※当ページでは筆者が実際に利用もしくは取材し良質と感じたサービスの広告を掲載

自動車サブスク「KINTO」が解約金無料プランを発表!

自動車のサブスク!KINTO
【コンテンツ監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)
           
    筆者たかまさ
    Follow me

    これまで自動車を所有するための手段は購入するか、一定期間のリースがほとんどでした。

    しかし、近年では毎月定額制のサブスクリプションで自動車を使うことができるようになってきています。

    そんな中、トヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」が解約金無料プランを追加することを発表しました。

    「KINTO ONE」の解約金フリープラン

    トヨタはサブスクリプションサービス「KINTO ONE」の支払い方法に「解約金フリープラン」を追加することを12月14日に発表しました。

    解約金フリープランは月額利用料の約5か月分の申込金を払うことで、中途解約の際に発生する解約金が0円になるというプランです。

    これまで提供されていた「初期費用フリープラン」では3年・5年・7年から選択して途中で解約する場合には中途解約金を支払う必要がありました。

    新しく解約金フリープランを設定することでこれまでよりも自由にカーライフを楽しむことが可能になります。

    解約金フリープランでは自由なタイミングで解約

    今回発表された解約金フリープランでは自由なタイミングで解約ができるだけでなく、再契約をする場合は月額利用料が割引されます。

    再契約には申込金もかかりますが1回目再契約後は15%の割引、2回目再契約後は30%の割引が適用され、お得に利用することが可能になっています。

    長く契約をして乗り続けていくことで初期費用フリープランよりもお得に利用することができますね。

    契約できる車種は「カローラクロス」、「RAIZE」、「ルーミー」、「ヤリス」などから選ぶことができます。

    初期費用よりは多くかかりますが「中途解約金の負担を考えずに解約したい」、「気に入った車があるので解約したい」という利用者のニーズに応えることが狙いになっています。

    トヨタのなかでも人気のある車種を選ぶことができるのはとても嬉しいポイントですね。

    サービス開始時には苦戦していた利用者数も2020年12月の段階で1万2300件になっていることから徐々に新しい選択肢として認知されていると考えてもよいでしょう。

    マイカー購入や維持にかかるコストが厳しく節約する人が増えてきているので、KINTOのようなサブスクリプションが拡大していくことが予想できます。

    サブスクリプションでカーライフ

    色々な商業分野でサブスク化が進んでいるようです。お試し的に、カーライフを体験してみたい人などは、利用しやすくなるのではないでしょうか。

    中途解約金がかかるなら、契約をやめておこうと考える人も居るので解約金フリープランの発表は、車を持つ際の手段として前向きに考える材料になりそうですね。

    コロナ禍での外出自粛によって、車の需要が減っていましたがサブスクリプションでカーライフを楽しむ人が増えていくことを期待したいですね。


    目次へ

    GO