来年(2022年)には完全自動運転に?道交法改正案提出の見通し

自動運転で道交法改正へ
       
たかまさ
Follow me

自動車の自動運転は現在、運転の一部を任せるレベル3までが道路交通法で認められています。

完全自動運転になるレベル4は認められていませんでしたが、2022年度中に実用化するために道路交通法改正案を警察庁が通常国会に提出する予定であることがわかりました。

道交法改正で2022年度には自動運転スタートか

12月23日に警察庁が特定の条件下で完全に自動になるレベル4と言われる自動運転車について審査を受けた事業者への許可制にする方針に固めました。

住民が少ない過疎地での運用をする無人巡回バスなどで活用されることを想定としていて、この制度が盛り込まれた道路交通法改正案を来週にも通常国会に提出する見込みになっています。

自動運転は過疎地で有効活用になるのか

過疎地では採算が取れない路線バスが廃止され、交通難民となってしまう住民が発生するケースが多発していました。

大切なライフラインであった路線バスに代わり、行政が生活交通を支援することが増えていましたが無人バスは高齢者らの移動手段として期待されています。

運航許可を得るためには遠隔で監視を行うシステムや、自動運転では対応できない事故が起きた場合には人員を派遣する対処方法などを含めた運行計画を作成し、都道府県公安委員会から許可を得る必要があります。

監視担当者に求める資格やスキル、許可は更新制になるかなどは今後調整する予定ですが事業者側に違反行為があれば公安委員会からの改善指示や許可の停止などの罰則を設けることも検討されています。

自動運転が許可制で運用されることで、経験と技術が蓄積され、更なる発展につながることも期待したいですね。

道路交通法改正案では「原動機付き自転車」に分類されていた電動キックボードの低速車両で適用される分類の設置や低速で歩道を走行する自動配送ロボットも法的な位置づけを明確にする分類も作られます。

電動キックボードに関しては事故が多くなってきているので問題に対処できるような制限を付けてほしいですね

自動運転は何よりも信頼性が鍵

改正案では新しい制度が多くできるため、様々な分野に影響が起きるでしょう。

過疎地での路線バス廃止されることによって高齢者が運転を無理に続けることで発生する事故もあるので、無人バスで改善されることに期待したいですね。

最初は無人バスについての不安も大きいとは思いますが自治体と協力して信頼を勝ち取ってほしいです。


あなたの車を高く買取ってくれる最高のサービスを探せる!

売却予定の車種に応じた、最適な買取りサービスを、その場で直ぐに見つけることができます。
ご活用ください。

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)