トヨタの人気車種ノアとヴォクシーの新型が発表!

ノア・ ヴォクシの新型2022
       
たかまさ
Follow me

トヨタが販売している人気が高いミニバンの「ノア」と「ヴォクシー」がモデルチェンジすることが発表されました。

トヨタの公式サイトにはティザーページが開設されていて、「NEW NOAH VOXY 2022.1 DEBUT」とメッセージが公開されています。

「ノア」と「ヴォクシー」は8年ぶりのモデルチェンジ

「ノア」と「ヴォクシー」は初代モデルが発表されており、これまで2度のモデルチェンジが行われていました。

現在のモデルは3代目になっており、今回のモデルチェンジは8年ぶりになります。兄弟車として展開されていた2台で統合の噂もありましたが2台とも存続する流れになりました。

新型ノアは「新スタンダードデザイン」、ヴォクシーは「先鋭・独創」をコンセプトにしています。

2021年12月8日から先行予約受注が始まっていて、販売は2022年1月上旬になる予定になっています。

「ノア」と「ヴォクシー」のモデルチェンジでミニバン市場は激化するのか

モデルチェンジの発表により、2022年のミニバン市場は大きな動きが予想されるでしょう。

2021年上半期の売り上げ2位だった「ヴォクシー」、6位の「ノア」がモデルチェンジすることでトヨタがミニバン売り上げベスト3を独占する可能性も0ではありません。

トヨタのエクスファイアは2021年12月で販売終了となりますが、「シエンタ」や売り上げ1位の「アルファード」があることからミニバン市場はトヨタのシェアが大きくなりそうですね。

新型「ノア」は267万円、「ヴォクシー」は309万円からとなっています。グレード、ガソリン車かハイブリッド車、7人乗りか8人乗りなど仕様が細かく分かれており様々なバージョンから選ぶことができます。

ティザーページではバンパーやヘッドライトを確認することが可能になっていて、画像を見る限りこれまでのデザインを踏襲されていました。

最新のトヨタセーフティセンスが採用されていて、バイクへの対応や緊急走行時に路肩に寄せる機能も搭載されています。

マニュアルバックドアとパワーバックドアで狭い場所でも扉が開けやすくなっていて、日常的な使いやすさも向上しています。

WLTCモード燃費はハイブリッド車で23.4km/Lで最高峰の燃費性能を実現しています。

「ノア」と「ヴォクシー」は買い替えが進むか?

「ノア」と「ヴォクシー」はどちらも人気車種なので統合されることなく、モデルチェンジすることを喜んだファンも多そうですね。

8年ぶりということもあり、買い替えを考える人もいるでしょう。

何年も国内売り上げで1位を獲得しているトヨタですが、2022年も勢いは衰えないでしょう。



車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)