車を売ると寂しい…9度経験した私が提案する悲壮感を最小限に抑える5つのアイディア

車売却時の寂しさを最小限に
       
たかまさ
Follow me

車を売る時に感じる寂しい気持ち、とてもわかります。
私も何度も愛車を手放す時に「寂しい」「悲しい」という気分になった経験があります。

大切に乗ってきた車だからこそ「寂しい」と言う感情が生まれてくるものですね…
車を売る理由は様々ですが、どんな理由であれやっぱり寂しくなってしまいます。

せめて手放す際には後悔のない条件で売ることができれば少しでも報われた気がしませんか?
売る時の条件も寂しいなんてことは絶対に避けましょう。

そこで今回は愛車を売る際の寂しさを最小限に抑えるためにするための6つのアイディアと、寂しい条件で売ることのないよう車を売る際に損をしないためのコツをお話ししていきます。

「車を売るのが寂しい!」こんな時に試して欲しい5つの抑制アイディア

車売却5つのアイディア
大切にしてきた車を売る時の寂しさを私は9回乗り越えてきました。

車が好きということもあって若いうちから借金してでも買うほどだった私はやっぱり車を手放す時の寂しさは未だに慣れません。
大事に大事に乗ってきた車だからこその感情ですね…

ただ毎度寂しいだけでは私も成長していません。なによりこれから先が心配になります(笑)
これまでに車を売る際の寂しさを紛らわし、少しでも寂しい気持ちを抑えるために様々な方法を試してみました。
その中でも寂しさを少しでも抑えることができた5つの私のアイディアを最初に共有していきたいと思います。

アイディア1:とにかく写真を撮りまくる

まずこれはやって欲しいというアイディアがあります。それが写真を撮ること。それも、”たくさん”写真を撮ることです。

写真はこれから先も残すことができますし、携帯のアルバムに保存しておけばすぐに思い出すことができます。
何より伝えたいこと。それは愛車はフォトジェニックでしかないということです。

写真をたくさん撮るということは誰でも簡単にできるので、ぜひお試しください。
できればカッコよく撮るために、少し遠目にドライブをして思い出を作りながら撮影することをおすすめします。

アイディア2:同じ車種のミニカーを購入

これは私も車好きの友人がおすすめしてくれて始めました。

ミニカーを見るとその時の思い出がフッと浮かび上がってきます。ミニカーなので場所も取らず飾れるのでとてもおすすめの寂しさを忘れる方法です。
今では10台のミニカーが寝室の窓辺に並べられています。これまで乗った車を飾っていますが、これから先好きな車に乗り換えるごとに増えていく想像をすると、とてもわくわくします。

ミニカーは1台1,000円弱で購入することができますので、ぜひ揃えてみてください!
個人的にはミニカーは大人が買って浸るものだと思っております。

アイディア3:下取りを利用して乗り換えギリギリまで所有しておく

下取りを利用して車を売ることで次の車が来るまで、車を所有しておくことができます。
下取り最大のメリットを活用した寂しさ軽減方法ですね!
車を売る際に売却金額を意識するのであれば、下取りよりも「買取」を選ぶべきではありますが車を売る時の寂しさを考えると下取りを利用して次の車とすり替える形で手放す方法を選ぶことがベストな方もいるかもしれません。
買取を利用しても、乗り換えギリギリまで所有しておくことはできますが、2重で支払いが出るケースが多くおすすめではありません。

アイディア4:ナンバープレートを記念に取っておく

ナンバープレートを記念に持って帰ることができるとご存知でしたか?
運輸支局で手続き・申請が必要になってきますが、この手間を考えても車を売る寂しさが少しでも軽減できることを考えたいのであればおすすめのアイディアです。

私はこれまでの愛車全て同じ希望ナンバーで取得してきました。この点からナンバープレートは結構寂しさを埋めることができたので同じ境遇の方には強くおすすめしたいです。

アイディア5:隅々まで丁寧に掃除をする

最後に紹介する私的寂しさ軽減方法は、愛車の掃除です。
車を手放す日の前日か当日の朝に私は掃除をすることが流れになっていますが、自然と掃除に力が入ります。

次のオーナーの方に気持ちよく乗ってもらいたい気持ち半分、これまでの感謝を車に伝える気持ち半分でいつもより綺麗に掃除を行うことができますよ!
掃除をし終えるとすっきりした気持ちで車を業者へ引き渡すことができるのでおすすめです。

寂しいのは気持ちだけにして!売却金額まで寂しくならないためのコツ

車売却3つのコツ
前章では車を売る時の寂しさを紛らわす方法をお伝えしました。
私の経験上どう頑張っても寂しい気持ちを100%抑えることはできなかったです。これはもう仕方がないことだと思います。

そこで次は「寂しいのは気持ちだけにして!」ということで、車を売る条件まで寂しくならないようにするコツをお伝えしていきます。
売る条件が希望通りに近ければ、自然と寂しい気持ちは軽減されます!

買取を利用して車を売る

前章でも少し解説しましたが、下取りよりも買取を利用することで高く車を売ることできます。
こうなると「アイディア3」の寂しさを抑える方法は利用できませんが、少しでも売却金額をUPさせたいのであれば買取を選択して車を売ることをおすすめします。

一括査定サイトを利用して買取業者を決定

買取が車を高く売ることに繋がるとお伝えしましたが、買取をしてもらう業者はどこでも良いというわけではありません。
買取業者はそれぞれ査定基準が違ったり、販促ルートに違いがあったりという異なるポイントがあります。つまり売却金額は買取業者によって大きく異なるのです。

では、条件の良い買取業者を見つけるにはどうしたら良いのでしょうか?
ここで役立つサービスが「一括査定サイト」になります。

一括査定サイトとは、ネット上から最大30社の買取業者から即時に査定見積りを集めることができるサービスです。
ここ最近では車を高く売ることに必要不可欠のサービスとして利用者が急増しています。

査定ポイントを抑えておく

車を売る時に一括査定サイトを利用することで確かに優良買取業者を見つけることができますが、その後の実車査定が実際に売却できる金額を決定付けるものです。

つまり、実車査定で高評価を得るためのポイントを理解しておき、この査定前に改善しておくことが少しでも売却金額をUPさせるために重要なことなのです。

●「整備手帳」「車検証」などの書類
● 禁煙車であること
● ワンオーナーであること

など、このように査定士へアピールすることができる項目があれば必ず査定時にアピールしましょう。

車を寂しい条件で売らないためのキーポイント「一括査定サイト」

車一括査定厳選5サイト
一括査定サイトを利用して買取業者を見つけること、これが寂しい売却金額にしないためのキーポイントです。
ただし、一括査定サイトは複数存在しどこでも良いわけではありません。
最後のこの章では次のおすすめ一括査定サイトについてランキング形式で紹介していきます。

カーセンサー

カーセンサー

カーセンサー

査定数登録時間登録業社
最大30社90秒〜180秒1500社
業者の選択メールでの対応概算価格
可能ありなし
こんな車種におすすめ
国産車、外国車、事故車・廃車、トラック

1,000件を超える圧倒的な数の業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく、お得になる可能性が高いことから1番のおすすめサイトです。

また、連絡方法をメール指定にできるというのが最大の魅力でしょう。

ズバット車買取比較

ズバット車買取
ズバット車買取比較

国産車、外国車、事故車・廃車

査定数登録時間登録業社
最大10社60秒〜90秒220社
業者の選択メールでの対応概算価格
可能不可あり
こんな車種におすすめ

「ズバット車買取」は10年を超える運営実績があり、提携業者数も200社と比較的多く、申し込み後に買取相場がすぐ分かる点など、バランスが取れた一括査定サイトです。

また、電話サポートというサービスがあり、何か困ったことがあったときや疑問があるときはカスタマーサポートチームが年中無休で対応してくれるので心強いです。

ただし、携帯やスマホの場合、SMS認証が必要で、固定電話での申し込みはネットからはできないのが難点です。

楽天 愛車一括査定

楽天カーサービス
楽天愛車一括査定
査定数登録時間登録業社
最大10社30秒〜60秒100社
業者の選択メールでの対応概算価格
可能不可なし
こんな車種におすすめ
国産車、外国車

「楽天 愛車一括査定」は、ポイントがもらえるという特典があります。(※楽天会員のみ)得られるポイントは、

  • 申し込み時に5ポイント
  • 売却成約時に1,500ポイント

提携している買取業者数は上の2つに比べると、どうしても見劣りしてしまいますが、ポイントがもらえるのでその分お得になるとも考えられます。

楽天会員で車の売却を考えているのならおすすめのサイトです。
また、申し込み直後に買取相場が分かるので、交渉に使うこともできます。

カービュー

カービュー
査定数登録時間登録業社
8社45秒230社
業者の選択メールでの対応概算価格
可能不可なし
こんな車種におすすめ
国産車

Yahoo!の子会社であり、日本で1番初めに車一括査定サービス開始した会社で一括査定サイトの老舗といえる「カービュー」は歴史があるだけ利用者も多いです。

そのため一定の信頼性はあります。

しかし、他社のサイトと比較すると、一度に依頼できる業者数が少ないです。

一見、マイナスポイントのように感じますが、多くの業者に依頼をした結果、電話対応や査定の立ち合いが大変といった状況に陥らないように、ユーザーのことを考えたプラスポイントと言えるでしょう。

ナビクル

ナビクル
査定数登録時間登録業社
10社45秒49社
業者の選択メールでの対応概算価格
可能不可あり
こんな車種におすすめ
国産車

申込時の必須入力項目が9つしかないため、45秒で終わり、簡単に申し込みができます。

そして申込後、すぐに車の買取相場が分かるというのがポイントです。

ただし、ナビクルは他のサイトに比べると連携している業者が少ないというマイナスポイントもあります。

安心して利用することのできる優良業者のみに限定しているから、という理由はありますが、他社のサイトで100社以上あるのに対し45社というのはやはり少ないと感じますね。

まとめ

車を売る時の寂しい気持ちが少しでも紛らわせるようなアイディアと、寂しい売却金額にならないためのコツをご紹介しました。
これまで9度車の売却を経験してきましたが、正直未だに慣れるものではありません。

寂しいのは、車をとても大事に扱ってきた証拠なのです。

無理に気を紛らわさなくも良い気もしてきます。車を手放す理由がどういうものであったとしても、次の車を向かい入れて大切に乗ることが手放した車へも伝わる最高の礼儀だと私は思っています。

まだ、車を売ることに躊躇している方は2章以降でお伝えした、最高の条件を実現させるコツを参考に実践してみてください。


【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)