rank_bana_img
 
   carsensor_bana_img

洗車!おすすめの方法と「手洗い」「機械洗車」の注意事項

洗車!おすすめの方法
       
たかまさ
Follow me

愛車の洗車と言えば、自宅や洗車場で週に1回手洗い洗車、ガソリンスタンドの洗車機で月に1回の機械洗車と、洗車の方法や頻度は人それぞれでしょう。

洗車してピカピカになった愛車をみると、洗車の苦労も報われますよね。

でもせっかく綺麗にするはずの洗車で、誤った方法で大切な愛車を傷付けてしまう、または逆に汚れを増やしてしまっては、洗車の苦労も台無しです。

また、洗剤の種類によっては使用すると、樹脂部分や塗装面自体を痛めてしまう物もあります。

今回は洗車をする上での注意する点を中心にして、手洗い洗車と機械洗車の両面で正しい洗車の方法を紹介していきます。

車買取の実録記事
筆者が「埼玉県」で車一括査(カーセンサー)を活用した実際の記録です。
筆者が車一括査定を使ってみた!

8社の査定実録!衝撃の結果が…

車の一括査定をやってみた

洗車の準備編:食器用洗剤の使用は控えましょう

ますは洗車をする前の準備段階、使用する洗剤について、注意点を紹介していきます。

洗車用シャンプーと同じ合成化学洗剤なので、ついつい気軽に使ってしまいがちなのが、みなさんの台所にある食器用洗剤です。

食器用洗剤は陶器やガラス、プラスチックなどの主に油汚れを素早く洗うことを目的としていますので、弱アルカリ性や弱酸性のものもあります。

一方で洗車用シャンプーは、泥や砂、オイル、鉄粉、鳥の糞など、幅広い汚れが付着した塗装面を泡で包みこみ、ボディーに傷つけることなく洗うことを目的として、塗装面を傷めない中性のものが多いようです。

このような違いから、食器用洗剤は油汚れを落とす効果が強いので、表面のワックスまで洗い落としてしまい、洗車後のボディーをざらつかせてしまうことがあります。

また、タイヤやバンパー、サイドモールなど、ゴムや樹脂部分の油分も必要以上に落としてしまい、劣化させてしまう恐れもあるようです。

以上のような理由で、食器用洗剤の洗車への使用は避けたほうが良いと言えるでしょう。

手洗い洗車で注意したいこと

洗車後の綺麗になったボディーを見て、洗車をした達成感を最も味わえるのが、手洗い洗車ではないでしょうか。
ここでは、手洗い洗車での注意点を紹介していきます。

最初にタイヤやホイールから洗いましょう

タイヤやホイールの汚れは、ブレーキパッドの粉や頑固な油汚れが多く、ボディーの汚れとは別物とも言えるでしょう。

先にボディーを洗ってしまうと、その汚れがせっかく綺麗になったボディーに飛び散ってしまいます。

またこれらは付着してしまうと、なかなか落としにくいので、最初はタイヤやホイールから洗い、その後にボディーを洗う順番がおすすめです。

水流で泥や砂を洗い流してから、スポンジなどを使いましょう

洗車でボディーを傷付ける一番の原因が、いきなりスポンジなどでボディーを洗い始めることです。

洗車前のボディーには砂やホコリなどの汚れが付着していますので、ホースの水流を使ってよく洗い流してから、洗車用シャンプーをスポンジに染み込ませ、よく泡立ててから洗いましょう。

また地面に落としたスポンジをそのまま使うのも、付着した砂や小石などでボディーを傷つける恐れがありますので、十分に洗ってから使うことをおすすめします。

洗車は晴れた日よりも曇った日の方がおすすめです

特に夏場の晴れた日には、洗車時のシャンプーや水滴がすぐに乾いてしまい、後からシミになったり、塗装面を痛めたりする恐れもあるので注意が必要です。

晴れた日よりも曇りの日、晴れた日でしたら昼間の洗車は避け、朝夕の涼しい時間帯に済ませることをおすすめします。

また同様な理由でボンネットなど、エンジンの熱が冷めていない状態での洗車も、避けた方が良いと言えるでしょう。

機械洗車で注意したいこと

時間がない時や頻繁に洗車をする人には、手軽で便利な機械洗車ですが、やはり注意しておくべき点がありますので紹介していきます。

洗車後は水分の拭き取りを忘れずに

洗車機には乾燥用のドライヤーが付いていることも多いのですが、完全だとは言えませんので、水滴によるシミを防止するためにも、手洗い洗車と同様に水分の拭き取りは忘れずにしておきましょう。

またドアミラーや給油口、トランク開閉部なども、水分が吹き飛ばされていなくて、後からボディーやバンパーなどに水滴が垂れてくることが多いので、これらの箇所もチェックして、拭き取っておくと良いです。

洗車機で洗えない箇所もチェックしましょう

ミラーの下側、バンパーの隙間、ホイールの凹部分など、洗車機のブラシでは洗えない箇所もいくつかあります。

これらの汚れを放置しておくと、後から汚れを取り除くのも大変なので、洗車後にチェックをしてタオルなどで拭き取っておくと良いです。

また洗車の拭き取りついでに、ボディーの傷などもチェックしておくこともおすすめします。

おすすめの洗車方法

今回は洗車について、手洗い洗車と機械洗車でのそれぞれ注意する点を中心に紹介しました。

どちらも長所短所があって、どちらかが優れた洗車とは断定できないようです。

しかしながら、どちらの方法であっても愛車を綺麗に保つために大切なことは、愛車が汚れたと思ったなら、出来るだけ早く洗車するのがおすすめです。

汚れを放置しておくと、水垢汚れやシミ、傷などの原因にもなりますので、早めの洗車を心掛けることが、愛車をいつまでも綺麗に保つコツです。

また、目に見えない汚れでも、紫外線などの影響で塗装を痛めますので、愛車を綺麗に保つ上でも、見た目には汚れていなくても月に1回など定期的な洗車も行うと良いでしょう。

みなさんの愛車を洗車する時、この記事がお役に立てればと思います。


車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)