テスラの牙城!2022 NYモーターショーが3年ぶりに開催

NYモーターショー
       
たかまさ
Follow me

新型コロナウイルスの影響を受けて2020、2021年と開催を見送られていたNYモーターショーですが3年ぶりに開催されています。

環境問題に対する関心の高まりから、参加したメーカーはEVの展示に力を入れている結果となりました。

車買取の実録記事
筆者が「埼玉県」で車一括査(カーセンサー)を活用した実際の記録です。
筆者が車一括査定を使ってみた!

8社の査定実録!衝撃の結果が…

車の一括査定をやってみた

NYモーターショーでEV市場の競争の激しさが明らかに

今月13日に3年ぶりNYモーターショーが開催されています。

登場している自動車はEVが多く、どのメーカーもEV市場でのシェアを少しでも獲得しようとしていることがわかります。

会場内にはEV専用の試乗コースがあり、入場者は実際に乗ることも可能になっています。

クライスラーはEVの試作車を発表し、1回の充電で最大600kmを走行可能と燃費の良さをアピールしました。

韓国第2位のメーカーである起亜自動車も小型SUV「Niro」の新型EVを披露しています。

また、ベトナム初の自動車メーカーであるビンファストも自社製EVを展示しており、競争が激化していることがわかります。

14日までは報道関係者のみになっていて、一般公開は15日から24日まで行われます。

国産メーカーはテスラのシェアを奪えるか

アメリカでのEV市場はテスラが圧倒的なシェア率を誇っており、調査会社LMCオートモーティブによるとアメリカでは66%で他のメーカーを圧倒しています。

国産メーカーでのトップは日産自動車の3%ほどなので、かなり苦戦していることがわかります。

ジョー・バイデン大統領は2030年までに新車販売の50%をEVにするとしていて、ニューヨーク市ではバスやタクシーがEVに切り替え始めています。

そして、充電インフラの整備も始めているのでこれから進出を目指しているメーカーにとっては追い風と言えるでしょう。

国産メーカーではSUVタイプのEVで対抗をしており、日産自動車の「アリア」やトヨタ自動車の「bZ4x」などが展示されていました。

有名メーカーだけでなく、ベトナムやオーストリアの自動車ベンチャーもEV展示を行っているため多くの企業がアメリカ市場を重要視していることがわかります。

ガソリン車だけでなく、EV市場でもシェアを獲得してほしいですね。

NYモーターショーがモーターショウ開催の契機になるか

コロナウイルスの影響で自粛をしていたモーターショーなどが開催されるようになったのは嬉しいニュースです。

各メーカーの車を一気に見れる機会は滅多にないのでこれからも続いて欲しいですね。

これを機に、各国でのモーターショウの開催が続くと、モーターファンとしては嬉しい限りです。

それにしても、テスラは強いですね。日本メーカーが、テスラの牙城をどのように切り崩すのかが見ものです。



車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)