rank_bana_img
 
   soudankai_bana_img

車内の暑さ・熱中症対策!そして絶対にやってはダメな行為とは

車内の暑さ・熱中症対策
       
たかまさ
Follow me

地球の温暖化の影響でしょうか、近年では夏が到来すると地域によっては、35℃を超える猛暑日が続くことも珍しくありません。

屋外や屋内での熱中症により倒れた人が救急搬送されるニュースも、TVや新聞紙面で報道されているのを目にします。

とくに真夏の炎天下での車内の温度は、短時間で急上昇しますので、エンジンを停止して閉め切った車内では、想像以上の短時間で脱水症状や熱中症を引き起こし、生命にもかかわる危険な状態に陥ります。

また暑い夏は人間や生き物だけでなく、車にとっても過酷な時期でもありますのでなにかとトラブルも発生しやすい時期だといえるでしょう。

少しでも快適な夏のカーライフをおくるために、今回は暑い夏の車内での対策を中心にして紹介していきます。

車買取の実録記事
筆者が「埼玉県」で車一括査(カーセンサー)を活用した実際の記録です。
筆者が車一括査定を使ってみた!

8社の査定実録!衝撃の結果が…

車の一括査定をやってみた

真夏の炎天下では車内温度は55℃以上に達することもあります

JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)が真夏の炎天下(外気温35℃)で行った実験では、エンジンを停止して窓を閉め切った車両(ボディカラーは黒色)で、エンジン停止後30分で車内温度は45℃、3時間ほどで55℃に達した結果が出ています。

なお、この実験の際にダッシュボード上の温度は最高79℃まで達したそうです。

また同日に窓を3cmほど開けた車両では、30分後に40℃、3時間後に45℃、ダッシュボード上の温度は最高75℃と、閉め切った車内よりは温度の上昇は緩やかなものの、外気温よりもはるかに温度が上がることが実証されました。

この実験からも窓を少し開けていても、エンジンを停止させた車の中は、人にとって短時間で脱水症状や熱中症を引き起こす可能性が高く、また車内に放置した物などにも故障など大きな影響をおよぼす可能性があることがわかります。

暑い車内を素早く快適にする方法

炎天下でエンジンを切って駐車していた車は、エンジンをかけてエアコンを全開にしてもすぐには車内が冷えません。

ここでは、車内温度を下げるために効果的な方法を紹介します。

ボディにホースで水をかける

自宅など水道が使える場所と限定されてしまいますが、ホースで数分間ボディ全体に水をかけることで、炎天下で熱を吸収したボディの温度が下がり、車内温度も下げることができます。

とくにブラックなど濃い目のボディカラーの車には、ボディ表面の温度が高くなっているので有効です。

窓やドアを開けて中の空気を入れ替える

炎天下で高温になった車内の空気を入れ替えることは、手軽にできて有効な方法です。

エアコンを作動させる前に、車内の窓を一つだけではなく運転席10cmほどと後部座席左側の窓を5cmほどなど、対角線上に2つの窓を開けることで、車内の気圧差を利用して熱くなった空気を素早く入れ替えることができます。

また一つの窓を全開にしておいて対角線上のドアを開け締めしても、風圧を利用することができるので効果的です。

その後は車内の空気が入れ替わった状態で窓を開けてエアコンを外気導入で作動させて走行させれば、車内の温度を効率的に下げることができます。

サンシェードを利用して車内温度上昇を防ぐ

車内温度上昇の予防策になってしまいますが、サンシェードを利用して車内温度の上昇を防ぐことも効果的です。

サンシェードは色の濃いものよりも白色や銀色など色の薄いものの方が、太陽光を多く反射させるので効果があります。

炎天下の車内では放置しておくと危険な物もあります

前述しましたように炎天下では、車内の温度は想像以上に高温です。

こちらでは、車内放置すると危険な物や故障の原因になる物を紹介します。

スマホやノートパソコンなどは発火の恐れもあります

スマホやノートパソコンを放置されることは少ないかも知れませんが、炎天下の車内への放置は危険です。

高温で本体が故障の恐れがあるだけではなく、リチウム電池が膨張して発火・爆発する危険性もあります。

過去にダッシュボード上に放置したスマホが、爆発してフロントガラスを粉々にしたケースもあったようです。

100円ライターなどのガスライター

最近では喫煙人口も減少しましたが、100円ライターなどのガスライターも、ダッシュボード上など高温の場所への放置は、爆発の恐れもあることから厳禁です。

車内の熱でライター本体に亀裂が入り、ガスが車内へ漏れ出してしまったケースもあります。

制汗スプレーなどのスプレー缶

暑い季節は制汗スプレーや冷感スプレーなど、車内でも使用することがあるかと思いますが、うっかり車内に放置してしまうと思わぬ事故につながります。

スプレー缶を車内に放置しておくと高温により爆発する恐れもあり、実際に海外では爆発してフロントガラスに穴をあけた事故も実際に起きているようです。

夏に知っておきたい車内の暑さ・熱中症対策のまとめ

今回は暑い夏の車内での対策と豆知識について、いくつか紹介させていただきました。

前述しましたように、エアコンのスイッチを切って閉め切った車内は、灼熱(しゃくねつ)地獄といえるくらいの高温な状態です

また最近の車はエアコンの性能もよく、高温の車内を快適に保つことができますが、炎天下で駐車した後はこの記事に書きましたように、ひと工夫をすることで性能を迅速に発揮させることができます。

この記事をお読みいただいたみなさまには、少しでも快適な真夏のカーライフを送っていただくことができればと思います。

最後になりますが、例え数分であっても、窓を少し開けてあるからといっても、車内に子供を残したまま車を離れるのは絶対にやってはいけません。

こうした行いは、その後の急激な車内温度の上昇を考えれば、熱中症対策以前の問題であって、直接的に命に係わる極めて危険な行為であることは明らかです。

人気記事!車一括査定のリアル
筆者のアコードハイブリッドを車一括査定で売却した全記録
アコードを一括査定してみた
衝撃の結果が…

業界最大手の査定が最下位に!

車の一括査定をやってみた


車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)