rank_bana_img
 
   soudankai_bana_img

【完全版】車を買う手順・支払い方法・注意点を分かりやすく解説

初めての方でも安心!車を買う手順をわかりやすく解説
       
啓太

「車を買いたいんだけど何をどうしたらいいのか分からない・・・」

車を買うにあたって、考えなければいけないことは想像以上にたくさんあります。

初めて車を買う方であれば、何をすればいいか全く分からないという方も多いでしょう。

そこで本記事では、これから車を買う・購入を検討している方に向けて以下の内容をお届けしています。

  • 車の購入手順
  • 車を購入する際の支払い方法
  • 車を購入する際の注意点
  • 今利用している車の活用方法
  • 車の高価買取が狙える一括査定サイトの紹介

記事内では、車の購入手順に加えて支払い方法注意点今利用している車の活用方法などを紹介しています。

ぜひ最後までご覧になり、後悔のない車の購入ができるようにしましょう。

1:初めてでも安心!車を買う手順を6つに分けて解説

早速、車の購入手順をみていきましょう。

初めての方でも段階を踏んでわかりやすくするために、今回は以下の6つに手順を分けて解説を行います。

  • 購入予算を決める
  • 予算に合った車を選ぶ
  • 車の購入先を決める
  • 車の購入前に実物をチェックする
  • 契約内容に納得したら契約する
  • 納車されるのを待つ

手順を紹介していく中でおすすめの購入時期についても触れていくので、手順をしっかりと理解してお得な車の購入を行いましょう。

手順①:購入予算を決める

車の購入を行う前に、まずは購入予算を設定しましょう。

予算を決めないまま車探しをすると良い車を見つけることはできますが、購入前に価格で悩んだり、家計を圧迫する可能性があります。

車の購入費用は、本体代以外にも登録費用納車費用などの諸費用も加わるので、想像していたよりも金額が高くなります。

それ以外にもガソリン代駐車場代などの維持費もかかってくるので、面倒くさがらずに計算をしっかりと行った上で車選びを行いましょう。

手順②:予算に合った車を選ぶ

予算を決めたら購入する車を選びましょう。

車選びは、以下のポイントを抑えることで絞りやすくなります。

  • 乗車人数
  • トランクの広さ
  • 車の色
  • 車のメーカー
  • 車の燃費
  • 車のオプション

購入する車を通勤メインで利用するなら燃費、家族で利用するなら乗車人数トランクの広さなどが重要なポイントになるので、条件をしっかりと決めると生活スタイルに合った車を選ぶことができます。

手順③:購入先を決める

欲しい車が決まったら次に購入先を決めましょう。

購入はディーラー中古車販売店、今はネットサイトなどでも行うことができます。

ここで車をお得に買いたい方は、安くなる時期を狙いましょう。

進学や就職で車が必要になる時期の後である4~5月、夏のボーナスで車の購入が活発になる後の9~10月が購入がお得と言われています。

お店も繁忙期が終わり落ち着いているので、車探しをゆっくりとすることが可能です。

手順④:購入前に実物をチェックする

購入前には必ず実物をチェックし、可能であれば試乗まで行いましょう。

見た目だけでは分からない乗り心地や、内装の細かいシステムまで確認することができます。

試乗して特に問題がなければ、後は契約を行うだけです。

手順⑤:契約内容に納得したら契約する

契約内容に納得できたら契約を行いましょう。

ただし契約には以下の書類が必要です。

  • 印鑑証明書(市区町村の役所で発行)
  • 実印
  • 自動車検査証(販売店が用意)
  • 自賠責保険証(販売店が用意)
  • 委任状(販売店が用意)
  • 車庫証明書(警察署で発行)

多くの書類は販売店が用意してくれるので問題ありませんが、印鑑証明書車庫証明書などの書類は自分で用意しなければなりません。

契約直前になって慌てることのないよう、事前に準備しておくことをおすすめします。

手順⑥:納車されるのを待つ

契約をしたら後は納車されるのを待つだけです。

納車の際は本体に傷がついていないか、オプションや車検証に不備がないかをしっかりと確認して後でトラブルになることのないようにしましょう。

2:どれがベスト!?車を買う際の4つの支払い方法

車を購入する際に気になるのが支払い方法ですよね。

支払い方法は以下4つから選択することができます。

  • 現金一括払い
  • クレジットカード払い
  • カーローン
  • カーリース

自分の経済状況をよく見直した上で、支払い方法を選択しましょう。

方法①:現金一括払いで買う

1つ目の方法は、現金一括払いです。

現金一括払いをするメリットは、一括で購入を行うため金利が一切発生しないことです。

ただし手元から大量の現金が一気になくなるので、現金で購入するかどうかはよく考えてから決めましょう。

方法②:クレジットカード払いで買う

クレジットカードで車を購入することもできます。

クレジットカード払いでは、現金払い同様に一括で購入することも分割して購入することも可能です。

またクレジットカードは利用金額によってポイントが付与されるため、一気に大量のポイントを獲得できるというメリットがあります。

ただしクレジットカードには上限額があり人によって上限は異なるので、あなたの利用している上限額がいくらまでなのかを事前に確認しておくことが大切です。

方法③:カーローンで買う

現在は、多くの人がカーローンで車を購入しています。

カーローンは、車の購入代を分割して毎月決まった金額を支払うシステムとなっているので、生活プランが立てやすいのがメリットです。

ただしローンには金利が発生するため、実際に支払う金額は購入代金よりも高くなります。

方法④:カーリース契約をする

車の新しい乗り方として、今カーリースが注目を浴びています。

カーリースは、自分の代わりにリース会社が車を購入します。

契約者は毎月決まった金額を支払い、代金の中には保険料税金が含まれているので支払いがとても楽です。

ただしカーリースは月間走行距離に制限があったり、追加で料金が発生する場合があるため車を自由に利用したい人には少し不向きかもしれません。

3:失敗を防ぐ!車を買う際に知っておくべき5つの注意点

車を購入するにあたって事前に注意しておかなければいけないことがあります。

注意点は以下の5つです。

  • 走行距離
  • 年式
  • 修復歴
  • 保証内容
  • 車検の有無

注意点を確認しないまま車を購入すると、後に販売先とトラブルになる可能性があるので購入前に必ず確認を行うようにしましょう。

注意点①:走行距離を確認する

車の走行距離を意識したことはありますか?

走行距離が長ければ長いほど、車の価格は下落するので購入はお得になります。

ただしその反面で故障頻度も高くなり、修理代が高くつくケースもあるので余りにも走行距離が長い車の購入は控えましょう。

価格が下落する車の一般的な走行距離は10万kmと言われているので、10万kmを超える車の購入には注意が必要です。

注意点②:年式を確認する

走行距離と同じくらい年式の確認は大切です。

年式と走行距離は大きな関係があり、一般的には1年1万km走ると考えられているので比例関係になっています。

そのため年式が古くても、走行距離が短いからラッキーと思ってはいけません。

年式が古く走行距離が短いのは車が放置されていたという可能性があり、放置した状態が続くとエンジンバッテリーが劣化しやすくなるので、すぐに故障する恐れがあります。

注意点③:修復歴がないか確認する

中古車を買う際に必ずチェックしておきたいのが修復歴です。

事故車は通常価格よりも安い価格で販売されているので一見お得に感じるかもしれませんが、購入後にすぐ故障する恐れがあります。

また修復歴は、車のフレームが壊れて修理された際に明示が義務づけられており、バンパーボンネットは対象外です。

そのため、修復歴があるかどうかわからずに購入してすぐ故障したというケースに繋がる可能性があるので、購入する際は店舗の人に修復歴があるかどうか確認することをおすすめします。

注意点④:保証内容を確認する

新車は、購入時に3年程の保証がつくことが多いです。

保証は消耗品以外の全ての部品につくので、万が一の時でも安心することができます。

しかし中古車の場合は、保証が付いていなかったり極端に保証期間が短い場合があるので、購入時に必ず保証内容を確認するようにしましょう。

前に利用していた車の保証期間が残っている場合は、「保証継承」という手続きで保証を受け継ぐことができます。

注意点⑤:車検の有無を確認する

販売されている中古車は、前に利用していた人の車検が残っている場合完全に車検切れの場合の2つのパターンがあります。

車検が切れていると新たに車検を通す必要があるので、追加で車検費用が発生します。

中には業者が車検を通してから販売を行ってくれる「車検整備付き」もあるので、自分で車検をすることができない人は車検がある車や、「車検整備付き」の車を購入しましょう。

4:これで困らない!使わなくなった車の3つの活用方法

車を購入する方の中には、初めて車を購入する方と今利用している車を買い替える2通りの方がいます。

車を買い替える方は、何も考えずに新しい車を購入すると今利用している車の対処に焦ってしまい、誤った選択をしてしまう可能性があるでしょう。

そこで4章では、今まで利用していた車の以下3つの活用方法を紹介します。

  • 売却する
  • 2台目として乗り続ける
  • 譲渡する

活用方法によってそれぞれやるべきことが全く異なるので、自分にあった方法を選んで後悔のないようにしましょう。

活用方法①:売却して車の購入費用に充てる

1つ目の活用方法は売却です。

車を売却すれば、その分車の購入費用に充てたり貯蓄に回すことができるので、車のグレードを上げたり生活に余裕を持つことができます。

売却先はディーラーや中古車販売店、そして次章で紹介する一括査定サイトなどがあります。

売却先について詳しく知りたい方は、下記の記事内にて紹介を行っているので本記事と併せてご覧ください。

参考記事:車の売却に確定申告が必要なケースと手続きの手順・書き方を解説

活用方法②:2台目として乗り続ける

2つ目の活用方法は、2台目としてそのまま乗り続けることです。

1台を通勤用、1台をレジャー用などに使い分ければ、今までよりもカーライフを楽しむことができます。

ただし長く乗り続けている車は故障頻度が多くなったり、税金が高くなったりするので事前にチェックしておきましょう。

活用方法③:周りの人に譲渡する

周りに車を探している人がいたら譲渡するというのも1つの手です。

筆者は、実際に進学する際に親から車を譲り受けて利用していました。

譲渡する場合は以下の書類が必要になります。

  • 新使用者の車庫証明書
  • 車検証
  • 旧所有者の印鑑証明書
  • 新所有者の印鑑証明書
  • 譲渡証明書
  • 旧所有者の委任状
  • 新所有者の委任状
  • 手数料納付書
  • 自動車税申告書
  • 申請書

スムーズに譲渡を行えるよう、なるべく早めに用意をしておくことをおすすめします。

5:高買取で予算UP!お得な一括査定サイト3選

4章では今利用している車の活用方法について紹介しましたが、最もおすすめなのはやはり売却して購入費用に充てることです。

でもどうせ売却するなら少しでも高く買い取ってもらいたいですよね。

そこで最後に、車の高価買取が狙いやすい以下3つの一括査定サイトを紹介します。

  • カーセンサー
  • ナビクル
  • ズバット車買取比較

上記の一括査定サイトを利用すれば、初めて利用される方でも高価買取を実現させることが可能です。

それでは、それぞれのサイトをみていきましょう。

5-1:カーセンサー

カーセンサー

カーセンサーは、一括査定サイトの中でも最も人気のサイトです。

提携社数1,000社以上、同時査定数30社と規模が大きいため、同時査定で高価買取が狙いやすくなります。

初めて一括査定サイトを利用する方は、少しでも高い金額を狙えるようにカーセンサーを利用することをおすすめします。

5-2:ナビクル

ナビクル

次に紹介するナビクルは、提携社数55社、最大同時査定数10社と規模は小さいです。

しかしその反面、査定にかかる時間が短いのですぐに査定結果を知りたいという方に利用をおすすめします。

5-3:ズバット車買取比較

ズバット車買取比較

最後に紹介するズバット車買取比較は、提携社数220社、最大同時査定数10社のバランスが取れたサイトとなっています。

ズバット車買取比較の特徴は、ユーザーサポートに力を入れていることです。

初めて一括査定サイトを利用される方は、わからないことが多いかもしれませんが、カスタマーサポートが年中無休で対応を行っているので安心です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

車を買う時は購入予算を決めた上で車選びをし、その後に購入先を決めて契約を行い、納車されるのを待ちましょう。

支払い方法は現金一括払いクレジットカードカーローンカーリースの4つから選択することができます。

ただし車を購入する際は、走行距離年式修復歴を事前にチェックした上で購入を行い、後悔しないようにしましょう。

今利用している車を買い替える方は、購入した車を納車する前に売却する乗り続ける譲渡するなどの活用方法を事前に決めておくことで納車後に焦らずに済みます。

車の売却で最もおすすめなのは、一括査定サイトの利用です。

初めて利用される方でも、今回紹介したおすすめのサイトを利用すれば高価買取を実現させることができます。

車をスムーズに契約し、今まで利用していた車を活用してお得な車の購入を行いましょう。


車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)