rank_bana_img
 
   soudankai_bana_img

ダイハツ ロッキーの高値買取・査定のポイントと相場について

ダイハツロッキー
       
たかまさ
Follow me

ダイハツロッキーの概要と特徴・魅力と買取り相場について

ダイハツロッキー
ダイハツのロッキーは全長が4mを下回る5ナンバーサイズなのが特徴のSUVで、軽自動車の技術が使用されています。そのコンパクトさを活かして、小回りが利きやすいのがひとつの強みです。

そして車内空間も広く確保されていて、収納性能も高いため、様々な目的に利用できます。また走行性能に関しては、新しくなったサスペンションが安定感を実現し、室内空間の確保にも繋がっています。その上燃費の良さという強みも兼ね備えた車です。

使い勝手の良いSUVなので、買取相場は売り手有利で推移しています。

車買取の実録記事
筆者が「埼玉県」で車一括査(カーセンサー)を活用した実際の記録です。
筆者が車一括査定を使ってみた!

8社の査定実録!衝撃の結果が…

車の一括査定をやってみた

ダイハツロッキーの購入者(ユーザー層)の特徴

ロッキーは軽自動車を使用していることが多いダイハツユーザーからの、サイズアップを見込んだ車です。そしてレジャーから普段使いまで、様々な用途に使える仕様です。そのSUVと5ナンバーサイズの両立によって、特殊な立ち位置を確保しています。

そのポイントを突く性能を求める人に需要が高く、購入者層は特に限定されないほど幅広いです。決して高額でもない設定額が、手の出しやすさに大きく貢献していると考えられるでしょう。

ダイハツロッキーの高価買取りのコツと注意点

複数の査定を依頼

ロッキーは人気の高いSUVなので査定を依頼できるところが非常に多いです。一般的な買取会社からディーラー、一括査定までその形も様々です。もちろん具体的な条件はそれぞれ異なるため、まずは相談できる範囲はひと通り試した方が良いでしょう。

逆に候補があまりに少なすぎると、相場よりも下の額で売却ということになってしまいかねません。毎回実車を見せるのが大変だという場合は、インターネットを使って一括査定などで手軽に調べるという方法もあります。

売却時期に注意

比較的安定したタイプのロッキーは、買取市場によって査定額が上下しやすいです。そして買取市場には、買取に向いている時期があります。額は基本的に車の需要によって変化するため、それが多くなりがちのところが狙い目です。

新生活や決算と重なる1月から3月、同じく決算と共に多くのボーナスが出やすい9月周辺が適しています。したがってそれ以外の季節だと、急いでお金に換える必要がないのであれば、多少待ってみるのもひとつの方法です。

人気記事!車一括査定のリアル
筆者のアコードハイブリッドを車一括査定で売却した全記録
アコードを一括査定してみた
衝撃の結果が…

業界最大手の査定が最下位に!

車の一括査定をやってみた

ダイハツロッキーの買取り額を高くするポイント

ロッキーは登場してから注目を集め続け、首位争いができるほどの勢いがある車です。したがって売却する際にも、その勢いの恩恵を受けられる可能性は十分にあります。

そのためしっかりと相場を把握した上で、適切なところで手続きを行うようにしましょう。いくつかあるポイントの中でも、複数の比較はしておいた方が良いです。またさらに増える可能性がある需要のことも考えながら、売却するタイミングを逃さないように注意が必要です。


車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)