中古車でも値引きができる!?お得な6つの値引き方法をご紹介

中古車を値引きで購入する6つの方法
       
啓太

「中古車の値引きってできるの?」

結論から言うと、中古車の値引きをすることは可能です。

ただし値引きをするにあたって注意しなければならない点もあります。

そこで本記事では、中古車の購入を検討中の方が値引きで安全に購入できるように以下の内容を解説しています。

  • 値引きの相場価格
  • 中古車を値引きする方法
  • 値引き交渉をしない客がいる理由
  • 値引き以外で中古車を安く買うコツ
  • 車の高価買取が狙える一括査定サイトの紹介

記事を読むことで、中古車を値引きする方法だけでなく、値引き以外で安く買うコツなども知ることができます。

ぜひ最後までご覧になり、中古車をお得に手に入れましょう。

1:値引きの相場は車両価格の10%

中古車の値引きを行う前に、値引きの相場価格を知っておきましょう。

一般的に値引きできる価格の相場は、車両価格の10%が限度となっています。
ただし値引きの%は、購入する車の価格によっても異なるので過度な期待は禁物です。

また、中古車は新車に比べて値引きがしづらいので、いきなり交渉をすると失敗する可能性が高いです。
タイミングとしては、購入を決めた契約前あたりに行うと上手くいくでしょう。

相場とタイミングを見極めて上手に交渉を行うことが、値引きの鍵ともいえるでしょう。

2:中古車を安値でGET!値引き方法6選

それでは、実際に中古車を値引きで購入する方法を見ていきましょう。

方法は、全部で以下の6つです。

  • 車両価格を交渉する
  • 諸費用をなくしてもらう
  • 他店と競合させる
  • オプションを無償にできないか頼む
  • 金額の上限を提示しておく
  • 今日購入する意思をみせる

交渉を行う方法はたくさんあるので、状況に応じて適した方法をつかえるようにしましょう。

それでは方法を1つずつ解説していきます。

方法①:車両価格を交渉する

1.車両価格を交渉する

1つ目の方法は、車両価格を交渉することです。

購入する店舗によって異なりますが、交渉をすれば今の価格から値引きしてくれる可能性は十分にあります。

欲しい車が決まったらまずは、車両価格を値引きできないか交渉するのが1つ目の方法としておすすめです。

方法②:諸費用をなくしてもらう

2. 諸費用をなくす

2つ目の方法は、諸費用をなくしてもらうことです。

中古車を購入する場合、支払う費用は車両価格以外に諸費用があります。

諸費用には法定費用代行費用の2種類があり、その内の代行費用は交渉次第でなくすことが可能です。

代行費用は、自分が購入手続きでやらなければいけないことを販売店が代行する際に発生する費用なので、自分で全てやることで削減ができます。

法定費用と代行費用についてもっと詳しく知りたい方は、下記記事にて解説を行っているのでぜひご参考ください。

参考記事:中古車購入時にかかる諸費用とは!?含まれる費用や相場を詳しく解説

方法③:他店と競合させる

way-3

3つ目の方法は、他店と競合させることです。

他店と競合とはどういうことか疑問に思われる方もいるはずですが、自動車販売店にとって同業者はほとんどがライバルです。

そのため、自社に訪れた客が他店と迷っていることを知ると、とられないようにサービスをしてくれます。
そこで他店の車と価格面で迷っていることを伝えれば、値引きしてくれる可能性を上げることができるのです。

方法④:オプションを無償にできないか頼む

4.オプションを無償にできないか頼む

4つ目の方法は、オプションを無償できないか頼むことです。

中古車を購入する際、交渉次第でカーナビバックモニターなどのオプションを無償にしてもらえます。

また、中古車ならではの傷や汚れも購入前提で交渉をすると無償で治してくれる場合があります。

方法⑤:金額の上限を提示しておく

5.金額の上限を提示しておく

5つ目の方法は、金額の上限を提示しておくことです。

この方法は、予算を超えた車を購入する際に使うことができます。

例えば110万円の中古車を購入したい旨を営業マンに伝える時に、上限が100万円であることを提示すれば営業マンにはノルマがあるため、100万円に下げてでも利益を出すことが求められます。

目の前に購入前提のお客様がいるのに逃すのは非常にもったいないので、値引きをしてくれる可能性が高いです。

方法⑥:今日購入する意思をみせる

6.今日購入する意思をみせる

6つ目の方法は、今日購入する意思を見せることです。

営業マンの方に相談をする際、今日購入する予定で来ていることを伝えれば、営業マンのモチベーションも向上するので交渉にも前向きに応じてくれるでしょう。

3:いったいなぜ?値引き交渉をしない客がいる3つの理由

ここまで中古車の値引きについて解説を行いましたが、中には全く交渉をしない客もいます。

その理由として以下の3つがあげられます。

  • 交渉でストレスが溜まるから
  • 契約が円滑に進まなくなるから
  • 雰囲気が悪くなるから

交渉をしないことでも得られるメリットはあるので、参考にしておくと良いでしょう。

理由①:交渉でストレスが溜まるから

値引き交渉をしない人の1つ目の理由は、交渉でストレスが溜まるからです。

交渉を行うと営業マンとのやり取りが増える上に、相手の出方を窺う必要があります。
営業マンによっては交渉次第で態度が急変する人もいるので、ストレスが溜まる可能性があります。

理由②:契約が円滑に進まなくなるから

2つ目の理由は、契約が円滑に進まなくなるからです。

交渉を一切しなければ相談から購入、そして契約までスムーズに進めることができますが、交渉を行うとやりとりする回数が一気に多くなるので契約が円滑に進まなくなります。

理由③:雰囲気が悪くなるから

3つ目の理由は、雰囲気が悪くなるからです。

理由①でお伝えしたように、営業マンの中には交渉の話を持ち込むだけで態度が変わる人もいます。

交渉の出だしで雰囲気が悪くなると、契約まで円滑に進めることができなくなるので、良い雰囲気で契約を行いたい人にはリスクがあるといえるのです。

4:価格に注意!買ってはいけない2つの中古車

中古車を安く購入したい方は、価格だけに目が行きがちですがそれは非常に危険です。

4章では、手を出してはいけない以下2つの中古車について解説を行います。

  • 相場が安いのに価格が高い中古車
  • 相場が高いのに価格が安い中古車

上記の中古車を購入してしまうと、結果的に金銭面で損をするので必ず避けるようにしましょう。

4-1:相場が安いのに価格が高い中古車

相場が安いのに価格が高い中古車は、購入を避けましょう。

これは、販売店側が利益を多く確保するために価格をあげているのです。

相場がわかっていないと価格が高いことにも気づけないので、購入したい車の相場価格は必ず確認しておきましょう。

4-2:相場が高いのに価格が安い中古車

相場が高いのに価格が安い中古車も購入を避けるべきです。

価格だけを見ればお得なので購入したくなる気持ちはわかりますが、このような車には必ず裏があります。

例えば修復歴が記載されておらず購入後にすぐ故障してしまったり、パーツの劣化がひどく購入後にすぐ取り替える必要があったりします。

その結果、購入の時点ではお得だったはずが、結果的に損をしたということになりかねないのです。

5:交渉以外で値引き!中古車を安く買う10のコツ

「中古車を値引き価格で購入したいけど、交渉をするのが苦手・・・」という方も購入者の中には少なくありません。

そこで5章では、交渉以外で中古車を安く買う10のコツを紹介します。

安く買うコツは、以下の10つです。

①車を売却して購入費に充てる
安く買える時期を狙う
金利の低いローンを選ぶ
残価設定クレジットの利用
ディーラーやレンタカー会社の車を買う
リセールバリューの高い車種を選ぶ
諸費用を節約する
人気のないカラーを選ぶ
モデルチェンジされた車を狙う
カーリースを利用する

今利用している車を売却したり、安く買える時期を狙えば購入費用を大幅に削減することができます。

それぞれの方法については下記記事にて解説を行っているので、少しでも中古車を安く購入したい方はぜひ本記事と併せてご覧ください。

参考記事:知らなきゃ損!車を安く買う10のコツと実際の購入手順を詳しく解説

6:高価買取で資金倍増!おすすめの一括査定サイト3選

5章では、交渉以外で中古車の購入費用を抑える方法を解説しました。
その中でも最もおすすめなのは、今利用している車を売却することです。

そこで最後に、ここまで読んでくれた方に高額買取が狙えるおすすめの売却方法をお伝えします。

その方法は、一括査定サイトの利用です。

一括査定サイトでは、あなたの車を複数の買取業者が同時に査定します。
査定結果は高額になりやすく、最も買取金額の高い買取業者に買取を依頼すれば、高額買取を実現させることができます。

ただし利用するサイトによって、査定結果は異なるので利用を検討している方はこれから紹介する以下3つの一括査定サイトを利用しましょう。

  • カーセンサー
  • ナビクル
  • ズバット車買取比較

上記サイトを利用すれば、安心して高価買取を狙うことができるので自分にあったサイトを選んで利用しましょう。

6-1:カーセンサー

カーセンサー

カーセンサーは、買取業者との提携数が1,000社を超えており、最大同時査定数も30社と規模が大きい査定サイトです。

カーセンサーを利用すれば、自分に合った買取業者を見つけることが簡単なので、満足のいく売却をすることができるでしょう。

6-2:ナビクル

ナビクル

ナビクルは、先ほど紹介したカーセンサーとは反対に提携数55社、最大同時査定数10社の規模が小さい査定サイトとなっています。

その代わりに他サイトよりも査定結果を早く知ることができるので、早く査定結果を知りたい方にナビクルはおすすめです。

 

6-3:ズバット車買取比較

ズバット車買取

ズバット車買取比較は他サイトとは異なり、カスタマーサポートチーム年中無休でサポート対応を行ってくれる査定サイトです。

一括査定サイトを初めて利用される方でも、わからないことがあればすぐに聞くことができるのでズバット車買取比較はおすすめです。

提携数も200社を超えており、最大同時査定数は10社とバランス感のとれたサイトになっています。

まとめ

本記事では、中古車を値引きで買う以下6つの方法を解説しました。

  • 車両価格を交渉する
  • 諸費用をなくしてもらう
  • 他店と競合させる
  • 各種サービスを無償にできないか頼む
  • 金額の上限を提示しておく
  • 今日購入する意思をみせる

元々安い中古車も値引き方法をつかうことで、さらにお得な値段で購入できます。

また交渉以外でできる車を安く買う方法もお伝えしたので、中古車をさらに安くお得に入れて財布に優しいカーライフが送れるようにしましょう。


車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)