【下取りと買取】車を高く売るならどっち?メリット・デメリットを徹底解説

下取り 買取
啓太

「下取りと買取ってどう違うの?」

ずばり、下取りと買取は一緒ではありません。

意外にも同じと思っている方も多いようですが、実は全く違う2つなのです。

  • 下取り=引き取ってもらう
  • 買取=売却する

どうでしょうか?こう並べてみると違いが少しでも分かったのではないでしょうか?

今回の記事では車の下取りと買取の違い、それぞれのメリット・デメリットについて徹底解説していきます。

下取りと買取の違いをわかりやすく比較

車を下取りに出した時と買取をしてもらった時何が違うか。

ずばり受け取る金額です。

愛車を高く売りたいなら「買取」を迷わず選択することをおすすめします。下取りに出すよりも買取をしてもらうだけで平均10万円以上高く、愛車を手放すことができるのです。

1-1:メリットで比較

下取り

買取

  • 新たに車が納車されるまで、車を所有した状態で待てる
  • 古い車種、走行距離が割と行っていてもある程度価格がつくことが多い
  • 交渉の必要がない。1社との連絡のみで完結
  • 車を高く売却することができる

上の表をみる限り一見下取りの方がメリットが多い気がしますが、どちらを選ぶと良いのかというのは車を手放す理由によります。

車の乗り換えを考えているなら下取りを、車を手放し高い金額で売却をしたいなら買取をしてもらいしましょう。

買取をしてもらい、売却金額を次の車に充てる方も多くいます。

1-2:デメリットで比較

下取り

買取

  • ディーラー基準でしか査定されないため車種の買取相場より下回るケースが多い
  • 新しい車の購入費用に含まれるため、実際に下取り価格がいくらになるのかが把握しづらい
  • 売却後はすぐに車を手放す必要があるため、次の車が納車されるまで車がない状態になる
  • 車体の状態によっては大きく買取価格が変動する

車を買取してもらうことにほとんどデメリットはありません。

逆に下取りはメリットが多いように見えましたが、デメリットの内容が車を手放す側にとって不安な要素ばかりです。

車を乗り換えること、新しい車が来るまで車が必要という方以外は買取をしてもらうことをおすすめします。

下取りの査定基準と買取の査定基準

1章では下取りと買取の違いをメリットとデメリットを比較しながら見ていきました。

次は、下取りがなぜ価格が低く、買取が高いのか。これがわかるそれぞれの査定基準を詳しく解説していきましょう。

2-1:下取りはディーラーのマニュアルで評価基準が決まっている

下取りが買取よりも価格が伸びないことは何度かお伝えしていますが、これには査定方法が一番影響しています。

下取り価格の査定はディーラーが定めたマニュアルに沿って決まります。

[査定ポイント]

  1. 車の状態(車種/メーカー/年式/グレード/走行距離…etc)
  2. 外装(車体全体の傷や凹み/カラー/タイヤ…etc)
  3. 内装(シートの汚れ/喫煙の有無/付属パーツ…etc)
  4. エンジンの状態

このマニュアルが大きな査定基準になるため、車種の需要など外部の要因はほとんど下取り価格には反映されません。

これこそが、下取り価格が買取価格に負けてしまう原因なのです。

次の車を購入するディラーの基準はそれぞれですので、ここでお伝えする内容は全てが正しいわけではありませんが参考までに頭に入れておきましょう。

2-2:買取は相場と車体の評価、交渉ができる

買取価格は、買取業者の査定基準も大きな要因ですが、車種の需要や交渉具合によって大きく変動します。

この記事の後半で詳しく説明しますが、「一括査定サイト」を利用することで、複数の買取業者から査定額(見積もり)を集めることができるので一番高く売却できる買取業者を見つけることも可能です。

下取りと違って複数の業者とそれぞれ交渉ができ、比較検討することができるので買取価格は下取り価格よりも伸びるという結果になります。

車の下取りと買取で必要な書類一覧

車の下取りと買取では必要な書類が若干異なります。

下取り

買取

  • 自動車検査証
  • 自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 実印
  • リサイクル券
  • 印鑑登録証明書
  • 委任状
  • 譲渡証明書(ディーラーによる)
  • 車検証
  • 自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証
  • 実印
  • リサイクル券
  • 印鑑登録証明書
  • 住民票の写し(不要な場合あり)
  • 委任状
  • 譲渡証明書

下取りをする場合であっても、買取をしてもらう場合であってもほとんど準備しておく書類は同じです。

買取をしてもらう場合の方が提出書類が多く見えますが、「委任状、」「譲渡証明書」は買取業者側が準備してくれるものになります。つまり実際に自分で準備しておく書類はほとんど同じだと言えますね。

最高価格で愛車を売却するなら「一括査定サイト」を使って買取をしてもらおう

「とにかく高い価格で愛車を売却したい!」

こうお考えの方はまず買取を選ぶべきであることはこれまでの内容でわかったはずです。

そこで買取業者を選ぶ必要が出てきますが、この時に「一括査定サイト」を利用することで愛車を相場以上の買取価格で売却することを実現することができます。

なぜ高い買取額が実現できるのか…

それは一括査定サイトはその名の通り、一括して愛車の査定額を買取業者から集めることができるからです。

一括査定サイトにもよりますが、最大30社から査定額を集めることができ比較できるので、どこが一番高く買取してくれるのかが一目瞭然でわかります。

また、この業者からの査定額は交渉材料にもなります。他社と比較をして交渉することで最高価格を実現できます。

4-1:カーセンサー

カーセンサー

査定数

登録時間登録業社

最大30社

90秒〜180秒1,500社
業者の選択メールでの対応

概算価格

可能あり

なし

こんな車種におすすめ

国産車、外国車、事故車・廃車、トラック

カーセンサーを利用することで最大30社の一括査定を行う事ができます。

こんなにも多数の査定を一度にできるのはカーセンサーのみです。

また登録業者は1,500社あり車を売る際に重宝する事間違いなしの一括査定サイトでしょう。

4-2:ズバット

ズバット車買取比較

査定数

登録時間登録業社

最大10社

60秒〜90秒220社
業者の選択メールでの対応

概算価格

可能不可

あり

こんな車種におすすめ

国産車、外国車、事故車・廃車

ズバットでは最大10社から一括査定をする事ができます。

大手買取業者を含め220社がズバットに登録しているため、車を売るなら検討すべき一括査定サイトです。

カスタマーサービスが設けてあったり、約1分で登録できたりと利用しやすさがとても人気のサービスになります。

4-3:楽天愛者一括査定

楽天愛車一括査定

査定数

登録時間登録業社

最大10社

30秒〜60秒100社
業者の選択メールでの対応

概算価格

可能不可

なし

こんな車種におすすめ

国産車、外国車

運営元が楽天というだけあってサポート体制がしっかりしているのが最大の特徴です。

査定時に楽天ポイントがもらえるのも利用者が嬉しい大きなポイント。(査定をしたら5P、成約すると1,500P還元)楽天オークションにも査定を依頼することができるという唯一のメリットも

まとめ

下取りと買取の違い、それぞれの良し悪しをお伝えしてきました。

いかがだったでしょうか?

  • 下取りは「買い替え、乗り換え」を考えている人
  • 買取は「車を高く売却」したい人

両者確かに似てはいますが、それぞれ利用する人は目的によって異なるのです。

私個人的な意見としては「一括査定サイト」で優良買取業者を見つけ、相場以上の買取価格で車を売却することをおすすめします。

乗り換えるにしても、売却金額を次の車の購入に当てる方がお得だからです。

これから車を下取りにするか、買取にするか迷っていた方はぜひこの記事を参考にして進めてください。

一括査定が断然有利な理由
※ サイト内ページに遷移
おすすめの一括査定サイト
※ 当サイト独自ランキング