車検証が2023年1月より電子化!メリットとデメリットを解説

車検証電子化のメリットとデメリット
       
たかまさ
Follow me

マイナンバーカードの発行により健康保険証が一体化など、電子化のニュースがTVや紙面を賑わせていますが、国土交通省が2023年1月4日より、車検証を電子化(軽自動車は2024年1月から開始)することを発表しました。

来年1月4日以降に新車登録や車検更新を行う車は、今までの紙面によるA4サイズの車検証は廃止されて、A6サイズほど(105mm✕177.8mm)のICタグ付きの電子車検証が発行されることになります。

今回は、現行と電子車検証導入後の違い、電子化への変更でユーザーにメリットやデメリットとなる点などを中心に、紹介させていただきます。

人気記事!車一括査定のリアル
筆者のアコードハイブリッドを車一括査定で売却した全記録
アコードを一括査定してみた
衝撃の結果が…

業界最大手の査定が最下位に!

車の一括査定をやってみた

現行の車検証との違いは?

現行の車検証では全ての記載事項が確認できますが、電子車検証では「車検の有効期間」、「使用者の住所」、「所有者の氏名・住所」、「使用の本拠の位置」については記載されていません

記載されていない事項については、電子車検証のICタグをカードリーダーやICタグ読み取りが可能なスマホなどで読み取り、電子車検証に記載されているセキュリティコードを入力して専用の車検証閲覧アプリ(2023年1月より運用開始予定)で確認することになります。

また、スマホやパソコンなどを所有していない人向けに、電子車検証の導入後の最低3年間は、従来の車検証と同等の内容が記載されている自動車検査記録事項が発行されますので、そちらではICタグのみに格納されている内容も確認可能です。

なお、車の運行時には自動車検査記録事項ではなく、電子車検証の携行が必要ですのでご注意ください。

電子車検証のメリットについて

車検証閲覧アプリで車検証の記載内容を確認できる

自動車保険の加入や更新時などに車検証の記載事項が必要になりますが、車検証閲覧アプリで記載内容の確認や車検証情報をPDFファイルに出力することが可能になります。

スムーズなリコール情報の提供

車検証閲覧アプリではオンラインを利用して、当該車両の届け出があったリコール情報の一部を確認することが可能となります。

ただし、タイムラグがあるようですので、リアルタイムで確認可能とはいかないようです。

車検更新の時間が短縮可能になります

現行では自動車整備工場などで車検更新をしても、車検証や検査標章(車検シール)発行まで1週間ほどの日数がかかりました。

車検証の電子化により、運輸支局から委託を受けた整備工場などであれば、ICタグの書き換えや検査標章や帳票の印刷が可能になりますので、ユーザーがフロントガラスに検査標章を貼る手間もなくなります。

アプリで車検有効期限の通知を受け取ることが可能です

あらかじめ車検証閲覧アプリの通知をオンにすることで、車検有効期限の60日前と30日前、事後通知として車検有効期限1日後に通知を受け取ることが可能となります。

うっかり車検切れをしてしまう心配が、少し減るかもしれません。

電子車検証のデメリットについて

車検の有効期限確認にはアプリが必要

日常ではあまり必要ではありませんが、会社で通勤手当支給などに車検の有効期限をチェックする必要がある際には、自動車検査記録事項をダウンロードして印刷する必要があります。

現行では車検証をコピーするだけでしたが、少し手間が増えそうです。

スマホなどを替えた場合はアプリの再インストールが必要

パソコンやスマホを替えた場合には、車検証閲覧アプリの情報を引き継ぐことはできません。

再インストールして電子車検証の再読み取りが必要となりますので、少し手間が掛かりそうです。

電子車検証のICタグの故障が心配

ICタグは高温に弱いため、真夏の炎天下などでダッシュボードに電子車検証を放置しておくと、故障して読み取り不能になってしまう恐れがあります。

また、電子車検証を折り曲げて保管する際にも、ICタグの部分を折り曲げないように注意することが必要です。

車検証の電子化のまとめ

今回は、2023年1月より導入される現行の車検証と電子車検証導入後の違い、電子化への変更でユーザーにメリットやデメリットとなる点などを中心に、紹介させていただきました。

車検証に限らず、各種書類の電子化については、大きな流れになっています。メリットばかりが強調されがちですが、デメリットについても、きちんと承知しておくことが大切です。

しかしながら、ユーザーにとっては車検更新にかかる時間が少しでも短縮されることは、歓迎できることでしょう。

現在は車検証閲覧アプリが正式リリース前ですので、実際の使いやすさなどは検証できませんでしたが、複雑な操作が不要で操作も簡単なものを期待したいものです。
【参考】国土交通省「電子車検証特設サイト」


車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)