三菱がインドネシアで軽商用車を使ったEV実証実験を開始

三菱インドネシアでEV実験
       
たかまさ
Follow me

昨年、トヨタが行ったEV発表を皮切りに勢いが生まれている日本のEV業界ですが、三菱自動車もインドネシアで実証実験を行っています。

インドネシアでは現地企業4社と提携して軽商用車を使って半年間に渡るデータ集積を行っていく予定です。

車買取の実録記事
筆者が「埼玉県」で車一括査(カーセンサー)を活用した実際の記録です。
筆者が車一括査定を使ってみた!

8社の査定実録!衝撃の結果が…

車の一括査定をやってみた

三菱自動車がEV実証実験をスタート

3月14日にインドネシアでの販売を担当している「ミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・セールス・インドネシア(MMKSI)」が現地企業4社と協力して軽商用EVの実証実験に化する覚書を締結したと発表しました。

締結した企業は国営郵便会社ポス・インドネシア、送配電業と関連サービス業を行なっているハレヨラ・パワー、モビリティサービス大手のゴジェック、ドイツ物流大手の現地法人DHLサプライヤーチェーン・インドネシアの4社になっており、軽商用EVを実際の業務に使用することになっています。

使用される車種は2011年に日本でも販売された「ミニキャブ・ミーブ」になっています。

現在では一般販売されていない車種ですが、実証実験で得たデータを元に検証を行い、日本国内での普及につなげるものと見られます。

なぜ三菱は、インドネシアで実証実験か?

三菱自動車がインドネシアでの実証実験を行った理由は「エクスパンダー」シリーズや「L300」などが高いシェア率を持っており、人気が高い地域であることも理由の一つでしょう。

さらにインドネシアのジョコ・ウィドド大統領は「2025年に200万台の電動車普及を目指す」と表明しており、EVに対する強い関心があったことも上げられます。

ゴジェック社では半年以上の実証実験を予定しており、大きな期待が寄せられていることが伺えます

商用EVは海外では競争が激しくなる分野で中国などの実績があるメーカーと戦っていく必要があるでしょう。

かなり厳しい戦いになるとは思いますが、インドネシアでの実証実験を経て、高い満足度を得られれば大きな足がかりになると思われます。

EVという分野では大きく出遅れている日本メーカーですが、商用EVという分野からシェアを獲得していく可能性も大いにあるでしょう。

商用EVのシェアが今後の課題

今回の三菱の実証実験はとても大きな成果が得られそうなので、実験結果が楽しみですね。

価格面では中国メーカーに勝つことは難しいと思うので安全性や走行距離、壊れにくさなどの性能面を向上させて、商用車としての強みを発揮することに期待しましょう。


車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)