寒さが最大の天敵?冬はEVの燃費が悪くなる!

冬のEVの燃費
       
たかまさ
Follow me

1月後半になってきて、寒さはどんどん厳しくなってきています。東北や北海道などの寒さの厳しい地域では雪の影響で立ち往生を余儀なくされるケースも増えてきました。

自動車業界で注目を集めているEV(電気自動車)の欠点の一つとして寒冷地での燃費が下がってしまうという点があります。

冬にEVを運転するときに抑えたいポイント

EVに搭載されているニッケル水素電池、リチウムイオン電池は適切な使用温度は0~45℃程度になっています。

氷点下の環境では電池の性能が下がってしまうため、燃費が悪くなり、走行できる距離が短くなります。

また、ガソリン車では暖房にエンジンの排熱を利用しているため効率よく車内を暖めることができますがEVでは暖房のために電力を消費して車内を暖めなければいけません。

その結果、氷点下で暖房を使いながら走行をしていると通常時よりも燃費が悪くなり、走行距離が短くなってしまいます。

テスラも認めている弱点

EVが氷点下で燃費性能が悪くなることはテスラも発表しており、冬は燃費が悪くなるというのは憶測ではなく事実であることがわかりました。

また、JAFが夜7時~深夜0時までの5時間における暖房の使用状況で電力消費状況は変わるのかという検証ではエアコンを継続して使用した車は電池残量が38%になっていました。

冬場の立ち往生ではJAFなどのロードサービスを持っている間も車内の空気を暖める必要があるため、電力を全て消費してしまうと生命の危機が訪れます。

ガソリン車の場合は携行缶で給油することが可能ですがEVの場合は充電設備がある場所までレッカーで運んでもらう必要があるため費用や時間が余計にかかってしまいます。

冬場でのEVに乗る際にはしっかりと充電をして余裕を持った距離を走行することを心がけることが大切です。

しかし、メーカー側も何も対策をしていないわけではなく、シートヒーターやハンドルヒーターなどの車内ではなく搭乗者だけを暖める機能もあるので燃費よく暖をとることができます。

EVは電力を使用できるので電気毛布などの消費電力が少ない暖房器具を使うことも可能なので寒冷地に住んでいる方はもしもの時の備えとして置いておくのもよいでしょう。

冬場のEVはガソリン車とは異なる注意が必要

EVの充電ができる施設はまだまだ少ないので冬場は計画的な運用をしていく必要がありますね。

これから、どんどんEVの開発は進んでいくはずなので燃費向上やインフラの整備で浮遊場でも心配せずに利用できるようになってほしいですね。



車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)