

  • 駐車は必ず屋内にする
  • 定期的にメンテナンスを行う
  • 外したパーツは保管しておく

やるべきことは簡単なことばかりなので、できるなら3つ全てを徹底して買取価格アップを狙いましょう。

5-1:駐車は必ず屋内にする

今利用している車の保管はどこで行っていますか?

駐車場は、自宅のガレージ立体駐車場屋外駐車場など様々な場所から選ぶことができますが、できるだけ保管は屋内で行うようにしましょう。

車は一見頑丈に見えて外的要因に弱いです。

雨や潮風に晒された状態が続くと錆が発生し、放置しておくとパーツの劣化に繋がります。

最悪の場合、劣化したパーツが故障し、修理しなければならないことにも繋がるので保管はなるべく屋内で行うようにしましょう。

5-2:定期的にメンテナンスを行う

車の定期的なメンテナンスも高価買取を狙うにあたって非常に重要です。

エンジンオイル冷却水などの定期的に交換が必要なものは、必ず期間内に交換してパーツの劣化を少しでも遅らせるようにしましょう。

交換の記録は、車の購入時にもらえるメンテナンスノートで確認をすることができます。

5-3:外したパーツは保管しておく

長年同じ車に乗り続けている方の中には、パーツのカスタマイズをしたり取り外しを行う方がいます。

カスタマイズをしたり取り外したりすること自体に特に問題はないのですが、売却時に純正品のパーツを揃えておくと買取価格をアップさせることが可能です。

そのため、使わないからといって売ったり捨てたりせず、綺麗に保管しておくことを強くおすすめします。

まとめ

車を安く買いたい方は、今利用している車の売却安く買える時期を狙って車を買うようにしましょう。

購入は、使用目的をハッキリさせて新車中古車を選び、グレードを決めるといったように徐々に絞っていくことで自分に合ったお得な1台を見つけることができます。

ただし安く買うことだけに重点を置きすぎると、購入後に故障税金の変動で支払いが多くなり、結果的に損をしてしまう可能性があります。

アフターサポート税金をしっかり確認し、後悔のない車選びができるようにしましょう。

車を安く買うコツで紹介した売却において、最も高価買取が狙いやすいのは一括査定サイトでの売却です。

初めて利用される方も本記事で紹介したおすすめのサイトを利用することで、高価買取を実現させることが容易になります。

また一括査定サイトの利用前に保管メンテナンスを実施することで、更なる買取価格のアップを狙うことも可能です。

車を高く売却し、次の車を安く買ってお得な車の購入を実現させましょう。


車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)