新車は買うな!4つの理由と中古車購入とリースの魅力をお届け

新車を買うな
       
啓太

「“新車は買うな!”って、言われたんだけど…なんで?どうせなら、新車が欲しいけど。」

車の購入は人生で数回しかない大きな買い物ですよね。でも、新車を買うなという声が聞こえてくるのはなぜでしょう。

結論!新車ではなく、中古車を買うことをおすすめします。

新車を買うべきでない理由としては、以下の4つが挙げられます。

  • 車両価格が高い
  • 納品まで時間がかかる
  • 流行が早い
  • 現行品しか購入できない

価格以外の面でも、新車を買うべきでない理由があります。
そのうえで、どのように車を購入すべきか迷う方もらっしゃるでしょう。

そこでこの記事では、あなたが新車を買うべきでない理由に加えて、以下の内容をお伝えします。

  • 中古車を購入する理由
  • 中古車の国産・外車コスパ比較
  • 中古車購入の際のチェックポイント
  • 不要になった車の販売先

この記事を読むことで、あなたは新車ではなく、中古車を買うことに一切の迷いがなくなっているでしょう。

ぜひ、最後までご覧ください。

尚、既に購入したい車の販売状況をネット検索している人も多いと思います。
しかし、実はネットに掲載されていない(検索でヒットしない)非公開の優良車両があるのをご存知ですか?
ネットに掲載されていない非公開の優良車両に関心のある人は、以下を早めに確認してみてください。

非公開車両

新車は買うな!4つの理由

新車を買うべきでない理由には、どのようなものがあるのでしょうか。

具体的には、以下の4つが挙げられます。

  • 車両価格が高い
  • 納品まで時間がかかる
  • 流行が早い
  • 現行品しか購入できない

理由をしっかり把握することで、「新車は買うな!」の真意がわかることでしょう。

車一括査定のリアルな記録
筆者の愛車「アコードハイブリッド」を車一括査定で売却した際のリアルな記録
アコードを一括査定してみた

大手が最下位!衝撃の結果が…

車の一括査定をやってみた

理由①:車両価格が高い

まず、商品を購入する際には商品の値段を考えなければならないでしょう。

特に車両を買うなら一定的な予算が必要です。新車購入する時、3年分の自動車重量税と2年分の車検費用を一括支払うことが必要です。初期費用は税金と保険料も加えると、費用が一気に高くなります。

理由②:納品まで時間がかかる

新車の納品について、注文を決めてから車を作り出すこともおかしいことではありません。

新車は発注して生産の流れは基本なので、実際に販売店で車を置いてある可能性が低いです。
目安時間は1ヶ月から2ヶ月程度でかかります。

車両は急いで使用する場合は、オススメではありません。

理由③:流行が早い

毎年は時代に合わせの為、世の中で新しいデザインの車両がたくさんにでてきました。

今見るとオシャレな感じがしますが、時間が経ってもファッションの切り替えが早いです。新車を購入する時、車両価格が高いが、時代に合わないものは年数が経過することに値段も落ちてしまいました。コスパも悪いですね。

理由④:現行品しか購入できない

限定モデル車両は生産が終了している場合、新車として購入ができません。

また限定モデルの車両を購入するために貯金していた方は、突然販売終了となっている場合も少なくありません。限定版などの車両や復刻版などの車両は明確にいつまでで生産終了と発信することは少ないため、新車の購入も難しいでしょう。

車を買うなら中古車を!4つのメリット

前章までで新車を買うべきでない4つの理由を解説しました。本章は、同じ角度から中古車と比べて「買うなら中古車!」と思える以下、4つのメリットを解説しています。

  • 高い品質と低い価格
  • 納車に時間がかからない
  • 豊富な選択肢
  • 生産終了モデルも購入できる

メリット①:高い品質と低い価格

新車は販売される時、宣伝費用や人件費用や研究費用などすべてが定価に含まれていました。

反対に、中古車の価格は車両そのもののみが価格に反映されます。本来、大きな金額である運営費用が無くなったから、車両の値段が安くなりました。
されに、初期費用として中古車の車検が残っていれば、車検が切れるまで税金を払う必要もありません。

このように、車両を購入する際に金額面で中古車は圧倒的に安く抑えられます。

メリット②:納車に時間かからない

新車の購入を決めてから車を作り始めるより、中古車はもとから存在している車両を販売します。そのため、納車に長く待ち時間を要することはありません。

車両の移転手続から最後の納車までは最短で1週間ほどかかります。

メリット③:豊富な選択肢

ファッションの切り替えが早いですが、クラシックの方はいつでも人気です。黒、グレー、白は絶対に無難でしょう。

さらに中古車市場はとっても活躍なので、在庫少ない新車と比べるなら遥かに選択肢が多いです。

メリット④:生産終了モデルも購入できる

絶版した車両こそ、中古車市場で現れます。

以前、購入できなかったの車両が買えるチャンスがあります。さらに、カスタムがされた特別仕業車両や限定モデル車両など中古車市場にある限り、新車にないタイプの車両も選ぶことができます。

中古車を購入する3つのデメリット

日本の道路を走る車の新車・中古車の割合は、それぞれ約半分です。

もし中古車の購入にメリットしかないのなら、新車が購入されることはないはずです。

なので、中古車を買うのはデメリットでもあり、そして弱点は長所と同じくらいに明らかです。

  • 車両の傷や汚れ
  • 保証や修理費用
  • 相場に左右されて価値が変わる

以上3つは中古車を購入するデリメットです。本章では、詳しく中古車のデリメットを説明します。

デメリット①:車両の傷や汚れ

中古車は過去の持ち主がいるから、車両に傷や汚れがあります。さらに、新車より車内の消耗も発生しているので、故障が発生する場合もあります。

確かに、もとからが付いた状態で使用するなら、新車より特に気を使って扱う必要もありません。しかし、傷と車内パーツにより故障のリスクが高いところは注意しておいた方が良いでしょう。

デメリット②:保証や修理費用

新車は当然のように消耗品の修理費用が3年内で保証しています。アフターケアの時、修理費用も安くなっています。

中古車の方は関連保障がありません。販売店によって保証の追加も有料になります。なので、基本的には新車より修理費用を発生する場合が多いです。

デメリット③:相場に左右されて価値が変わる

絶版している車は中古車市場で入手することが可能です。しかし、レア商品の為、当時に販売している金額より高い可能性もあります。

要約すれば、中古車を購入するのは良い選択肢と間違いません。しかし、注意すべき点も少なくないので、自分のニーズと一番相応しい方法で車を購入しましょう。

国産?外車?中古車のコスパ徹底比較

「よし、買うのは中古車にしよう!」と思っても、国産車と外国車でどちらを購入しようかお決まりですか?

本章では、国産車と外国車をコストパフォーマンスの観点で徹底的に比較してまいります。

4-1:国産車

国産車で代表的な以下の5つのメーカーを見ていきましょう。

大手の自動車メーカーであれば、中古車市場でも人気があります。

さらに日本の会社なので、車内パーツなど不備がある時に修理や交換などのサポートも万全です。
これから、各社の代表的な車種を例にして、比較していきましょう。

社名産型特徴中古車値段ランキング
トヨタプリウス全長4,575mm×全幅1,760mm×全高1,70mmという幅広いスペックはとっても乗りやすい100万円〜200万円前半総合ランキング常にTOP
日産セレナ7人乗りと8人乗りのモデルがあり、子供が車内でも立てる100万円〜200万円後半ミニパンの中で2年連続1位
ホンダN-BOX座席のレイアウトの変更が可能です。低燃費でコスト面も抑えられている80万円〜140万円国内販売台数は3年連続1位
ダイハツタント助手席のドアと後部座席のスライドドアの間にドア枠がない為、乗り降りしやすい100万円前後軽自動車ランキングTOP3
スズキジムニー走行性能が高いため、エンジンの出力も高く設定100万円後半軽RV系の人気TOP

4-2:外国車

一般的に輸入車は、国産車より値引きがされやすいです。

まず1つ目に、輸入車の方は故障しやすく修理費用もかなり高いです。パーツ構造原理や販売体制など理由によって、輸入車の検査時間と修理時間も長くなっています。

順位車種特徴中古車値段
1ミニ(BMW)「軽自動車の中でコンパクト高い輸入車」として高い人気を誇る200万円後半〜400万円
2ミニクラブマン(BMW)ミニシリーズの中で最もサイズが大きなタイプで、荷物も取り出しやすい300万円前後
3911(ポルシェ)耐久性が高く、年数がたっても安定してパーツの供給が受けられる300万円後半〜
4ミニクロスオーバー(BMW)ミニシリーズでスポーツ用の多目的車で、デザインにSUVを合わせている100万円〜200万円後半
5500(フィアット)丸みがある可愛さは最大特徴として、エンジンのパワーが高い60万円〜300万円

中古車を購入するときの5つのチェックポイント

中古車市場は様々な要素の影響を受けるため、市場の活発度や価格の推移によって値段は大きく変わります。そのため、中古車を購入する前に必要な知識を理解したうえで購入するのがベストでしょう。

本章では、以下の5つのチェックポイントで中古車市場を説明していきます。

  1. 車を査定の4つ基準
  2. 車のボディタイプの8つ種類
  3. 相場価を調べる
  4. 中古車を購入サイト
  5. 必要な種類を用意する

チェック①:車を査定の4つ基準

車を売却する時「車のカラー・モデル・行距距離・傷や破損」この4つの基準によって、車の買取相場が決まります。

車のカラー黒と白は値段が落ちにくい
モデル、クラスグレード絶版車や絶版モデルがプレミア
走行距離走行距離によってパーツ老化可能性がある
傷や破損損傷の状態によってエンジンやパーツ損傷がある

以上の表により、中古車を買う時注意しながら選びましょう。

チェック②:車のボディタイプの8つ種類

前章も紹介した市場の人気により、中古車の値段を変動しています。
人気ボディタイプを紹介する前に、車の8つの種類から説明していきます。
ボディタイプ特徴
セダン最もベーシックなボディタイプ、他のタイプと比べると車内空間が低め
高級サルーンセダンの中で高級な車種であり、デザインがセダンとあまり変わっていない
クーペ2人の乗りの2ドア車
ミニバン乗車定員が6人以上
ワンボックスカー商用で使われることが多く、団体の送迎車としても利用する場合が多い
SUV走行性能と高い機能性
コンパクトカー(ハッチバック)コンパクトカーという認識が強く、バックドアが上下に開閉することができる
軽自動車総排気量660cc以下、全長3.4m以下、全幅1.48m以下、全高2m以下、乗車定員4名以下という定義されているが、維持費用がとても安い

ミニバンとコンパクトカーはそれぞれが17.4%と15.3%で2位、3位となっています。家族の人数と車内空間の広さから見ると、ミニバンとコンパクトカーの方は使いやすいですね。

チェック③:相場価を調べる

車一括査定サイトとは、複数の中古車買取業者からまとめて見積もりをもらえるサービスです。
車を購入するのに、なぜ車を売却する情報も知らなければならないでしょうか?

「己を知り敵を知るものは,百戦して危(あや)うからず」ということわざがあります。
つまり、売る相場価格がわかるうえに中古車を購入する際にも騙されにくいですね。

相場価格の情報が一番揃っているのは車の一括査定サイトです。査定サイトを利用して、お気に入りの中古車の相場価格を調べましょう。

チェック④:中古車を購入サイト/店舗

ウェブから簡単に車を購入することができます。しかし、良い中古車を見つけるために自分で車の状態をチェックした方が良いです。

小さい傷などは写真では見つかりませんよね。また、以前にその車を乗っていた人が喫煙者である場合、ニオイは取りにくいのではないでしょう。実際に車を見てみないとわからない点は多々あるので、年のためにも店舗に行って運転をしてみましょう。

チェック⑤:必要な書類を準備する

車の購入することを決めたら、購入に必要な書類を準備しましょう。

普通自動車の場合

  • 印鑑登録証明書
  • 実印
  • 委任状
  • 車庫証明

軽自動車の場合

  • 住民票
  • 認印
  • 委任状
  • 車庫証明

必要書類を整えてから車の購入手続きに入れば、スムーズに購入できます。

買い替えの3つの選択肢

5章まで車を購入する前に、各悩みとチェックポイントを解説しました。ただし、買う前にもう一つ注意事項がありますよ。

前の車の処理はどうすれば良いでしょう。本章では、買い替えのベスト3つを紹介いたします。

  • 車一括査定サイト
  • ディーラー
  • 中古車販売店

6-1:車一括査定サイト

前章が相場価格を知るために、車一括査定サイトを紹介しました。車を売る時に利用するのもベストチョイスです。

一括査定サイトを利用すると、同時に複数の業者から査定した資料をもらうことができます。査定された結果により、選択肢も多くなります。

買取相場の平均金額の中で、最も高い金額を提出した業者に頼めばお得ですね。そして、操作方法も簡単でぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

一括査定サイトの利用方法について、下記の記事を参考にしてください。

参考記事:車一括査定についてどこよりも詳しく解説!おすすめサイト5つも紹介

6-2:ディーラー

ディーラーを利用すれば、下取りという形になります。そのまま売った金額で次の車を購入する予備金として使います。その場で買うと売るが同時に進んでいる為、自由に使うことができません。

しかし、その代わりに購入と売却の手続きも同時に進みます。ディーラーのスタッフさんも慣れているので、効率的がとても良いです。

6-3:中古車販売店

中古車販売店では、車を買うだけではなく売ることもできます。

中古車を選ぶついでに、車を売却することに関して質問をすることもできます。さらに、ディーラーよりも良い価格が出るはずです。価格を重視している方にはオススメの売却先ですね。

一括査定サイトおすすめベスト3

一括査定サイトで車を売却するうえでベストな選択であり、情報を集めるうえでも凄く優秀です。
本章では下の表を参考にしながら、一括査定サイトの中でもベスト3と言える選択肢を紹介していきましょう。

BEST1:カーセンサーカーセンサー

サイト特徴同時査定数向ける車提携買取業者数
カーセンサーメール対応ができ、圧倒的な業務提携数も凄く魅力点の1つ。

さらに売却だけではなく、アフターケアまで全部対応できる

最大30社国産車、外国車、事故車・廃車、トラック1000

初めての利用者としてカーセンサーを利用するのは無難でしょう。提携買取業者数は1000社があるので安心感が強く、迷っている方に利用するのはオススメです。

BEST2:ナビクル

ナビクル

サイト特徴同時査定数向ける車提携買取業者数
ナビクル登録時間最速45秒で終わり、市場で多数な国産車のみ向ける為、プロ感が強い10社国産車55

中古車市場のマーケットシェアは国産車がメインになります。そのため、ナビクルは国産車の有用者に向けのサイト立ち上げました。ユーザーが快速で査定結果を知ることができ、効率が非常に高いです。目標を明確にしている方にオススメです。

BEST3:ズバット車買取比較

ズバット車買取比較

サイト特徴同時査定数向ける車提携買取業者数
ズバット車買取比較10年を超える運営実績があり、カスタマーサポートが年中無休で対応できるので、安心が強い最大10社国産車、外国車、事故車・廃車220

ズバット車買取比較は10年以上運営されているサイトとして、豊富な経験を持っています。カスタマーサポートが年中無休で対応できます。

これからは月額固定のリースの時代

諸経費等が込々で、月額固定の車リースが、1万円程度から準備されています。
サービスによっては、最終的には自分の車になるものもあります。

例えば「定額カルモくん」が人気です。
月額固定の車リース
リサーチを行った結果、以下のメリットがありました。

  1. メンテナンスプランに幅があり自ら選択できる
  2. コミコミの料金だから焦らない
  3. 月間走行距離制限無制限プランがあり長距離ドライブにも最適
  4. 最長11年リース契約だから支払いがラク
  5. メンテナンス対応店舗が30,000店以上
  6. 最終的に車のオーナーになれる点が良い!

関心のある人は、是非、公式ページを覗いてみてください。

まとめ

車の価格はメーカーや販売店などから本来の金額を上に加算された状態で提出されているので、元の価値より高くなっていることが多かったです。その為、値段が高いこそ値段落ちやすくで、新車を買うより中古車を買う方がコスパ高いです。

しかし、中古車を購入する前に、大量な資料を調べる方が安全です。さらに、納車する前に焦らずに駐車スペースの確保や購入資料の用意などゆっくり準備しましょう。

そして一括査定サイトで集まった資料を活用すれば、「購入」と「売却」両方の心配は入りませんでしょう。

早速車を購入して、カーライフを楽しんで過ごしましょう。


車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)