三菱自動車と日産自動車から軽EVが発売!好調な売れ行き

軽EVが好調
       
たかまさ
Follow me

これまでのEVではセダンやSUVなどがメインでしたが、今年は三菱自動車と日産自動車が発売した軽EVの売れ行きは好調であると発表されました。

発売して、1カ月も経ちませんが、1万台以上も受注されたことがわかり、多くのユーザーがEVに興味を持っていたことがわかります。

車一括査定のリアルな記録
筆者の愛車「アコードハイブリッド」を車一括査定で売却した際のリアルな記録
アコードを一括査定してみた

大手が最下位!衝撃の結果が…

車の一括査定をやってみた

日産・三菱どちらも軽EVが好調

三菱自動車工業は6月13日に新型軽BEV「eKクロス EV」が5月20日から約3400台も受注したと発表しました。

この受注件数は月販売目標台数850台の4倍となる数字で、正式発売となる6月16日を待たずに目標台数を達成する結果になります。

日産自動車も6月13日に「日産サクラ」の受注が3週間で1万1000台を超えたと発表しました。

サクラの受注件数は2022年5月の日産の自動車販売台数が14,245台であることを踏まえると驚異的な件数ということがわかります。

「ekクロス EV」と「日産サクラ」の両方とも、正式発売をする前にこれまでの受注件数を獲得していることから、正式発売され、コマーシャルが全国展開されるとさらに勢いが増していくでしょう。

軽EVは日本でシェアを獲得するのか

これまで、EVのシェア率はガソリン車に比べて低く、ほとんどの方が購入を検討していない車種でした。

しかし、日産・三菱が発表した軽EVはサクラが233万3100~294万300円、eKクロスEVは239万8000~293万2600円になりますが、国や地方自治体の補助金を使うことで200万で購入することが可能になっています。

購入をしやすい金額になったこともありますが、政府はカーボンニュートラルを目標としていて、EV充電施設にも補助金を出すことから、インフラ面でも整備が進んでいます。

技術が進歩したことで満充電での走行距離も伸び、インフラも整い始めたため、ここまで好調なセールスに繋がったのでしょう。

正式に発売され、実際に運転した人の乗り心地や燃費性能が評価されれば、EV全体の評価が見直されるかもしれません。

日産・三菱がEV市場から躍進する可能性も出てくるでしょうね。

EVが日本の車市場をけん引するか

新型軽EVが期待されていることはわかりましたが、ここまで好調な売れ行きを記録するとは思いませんでした。

トヨタ・スバルが共同開発した「bz4X」や「ソルテラ」も合わせて、日本のEV市場は盛り上がっていきそうですね。

車買取の実録記事
筆者が「埼玉県」で車一括査(カーセンサー)を活用した実際の記録です。
筆者が車一括査定を使ってみた!

8社の査定実録!衝撃の結果が…

車の一括査定をやってみた


車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)