6台購入してわかったヤフオクで車を買う真実!激安で購入きるが落とし穴も…?

ヤフオク 車 購入
       
啓太

ヤフオクで車を買うことに対して興味はあるけれど、「?」が多くてなかなか購入に踏み切れない。

このような方たくさんいるのではないでしょうか!

結論を先にお伝えします。

ヤフオクでの車購入は条件にこだわらなければ激安で車を購入できるおすすめの方法です。

かつて私もヤフオクで洋服や家具程度なら購入した経験がありましたが、車は条件良さそうなものがあっても眺めるだけで購入するところまでは至っていませんでした。

やはり中古車購入なら中古車販売店で購入、新車ならディーラーで購入と怖くて王道である方法で購入をしていました。

そんな時に会社で営業車が必要になったタイミングが出てきたので、以前から気になっていたヤフオクでチャレンジしてみようと思い今回のタイトルにある通り6台購入することになったのです。

プリウス(約7万キロ)

44万円で落札

アクア(約8.2万キロ)

35万円で落札

スペイド(約9万キロ)

42万円で落札

フィット(約7.5万キロ)

46万円で落札

プリウス(約12万キロ)

39万円で落札

インサイト(約9万キロ)

51万円で落札

営業車であることから「動く車であれば良い」ということがヤフオクで購入をするポイントでした。(カスタム車や、事故車、傷を修復していないなどの車が多く出品されています。)

そこでこのページではヤフオクで車を立て続けに6台を購入した経験を踏まえて、ヤフオクでの車の売買がどういったものなのかメリットから実際にあったトラブルまで全公開します。

ぜひヤフオクでの車購入に興味がある方はじっくり読んで参考にしてみてください。

ヤフオクで車を買うべき2タイプの人

まずお伝えしたいこと、それはヤフオクで車を買うことに向いている人です。

確かにヤフオクで激安価格で私は車を購入することができました。

ただやはりこれは自家用車ではなく「動けば良い」と考えたことがこの価格の要因です。

  • 自家用車ではなく営業車または商用車が欲しい人
  • 実車確認をしなくてもいいからとにかく急ぎで安く買いたい人

この2つの条件どちらかに当てはまる人はヤフオクでの車購入が向いています。ですので、このまま読み進めていくことをおすすめします!

逆にヤフオクで車を買うべきではない人は下記の通りです。1つでも「うーん…」となる点があればヤフオクではなく他の購入方法を検討するべきでしょう。

  • プライベートで利用する車
  • 必ず実車確認をしたい方
  • 急ぎで車が手元に欲しい方
  • ローンを利用したい方

1-1:自家用車ではなく営業車または商用車が欲しい人

自家用車であればある程度こだわって欲しい車を買いたいですが、仕事で使う車いわゆる営業車や商用車であれば動けば良いのでこんな時はヤフオクで車を買うことはベストな選択でしょう。

下記の通りヤフオクで購入した6台がありますが、プリウスやアクア、フィットなど営業車として使いやすい車種はたくさん出品されています。

営業車、商用車に向いている車は少ないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、この点については全く問題がないと断言できます。

プリウス(約7万キロ)

44万円で落札

アクア(約8.2万キロ)

35万円で落札

スペイド(約9万キロ)

42万円で落札

フィット(約7.5万キロ)

46万円で落札

プリウス(約12万キロ)

39万円で落札

インサイト(約9万キロ)

51万円で落札

1-2:実車確認をしなくてもいいからとにかく急ぎで安く買いたい人

ヤフオクで車を購入する場合、大半が個人の出品者から購入することになります。

ですので、実車確認をしたい場合その人が住んでいる近辺に行く必要があり、住んでいる地域によっては距離的に実車確認ができない可能性が大いに考えられます。

つまり、ヤフオクは実車確認ができないことが普通と考えられる人でなければ購入までに至ることは難しい購入方法なのです。

たとえ営業車や商用車であっても実車は見て判断したいもの…私もこの気持ちはありましたが、チャレンジだと思い実車確認をせずに購入してみました。

その結果やはりネット上に書いてある情報と齟齬が出る場面も多々ありましたが、購入していくうちに齟齬を最小限に抑えるコツも見つけたので次の章でこのコツやポイントについては詳しく紹介します。

実績から語る!ヤフオクに出品されている車の状態を見極める3つのポイント

前章で少し触れた通りヤフオクで車を購入するのであれば、実車確認はできないものだと考えるのが基本です。

と慣れば、ヤフオク上にある情報と調べた情報からその車両がどういう状態であるのか判断する必要があります。

私はここまででヤフオクで車を6台購入したと豪語していますが、実は6台購入するために計12回の取引を行っています。やはり条件が合わなかったり、出品者に問題があったりと数々の問題がありストレートには購入できなかったのです。

カローラ(約11万キロ)

落札したが連絡なし

オデッセイ(約13万キロ)

50万円で落札したが連絡なし

プリウス(約7万キロ)

44万円で落札

ベンツAクラス

80万円で落札したが連絡なし

アクア(約8.2万キロ)

35万円で落札

スペイド(約9万キロ)

42万円で落札

アクア(約10万キロ)

落札したが連絡なし

フィット(約7.5万キロ)

46万円で落札

プリウス(約12万キロ)

39万円で落札

ヴィッツ(約6.7万キロ)

落札したが連絡なし

ヴィッツ(約6.7万キロ)

再出品されており落札したが連絡なし

インサイト(約9万キロ)

51万円で落札

ただこの12回の取引で得られた出品者の見極め方、その車の状態の判断方法について3つのポイントがありますのでここでは各ポイントを詳しくお伝えします。

ポイント①:出品者の評価、状態

ヤフオク_コメント

まずヤフオク上に記載している情報が正しいのか、嘘ではないのか疑う必要があります。

そこで判断するポイントとして出品者の評価が大事です。

見るべき注目ポイント
  • 総合評価
  • 良い評価
  • 出品者地域
  • 取引者のコメント

取引回数が1回ではなく2回以上ある方で、良い評価が100%の出品者は信頼性が高いです。

ヤフオクの出品者の評価は3段階がありますが、その中でも一番下の評価である「非常に悪い・悪い」が1件でもつけられている出品者は注意しましょう。できればこのような出品者であれば、避けてオークションを選び直してください。

「非常に悪い・悪い」がつけられている=取引でトラブルがあった(記載情報と違ったなど)ことが原因であることがほとんどです。

ポイント②:入札数、ウォッチリスト数

出品者情報

入札数ウォッチリスト数はそのオークションに対する評価だと考えてください。

入札数が多いことは記載されている情報と出品者の情報が安全かつ安心できるオークションであることを示します。だからと言って、前述した出品者の評価を省くことはやめましょう。自分の目で出品者の評価は確かめましょう。

ウォッチリスト数は多ければ多いほど、価格がやすかったり目玉商品であることを指します。相場を調べなくてもどれくらいお得なオークションであるのかここである程度判断することができます。

ポイント③:車種の相場情報

販売相場

車種の相場情報をヤフオク上で調べることは難しいため、ここではカーセンサーを利用して相場情報を調べます。

ヤフオクでもヤフオクでの相場は調べることができますが、どうしてもヤフオクはオークションサイトであることから車種車両の正確な相場情報は調べることは難しいのです…

カーセンサーなら該当車種で検索をかけて、近い条件の車両を探し出しどれくらいが中古車の販売相場であるのかを簡単に調べることができます。

ヤフオクで販売されているからといって必ず安い価格で落札ができるとは限りません。

必ず購入検討する車がヤフオクにあれば、販売相場を調べて比較検討しましょう!

【トラブル防止】実際に取引時に起きたよくある4つの注意点を伝えたい!

実際にヤフオクで12回の取引を行い、6台車を購入してきた中で「これはトラブルの元だ!」と感じた注意点が4つありました。

事前に知っておくことでトラブルが起きてしまうことを防止し、より良い取引ができます。

ここまでの内容で「ヤフオクで車買うのありだな!」と思った方はここで紹介する4つの注意点も合わせて把握しておきましょう。

3-1:落札後に連絡がこない

普通であれば「落札=購入確定」ですが、ヤフオクの場合は落札をしても気を抜いてはいけません。

私は12回ヤフオクで車の取引を行ってきたとお伝えしていますが、そのうち6回は落札したけどその後連絡がこなかったパターンでした。

落札をしても、出品者が落札価格に納得できなかったのでしょう。

あまりにも一方的な連絡遮断ですが、これがヤフオクで車を購入する際についてくる1つ目の注意点なのです。

出品者は高く売りたい、私たち入札者はできるだけ安く落札をしたい。この環境下で取引を行うので、出品者も希望価格とはかけ離れていたなど納得できない点があるのでしょう。

落札後に連絡を巻いてしまうのはヤフオクを含めオークションサイトのタブーです。しっかりペナルティが出品者にふりかかりますので、これで私たち側も納得してあげましょう。どうこう足掻いても状況は変わりません。

3-2:記載していた車両情報と”若干”違う

前章でお伝えした見極めのポイントを知らなければ、落札後いざ車を引き取ったら出品情報に記載されていた車両情報と実際が違った。

このようなトラブルに陥ってしまいます。

ここは経験者の私の意見ですが、”若干”程度なら許すのがヤフオクでの車購入です。シートに少しのシミなどの汚れなどは清掃すれば落ちるケースもありますので、今日範囲をできるだけ広く持っておくことを忘れないようにしてください。

例えば記載のなかった傷や、記載していた走行距離と100キロ以上差がある場合は若干の違いではないので取引ナビを通して異議申し立てをしましょう。

記載情報との差が大きい場合は詐欺としてヤフオクもサポートに入ってくれることもあるようです。

3-3:支払い方法によっては落札時に手数料が発生

ヤフオクでは落札者にも支払い方法によって手数料が発生します。

少しでも安く抑えたい方は下記票を見ながら支払い方法を選びましょう。

振込金額(税込)3,000円以内3,001円~6,000円6,001円~10,000円10,001円~30,000円30,001円以上
PayPay151円203円304円振込金額の5%
クレジットカード101円206円312円振込金額の5.5%
PayPay銀行0円
コンビニ支払い151円203円304円振込金額の5%
銀行振込0円(別途金融機関の振込手数料がかかります。)
Tポイント0円

※参照:手数料一覧|ヤフオク

ヤフオクで購入した車でもマイカーローンなどローンで購入することも可能です。ただ、ローンで購入した場合ローン会社によって手数料(金利)がかかってきます。せっかく激安価格で購入できるので、無駄な手数料や金利は省いて購入することをおすすめします。

3-4:各手続き、申請を行う必要がある

中古車販売店やディーラーで購入する場合は、委任状を提出することで自賠責保険や売買契約書作成などありとあらゆる手続きや申請の代行を行ってもらえますが、ヤフオクで車を購入する場合、基本個人間の取引になりますのでこれら手続きと申請を自分で動く必要があります。

陸運局に行って、駐車場を探して車庫証明を取って…となかなか忙しいので少しの覚悟と知識を持っておくことをおすすめします。

この動きが出てくることを知らずにヤフオクで落札をしてしまうと、絶対に焦ってしまうので事前準備を忘れないようにしましょう。

次の章でヤフオクで車を購入する手順について1つ1つ手順をおって解説していますので、ぜひ参考にしてください。

ヤフオクで車を買うなら確認必須!失敗しない事前準備〜購入完了後までの流れ

手順1:Yahoo!アカウントを作成

手順2:購入検討する車を探す(ウォッチリストに複数車ためておく)

手順3:出品者情報、車両情報をみて検討(2章を参考)

手順4:入札

手順5:落札

手順6:取引ナビにて連絡を取り、支払い

手順7:陸運局にて名義変更、車庫証明を取得、印鑑証明書を取得

手順8:車を受け取りにいく(乗って帰るならコンビニ1day保険)

手順9:自賠責保険など各種変更手続き

購入経験からわかった!「高額売却はヤフオクでは実現不可能」

ここまでヤフオクで私が車を購入した経験から、ヤフオクの良さから注意点、そして購入手順まで詳しくお伝えしてきました。

実はヤフオクで車を購入した経験から分かった事実がもう一つあります。

それがヤフオクは車の高額売却を実現させるための方法には向いていないことです。

「注意点」の章でお伝えしましたが、売却したい方は高く売れることを狙ってオークション形式で売却ができるヤフオクを利用して販売をするわけですが、やはり納得のいく希望価格前後にならないと手放すことを決断しません。

超人気車種である現行のメルセデスベンツG63のような車であれば相場以上の価格がつくかもしれませんが、大半の車は相場以下で取引されます。

タイトルにしている通り、激安価格で車を購入できるのがヤフオクです。ということは逆に売却する側はあまり高額な売却は期待できないことが言えます。

5-1:高額売却なら一括査定×買取を使え

「とにかく高額売却を狙いたい!」

こうお考えの方は一括査定と呼ばれるサービス、仕組みを活用して買取業者を探しましょう。この一括査定を利用することここそが高額売却の秘訣です。

関連記事:車一括査定についてどこよりも詳しく解説!おすすめサイト5つも紹介

一括査定を提供するサイトはいくつもありますが、その中でもずば抜けたサービスを展開しているのがカーセンサーになります。

私たち車一括査定ランキング7では、カーセンサーを実際に利用して車を売却しました。この結果やはりカーセンサーを利用して買取業者を探すことで最高の結果が得られたのです。

これから車の売却を検討している方は、合わせて下記記事もぜひご覧ください。

5-2:カスタム車、改造車ならヤフオク利用をおすすめ

ヤフオクで車を売却することはおすすめしないとお伝えしましたが、純正オプション以外でカスタマイズをしているカスタム車や改造車は一括査定を利用するよりも、ヤフオクで売却を行うことで高額売却を狙える可能性があります。

純正オプション以外で車をいじっていることは、買取業者やディーラーでの査定でマイナス評価です。

「このカスタム総額は300万円かかった」と査定士や担当スタッフへ伝えたとしても、査定はプラスに動きません。反対に黙っておいた方が少しでも高く査定をしてくれることでしょう。

ですので、カスタムカーが好きな方を狙って共感してもらい購入してもらうために、ヤフオクの方が売却方法としておすすめなのではと考えています。

5-3:部分部分の車パーツの売却ならオークションは便利

車自体をヤフオクで売却を行うと、高額売却は難しいとお伝えしましたが、車の各パーツは値段がつきやすく、購入者も多くいます。

カーナビ、チャイルドシート、フロアマットなど各パーツはヤフオクでの売却をしてみてください。

それこそ買取業者やディーラーはパーツごとの買取はしてくれませんのでパーツのヤフオク売却はとてもおすすめです。

まとめ

ヤフオクで車を6台購入した結果、全ての車が激安価格で内容も満足ができるものだったので今回興味がある方へ向けてこの記事を書きました。

ヤフオクで車の売買をしたことがある方は少ないと思いますが、「ヤフオクで車が出品されている!」と気になっていた方はきっと多いはずです。まさに私も最初はそうだったので今回の営業車が必要になったタイミングでヤフオクを使い購入をしてみました。

  • 自家用車ではなく営業車または商用車が欲しい人
  • 実車確認をしなくてもいいからとにかく急ぎで安く買いたい人

これらの条件に当てはまる方はぜひヤフオクで車を探してみてください。必ず激安価格で車が手に入ります。ただし、ヤフオクで車を購入することにおいて、少し諦める場面が必要だったり、寛容にならなければいけなかったりします。ここをクリアできれば中古車の激安購入がヤフオクでは簡単に実現できます。

これから中古車購入を検討している方はヤフオクは1つの引き出しとして考えてみてください!


【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)