おすすめ一括査定サイトランキングへ

クラウンマジェスタの高値買取・査定のポイントと相場について

クラウンマジェスタの買取相場
       
たかまさ
Follow me

クラウンマジェスタの概要と特徴・魅力と買取相場について

クラウンマジェスタ
クラウンマジェスタは、フルモデルチェンジにより2013年9月より販売を開始した車種です。6代目となる新型が登場していますが、初代はS140型で、1991年から1995年にかけて製造販売されていた車種です。

ただ、初代と2代目は4ドアハードトップで高級4ドアセダン仕様になったのは3代目以降などの特徴があります。ちなみに、この車種の先代は8代目クラウンの4000ロイヤルサルーンGタイプで、トヨタが新開発を行った4.0LのV型8気筒DOHCの1UZ-FE型が搭載されたなどの特徴を持ちます。

このエンジンは初代セルシオに搭載されるものであり、セルシオに先駆けて初めて搭載されたなどの特徴があるようです。ただし、2018年をもって販売を終了して、クラウンマジェスタの27年の歴史に終止符をうちました。

程度の良い車体は、希少価値もあって買取相場は堅調です。

クラウンマジェスタの購入者(ユーザー層)の特徴

クラウンマジェスタは、高級4ドアハードトップや4ドアセダンなどからも高級志向が高い人からの人気を集めている車種です。

4ドア仕様ですから家族で利用する際にも乗り入れが楽にできる、ファミリカーとしての位置づけではないけれども中古車ならファミリーでも利用できるなどからも人気があるようです。

また、全体的なフォルムは先代のクラウンと似た雰囲気がありますので、他の人とは違い少し高級感がある車に乗りたい人が購入される傾向が高めです。年代的には、若い世代よりも40代から50代など落ち着いた雰囲気の車を好む人々からの人気がある車種です。

クラウンマジェスタの査定は車一括査定が断然お得!

トヨタのクラウンマジェスタは、平均使用年数が11年で平均走行距離が91,850kmの車であれば買い取り価格の相場は32,000円から3,380,000円といわれています。

この金額を見てもわかりますが、非常に買い取り価格に幅があるなどからも査定をして貰うときには数店舗を使わないと高価査定への期待がなくなります。

一括査定は、自宅の住所などから比較的近い場所にある買い取り店を絞り込み、すべてのお店に対して一度の情報入力だけでまとめて査定見積もりの依頼ができるため手間をかけることなく高値で買い取ってくれるところを見つけられるメリットもあります。

高価買取りのコツと注意点

重厚感漂う上質なセダン、このようなキャッチコピーが似合いそうなクラウンマジェスタは、同系列のセルシオとの差別化が行われていて風格が抑えられているなどの特徴がありますが、乗りやすさが高い車種などからも乗り心地を求める人からの人気を持つ車種です。

豪華な内装やシートなど、査定の時にはきれいに掃除をしておくこと、外装においてもフロントガラスやボディーは洗車も含めきれいにしておきましょう。

他の車種とは違い、オリジナルパーツのままで利用されていた人も多いかと思われますが、カーステレオなどを含め純正とは異なるものを装備されている場合には、純正品に交換しておくもしくは純正品が手元にあることを伝えるなどが大切です。

買取り額を高くするポイント

大切に使っていたことをアピールするためにも、内装や外装はきれいに掃除しておきましょう。

正品と後付け品を交換している場合は、純正品があることを伝えることも高く売るコツに繋がります。それと、買い取り店は独自の査定方法で行う関係から、買い取り価格はお店により異なるため1社だけでなく数社などへの見積もり依頼がおすすめ、こんなときに便利なのが一括査定サイトです。

また、中古車の市場は春先や夏休みなどのように長期休暇に入る前になると活性化される傾向があるので、査定を依頼するタイミングも考えることが大切です。

車種別・車の状態別で高く買取ってもらえる一括査定システムを探す!

最後に、売却を予定する車種(普通車・商用車・トラック・バスなど)車の状態(事故車・不動車・廃車など)に応じて、高く買取ってもらえる「車一括査定システム」をその場で確認できる仕組みをご紹介します。

車 一括査定 シミュレーション
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック王国」で決まり!

トラック大国
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)