※当ページでは筆者が実際に利用もしくは取材し良質と感じたサービスを紹介(PR)しています。

フルモデルチェンジ!9代目となる新型アルトをスズキが発売!

アルト新型発表
【コンテンツ監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)
           
    筆者たかまさ
    Follow me

    1979年に発売され、8度のモデルチェンジを行ってきたスズキの「アルト」は、低価格での販売を続け、手に入りやすい身近な軽自動車として愛されてきました。
    アルトは12月22日に7年ぶりとなる新型を発売しました

    9代目新型アルト

    1979年に初代が発売され、42年の歴史を持つアルトが12月22日に9代目となる新型を発売しました。
    8代目の面影を感じるヘッドライトなど、これまでのデザインを残していますが全高が初代より全高が50mm高くなっています。

    新型アルトのコンセプトは「気軽に乗れる、すごく使える、安心・安全な軽セダン」になっていて親しみやすく安心感のあるデザインです。

    WLTCモード燃費はエネチャージで25.2km/L、マ?イルドハイブリッドでは27.7km/Lになっており軽自動車の中でもトップクラスの燃費をしております。

    減速する時のエネルギーを利用して発電を行なうマイルドハイブリッドは街中を走ることが多いアルトにピッタリなシステムでしょう。

    最廉価グレードで94万3800円になっており、100万円以内で購入することが可能になっています。

    新型アルト!変わらないコンセプト

    これまでのアルトと同じ様に購入しやすい値段になっており、誕生から変わらないコンセプトを感じますね。

    値段が抑えられているかと言って、性能面で妥協しているわけではなくバックモニター用カメラを備えたディスプレイオーディオもついています。

    安全面も強化されており、ストレオカメラを搭載した「スズキセーフティサポート」が導入されました。

    誤発進抑制機能、ふらつき警報機能、デュアルカメラブレーキサポート、後方誤発進抑制機能、先行者発進お知らせ機能、後退時ブレーキサポート機能、などを装備しています。

    全高が高くなったことにより、先代よりも開放的で過ごしやすい車内になっています。。

    収納スペースも多く作られていて、運転席、助手席に設置されたドリングホルダー紙パックも置けるようになっていて、日常での使いやすさも高まっています。

    最上級グレードでも125万9500円になっており、コストパフォーマンスはトップクラスの軽自動車と言えるでしょう。

    アルトは軽自動車の代名詞

    新型アルトもこれまでと変わらない私達に身近な軽自動車として人気が出そうですね。

    自動車の値段は高くなってきている中で100万円を切る値段設定は企業努力の賜物でしょう。

    財布に優しい庶民の味方として変わらないコンセプトを守り続けてほしいです。



    車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

    非公開車両

    車の売却!最適な査定システムをご案内

    車 一括査定 シミュレーション


    青矢印

    1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
    たかまさ
    たかまさ
    実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

    カーセンサー

    青矢印

    2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
    たかまさ
    たかまさ
    トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

    トラック一括査定王

    青矢印

    3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
    たかまさ
    たかまさ
    廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

    カーネクスト


    ↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

    ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


    カーセンサーの一括査定

    目次へ

    GO