中古車を売る時に洗車が重要だと伝えたい!洗車4つのテクニックも紹介

中古車 売る時 洗車
       
啓太

「中古車を売る時に洗車ってした方がいい?」

どうせ売る車なのに洗車しても意味ない。こう思っている方多いのではないでしょうか。

私個人としては、毎回車を売ると決めた時に買取店へ持っていく前に洗車、実際に引き渡す前日に最後の別れが悲しいため感謝の気持ちを込めて洗車を行います。

なぜ私が買取店やディーラーへ車を店に行く前に洗車を必ず行うのか…

それは実車査定を受ける時に有利になる可能性があるからです。絶対に有利になるのかと言われれば100%そうです。とは言えませんが、査定額に影響する可能性があることは私の実際の経験と、当メディアを監修しているもと

買取業界スタッフが提言しています。

そこで今回は中古車を売る時の洗車について掘り下げてお話しをしていきましょう。

関連記事:もと車買取店スタッフが暴露!査定のプロは車や客のココを見ている

啓太

車査定アナライザー



たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。
カーセンサー

たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック王国」で決まり!
トラック大国

たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。
カーネクスト

洗車が査定に影響する可能性がある

中古車を売却する際に売却方法はいくつか思いつきますが、一部を除く大半の売却方法では実車査定(購入者側が実車を確認する行為)が行われます。

この実車査定を行ったのちに、中古車購入者側が該当車の査定金額を見積りする流れになるのですが、この時の査定金額算出時に洗車をしていた場合だと査定金額が高く付けられる可能性が考えられるのです。

実車査定をするのは人ですので、第一印象はやはり自然と持つもの。綺麗な車、汚い車では明らかに印象が変わることは言わなくてもわかりますよね!

だから、私は実車査定の前に必ず洗車を欠かさず行うのです。

1-1:査定基準に「洗車済みであるか」という項目はない

私個人的には洗車が査定に影響するとお伝えしてはいますが、100%そうだと言い切れない理由。それが査定基準に「洗車済みであるか」という項目はありません。

各買取業者、ディーラーには実車査定を行う際に査定基準をそれぞれで設けています。「エンジン周りの環境は綺麗か」のような部分的な綺麗さについては査定基準には当然あるでしょうが、この中に「洗車済みであるか」という項目がない上に、「車体の綺麗さ」などの項目も存在しないのです。

1-2:傷が浮き彫りになる

私は毎回実車査定前に洗車をしているとお伝えしていますが、一度だけ洗車をしてボディを綺麗にしたことによって傷が浮き彫りになってマイナス評価された経験があります。(実際には洗車が原因ではなく、傷をつけてしまった私のせいです…)

洗車は基本的に中古車を売る時にマイナス要素になることはありませんが、例外でこういうケースも起こり得るということも知っておいてもらえればと思います。

洗車で役に立つ4つのテクニック

中古車を売る時に洗車が重要であると伝わったでしょうか?洗車をして売却金額が1円でも高くなる可能性があるなら、絶対に行うべきですよね。

そこで次は洗車時に役立つ、以下4つの洗車のテクニックについてお伝えします。

  • タバコの匂いを脱臭
  • 浅い傷の修復
  • タイヤの溝
  • ガラス、ミラーの汚れ

今回は洗車機を利用せず、手洗いで洗車を行う前提でお話をします。

日頃から細かく愛車のメンテナンスを行っている方は、やはり洗車も定期的に行っているため高額売却に繋がる可能性が高いですね!

関連記事:【愛車のメンテナンス】セルフで行う6つの項目とお店で行う4つの項目

テクニック①:タバコの匂いを脱臭

実車査定でも実は評価に大きく影響する喫煙車のタバコの匂いです。

買取店も中古車を買取した後、次の購入者へ販売をします。この時タバコの匂いが車内に残っていたら、売れづらくなるポイントです。だからこのタバコの匂いは査定前に脱臭しておくことが重要だと言われます。

多くの方がタバコの匂いを取るために最初に思いつくのが、強い芳香剤をおくことです。これでは逆にきつい匂いとしてマイナス評価の対象になるので、間違ってもこの方法を実施しないようにしましょう。

車内の匂いはエアコンフィルターなどのエアコン周りが原因であることがほとんどです。フィルターを専用の洗剤で洗浄をすることで車内の匂いは大きく改善されます。まずこれを実施しましょう。

そしてタバコの匂いはシートやフロアマットに染み付いています。”重曹”を水に溶かして、シートやフロア全体に振りかけましょう。少し濃いめくらいが脱臭効果が大きいです。また、天気が良い日にフロアマットを取り外し天日干しすることでもタバコの匂いは改善されます。

テクニック②:浅い傷の修復

車体の傷は基本的に自分では触らないようにしてください。ただし、市販で売っている研磨剤で擦ると消える程度の傷(線傷)は修復すると、査定のプラス要素になります。

コンパウンドを使えば大抵の浅い傷は消えますのでぜひ試してみてください!

深めの傷は修復しようと思えば、業者に依頼することで消すことはできますが、そこまで費用をかけてしまうのは売る時のことを考えるとおすすめできないため、深い傷は堂々と査定時に見てもらうことをおすすめします。

関連記事:【傷ついた車を売るなら読むべき教科書】2分でわかる損をしない売り方

テクニック③:タイヤ

洗車をタイヤまで行う人少ないのではないでしょうか?

車体をピカピカにしてもタイヤが汚れていれば、見栄えはそこまでよくなりません。実はタイヤは一番汚れやすく、印象を与える重要箇所なのです。

そのため実車査定へ持っていく前の洗車では内装、外装だけでなくタイヤまで丁寧に洗車してあげてください。

タイヤの汚れは付きやすく、落としにくい。これが最大の特徴です。

タイヤをきれいに保つためには、定期的に洗車してあげることが一番。洗車は“タイヤ”まで!と意識することで、タイヤを綺麗に、長持ちさせることができます。

テクニック④:ガラス、ミラーの汚れ

ガラスやミラーの水垢はなかなか取れませんよね。誰もがこの経験はしているものではないでしょうか?

ガラスやミラーの水垢は、クエン酸がとても効果的です。

お風呂場の鏡などでもこの方法は用いられますが、コンビニやスーパーでクエン酸を購入し、水と混ぜるだけで効果抜群のクエン酸水が簡単に作れます。

そのクエン酸をガラスやミラーに振りかけ、マイクロファイバー記事のタオルで拭き取ります。これでも変化が見られない時は、クエン酸水を振りかけティッシュや、ペーパーでパックをするようにつけおきをします。30分程度放っておき、拭き取るとしつこい水垢も取ることができますよ!

まとめ

中古車を売る時に洗車をするべきか迷っていた方、洗車をすることでメリットがあることがわかったはずです。

私個人的には100%洗車を行うべきだと思っています。

どうせ車を売却するのであれば1円でも高く手放すことができれば嬉しいものです。

下記記事では洗車以外にも中古車を少しでも高く売るための方法を詳しく解説しています。ぜひご覧ください。


【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)