『車の一括購入にストップ』購入方法は用途で判断!3つの購入方法を比較

車 一括
       
啓太

車の購入を検討しているが一括購入はあり?

一括購入ができればローンやリースのように金利がかからないことが大きなメリットとして考えられますが、その他の購入方法も一度検討して決めるべきです。

今現在車の購入(支払い)方法は選択肢がいくつもあります。購入方法によって得する場合や損する場合など両者考えられるため、用途や金額によってやはり検討する必要があるのです。

そこで今回は車を一括で購入しようと考えている方へ最適な購入方法を見つけられるよう、車の購入(支払い)方法について詳しく解説します。

また、車を売却したいユーザーで話題の「一括査定」についても解説しますので、車購入時に今所有している車の売却も検討している方は必見です。ぜひ最後までセットでご覧ください。

一括購入は一旦ストップ!3つの購入(支払い)方法を比較

車を一括購入で検討している方!一旦ストップしてください!

というのも、一括購入だけが購入方法ではないからです。

もちろん購入方法が一括だけでないことはご存知だと思います。一括購入にはメリットだけでなくデメリットも混在しているのが事実です。

もちろんお金に余裕があるのであれば一括購入でもいいと思いますが、例えば会社で社用車として購入するように、経費で精算したい場合は、一括購入より大きいメリットがある購入方法があります。

このように使用用途や目的によって購入方法は変えて、得する方法を選ぶべきなのです。そこでまずは車を購入する大きな3つの方法をそれぞれ知っておきましょう。最適な購入方法を再検討することをおすすめします!

1-1:一括購入

今回この記事を読んでいる方は一括購入を検討されている方でしょう。

車を一括購入するメリットとデメリットは下記の通りです。

メリット

  • 金利がない
  • 購入後車が自分所有になる

デメリット

  • 多額のキャッシュが一度になくなる
  • 値引き交渉がうまくいかないことがある

一括購入最大のメリットはローンやリースのように金利が発生しないことです。しかし、反対に一括購入をすると多額の資金が必要になり、余裕がないとその後の生活に支障がでることが考えられます。

きちんと生活設計をして決断をしましょう。

また、ディーラーで車を購入する場合は、一括購入よりもディーラーローンの方が喜ばれることがあります。つまり、ディーラーローンの方が値引き交渉をしやすいとも言えます。

社用車を一括購入するのはおすすめしません。なぜなら車ほどの高額なものになれば経費として一括償却ができないからです。金額にもよりますが、経費として毎年償却できる金額を税理士と相談して、リースやローンで社用車は購入すると良いでしょう。一意見としてぜひ参考にしてもらえれば幸いです。

1-2:カーローン

メリット

  • 手元に現金がなくても購入することができる
  • 毎月の支払額を抑えて購入できる
  • 頭金やボーナス払いなどを設定することで予算内で車を購入できる

デメリット

  • ローンを支払い終えるまで自分の所有にならない
  • 金利がつく(合計支払額が元より高くなる)
  • 収入が減った際に支払いが重くなる

新車にしても中古車にしても、車を購入する方は一括購入より断然カーローンを利用して購入する方が多いです。やはり中古車にしても車の値段は安いものではありません。たとえ金利を支払わなければいけないとしてもこちらのローンを利用して購入するのが得策だと言えます。

カーローンでも今は残価設定型のローンやカーリースといった購入方法も増えています。その他のカーローンについては下記記事で詳しく紹介していますのでご覧ください!

1-3:クレジットカード

車はクレジットカードでも購入することができます。

メリット

  • ポイントが貯まる
  • カードによっては支払いを再来月まで延ばすことできる
  • 分割回数を後から設定することができる

デメリット

  • 限度額内で車を選ばなければいけない
  • クレジットカードに対応していない販売店も多くある
  • 分割払いは金利が高い

クレジットカードで購入をし、分割設定をするのであれば金利が高くなるのでそもそもカーローンを検討するべきでしょう。

お金に余裕があり一括購入ができて、支払い総額がクレジットカードの限度額が内であればポイントが貯まるのでおすすめできますが、クレジットカードを利用して分割を考えている方は失敗する考えです。こういう方はカーローンを利用して購入検討をおすすめします。

購入方法以外にも購入店で支払い総額に差が出る

前章では車の一括購入がベストな購入方法なのか、それ以外の購入方法について言及しました。

一括購入にはメリットだけでなく、デメリットが伴います。資金に余裕がある方のみ検討すべき購入方法でしょう。

購入に関して、お得さを追求するのであれば購入方法だけがポイントではありません。車を購入する販売店選びでも大きくお得さが変わってきます。

そこでここでは新車を購入する場合と、中古車を購入する場合の2つの分類できる販売店についてお伝えしたいと思います。販売店によって値引き交渉ができるポイントが異なりますので、しっかり確認しておきましょう。

2-1:ディーラー(新車・新古車)

新車や新古車の購入を検討しているのであれば、ディーラーで購入します。

ディーラーでは下記ポイントが値段交渉できるポイントです。

  • 新古車、展示車を購入…若干ではあるが走行している分車体価格を値引きしてもらえる。納車も短期間で加納
  • セールを狙う…ボーナス時期や年末の時期はディーラーはセールを開催します。車体価格だけでなくローンの金利に対して減額を期待できます。
  • オプションや付属品を値引きしてもらう…車体価格よりはるかに交渉難易度が低いです。車体価格交渉はしつこく行うと嫌われるので、難しそうな感覚があるならオプションや付属品で値引き交渉を行いましょう。
  • 下取りに出す…今所有している車を下取りしてもらい、購入代金から差し引きをしてもらうことで支払い総額を減額させることができます。

2-2:中古車販売店

中古車を販売しているお店は数多くありますので、どこの中古車販売店を選ぶのかは欲しい車種の在庫で決めましょう。ネットで「車種 地域名」で検索をすると、欲しい車種の在庫を抱えている中古車販売店を簡単に見つけることができます。そんな中古車販売店で購入をする場合は、次のポイントで値引き交渉ができるので実践してみてください。

  • 相見積りで交渉…中古車販売店をいくつか周り同車種の見積りを集めて、実際の見積りを見せながら交渉することこそが一番交渉力が高いです。販売店によって金額はピンキリですから、しっかり検討する意味でも相見積りは重要になります。
  • セールを狙う…ディーラー購入と同じですが、車は売れる時期が1〜3月、8〜10月と大体決まっています。この時期であれば中古車販売店でセールが行われるので、より安く車を購入することがあります。
  • 所有車を買取してもらう…中古車販売店ではだいたい中古車の買取も行っています。買取をしてもらい買取金額を受け取れれば、その資金を次の購入資金へ充てることも可能です。買取は下取りよりも査定額は高いため個人的におすすめします。一括査定を利用することで買取金額を簡単にUPさせることができるので、ぜひお試しください。詳しくは下記記事で解説しています。

まとめ

車の一括購入を検討している方へストップをかけました!

購入資金に余裕がある方で、個人で購入される方は一括購入でも問題ないでしょう。むしろカーローンやカーリースのように金利が発生しないので、その分お得さもあります。

しかし、車の購入代金は安くないためなかなか一括購入ができる方は少ないでしょう。

無理に一括購入をしなくても、カーローンを利用することで車を所有することができます。こちらの方が値引き額の大きさに期待することができますし、生活に余裕が生まれますのでこちらをお勧めしたいです。

社用車や法人で車を購入される場合は、金額によりますが一括購入よりローンやリースの方がメリットが大きいと言えます。

自分の用途によって、購入方法を再検討してみましょう。

今所有している車を下取りや買取に出し、購入資金に充てることも1つ検討すると良い買い物ができます。ぜひ車の購入時には売却も視野に入れて考えてみてください!


【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)