トヨタは4年ぶりの企業決算最高益を達成!

トヨタが最高益
       
たかまさ
Follow me

新型コロナウイルスや半導体不足、ウクライナ侵攻など非常に苦しい状況が自動車業界には続いています。

奮闘している国産メーカーは多いですが、実際の数字は芳しくありません。

その中でも日本トップの売上を誇るトヨタは2022年3月期の連結決算で過去最高となる営業収益を達成したことを明らかにしました。

車買取の実録記事
筆者が「埼玉県」で車一括査(カーセンサー)を活用した実際の記録です。
筆者が車一括査定を使ってみた!

8社の査定実録!衝撃の結果が…

車の一括査定をやってみた

4年ぶりの過去最高収益を達成

トヨタは2022年3月期決算では、売上高31兆3795億円、営業利益2兆9956億円、純利益2兆850億円で過去最高の数値を出したことを発表しました。

前回の最高収益を達成した2016年3月期よりも販売台数も45万台ほど減少し、生産コストが上がった中での最高収益達成になります。

2022年1〜3月期の前期からの増収率は5.5%で苦しい状況下でありながら、しっかりと利益を出していることがわかります。

長年行ってきた原価低減や円安になっている状態がプラスに働き、輸出販売の好調で半導体不足や工場停止などのマイナス面をカバーできたと言えるでしょう。

豊田章男社長の2022年3月期の役員報酬は6億8500万円で前年よりも約2億4千万円増加しています。

喜ぶ間もなく対策が必要か

以前のトヨタは円高などの影響を受けやすく、いつ赤字に転落するかわからない不安定さがありました。

しかし、レース活動をTOYOTAGAZOO Racingに一本化、事業部門ごとに独立させるカンパニー制を導入するなどして企業改革を行い、効率的に利益を出せる仕組みを整えてきました。

生産台数が下がっても利益を維持している結果を見ると企業体質改善に成功したと言えるでしょう。

厳しい状況下での最高収益達成に繋がりましたが、半導体を始めとした原材料の不足や値段の高騰や中国のロックダウン、コロナウイルスによる工場停止もあり、生産台数を安定させれない状態にあります。

4〜6月期の生産計画を3月に下方修正しており、生産体制を正常化させるのに苦戦していることが伺えます。

世界的なインフレが続く中で、安定した生産と値段を維持できるかで、経営陣の手腕が問われるでしょう。

試行錯誤が続くか

どの業界も厳しい状況が続く中で最高収益を達成するのは、トヨタが長年かけて推し進めてきた施策の成果が出ていると感じますね。

しばらくは安心できる状態ではありませんが、どのような方法でインフレや原材料不足を乗り切るのか注目しましょう。

車一括査定のリアルな記録
筆者の愛車「アコードハイブリッド」を車一括査定で売却した際のリアルな記録
アコードを一括査定してみた

大手が最下位!衝撃の結果が…

車の一括査定をやってみた


車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)