意外と知らない!免許証不携帯はゴールドに影響するの?点数は

免許証不携帯はゴールドに影響?
       
たかまさ
Follow me

急いでいたり、別のことを考えたりしていて、運転免許証を忘れそうになった、という経験は運転歴の長いドライバーであれば、一度はあると思います。

もし免許証を忘れたことに家から遠く離れたところで気付いたらどうすればいいのでしょうか?

免許証は運転中に提示することがほとんどないので、何かの切っ掛けで警察官に提示を求められるまで忘れていることにすら気が付かないケースも多いです。

今回は免許不携帯の罰則や、実際にしてしまった時の対処法について解説します。

免許証不携帯とはなにか

免許証不携帯とは、道路交通法の第95条によると「免許証の提示を求められたときは、これを提示しなければならない」とあります。

しかし、警察官にいつ提示を求められるのかは分からないので常に所持していなければなりません。

免許証不携帯に違反した場合は罰金が3000円で、違反点数の加点はありません。

もし提示を求められたのにも関わらず、拒否した場合には5万円以下の罰金となります。また有効期限が切れている免許は、無免許として扱われるので注意しなければなりません。

無免許運転と免許不携帯の違い

無免許運転と免許不携帯は、当然のことながらその違反性は全く違います。

無免許運転とは、車を運転する資格がないのに、運転をしている状態です。免許不携帯とは、車を運転する資格はあるが、免許を忘れて運転している状態です。

そのため免許を忘れて運転していただけなら無免許扱いならず、比較的軽い罰則で済みます。免許不携帯においては反則金3000円のみなので、ゴールド免許であったとしても格下げの心配はありません。

免許不携帯の罰則が軽いのは、万が一事故等が発生しても、その事故の直接の原因になっていないからだと考えられます。

もし、免許不携帯に気付いた場合は、すぐに運転するのを止めて他の免許を携帯している同乗者に代わってもらうようにしましょう。

同乗者がいなかったり、免許を簡単に取りに帰るのが難しい状況だったりする場合は、ロードサービスに依頼するのもおすすめです。

とは言うものの、実際の外出時においては、そのまま車に乗り続けなければならないことが多いものです。しかしながら、不携帯のまま走行を続けると、再度、免許証不携帯で検挙されることになります。

あくまでも検挙現場における状況次第ですが、事情を丁寧に説明することで免許証不携帯のままでも、必要最小限の走行であれば許可される場合もあります。

このような場合には、再度、免許証の提示を求められたときは、どのような行動をとるべきなのかを、必ず警察官に確認をしておくことが大切です。自分の都合で判断しないようにしましょう。

免許証の不携帯を防ぐには

免許証を提示する機会は滅多にないので提示を求められたときに不携帯であることに気が付くことも多いです。

加点がなく、ゴールドにも影響しないからと言っても、違法な行為であることに変わりないので軽く考えるのは厳禁です。

筆者の場合は、必ず乗車前に「1・2・3」と小声で言いながら、身体を触って確認しています。

「1・2・3」の意味は以下です。
1:運転免許証
2:家の鍵
3:携帯電話

これを心掛けて10年以上になりますが、忘れたことに気が付かないまま乗車することはなくなりました。


あなたの車を高く買取ってくれる最高のサービスを探せる!

売却予定の車種に応じた、最適な買取りサービスを、その場で直ぐに見つけることができます。
ご活用ください。

車 一括査定 シミュレーション


1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

2 【トラック・バス・重機】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック王国」で決まり!

トラック大国

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)