rank_bana_img
 
   soudankai_bana_img

トヨタkintoの評判・口コミは?高すぎる・距離制限などを網羅的に調査!

kintoの評判と口コミ
       
たかまさ
Follow me

トヨタkintoはよく聞くサブスクサービスだけど、口コミや評判は良いの?と思っていることでしょう。

そこで今回の記事では、トヨタkintoの評判や口コミを徹底調査した結果をお伝えしていきます。

気になる情報全てを網羅的に解説しているのでぜひ最後まで見てみて下さい。

このページの目次

トヨタkintoの基本情報

まずトヨタkintoの基本情報から確認していきます。
ここで紹介するトヨタkintoの基本情報は以下の通りです。

  1. kintoの会社情報
  2. kintoを利用して乗車できる車種について

それでは、早速解説していきます。

kintoの会社情報

kintoはトヨタのkintoと言われますが、親会社がトヨタグループなだけで、子会社として存在しています。
下記に基本的な会社情報を記載しました。

会社名株式会社KINTO
代表取締役小寺信也
事業内容自動車リース業、その他付随する業務
所在地愛知県名古屋市中村区名駅四丁目8番18号

名古屋三井ビルディング北館 14F
審査保証会社トヨタファイナンス株式会社

基本的な業務内容は車のサブスクリプションサービスとして展開されています。

また18歳以上で運転免許を所持している場合には誰でも利用できます。

審査の保証会社はトヨタファイナンスが担当していて、自社内での審査となるため甘いという判断がされています。

トヨタのローン審査について詳しく知りたい方は以下の記事を見てみて下さい。

kintoを利用して乗車できる車種は?

ではkintoを利用して乗車できる車種にはどのようなものがあるのでしょうか。
kintoのサブスクサービスで提供されている具体的な車種は以下の通りです。

kintoのサブスクサービスで提供されている具体的な車種は以下の通りです。

レクサス
ルーミー
ヤリス(GR・クロス)
パッソ
RAIZE
プリウス
カローラ(ツーリング・スポーツ・クロス)
アクア
GR86
ヴォクシー
C-HR
ノア
シエンタ
プリウス
ハリアー
RAV4
ランドクルーザー
アルファード
ヴェルファイア
クラウン
カムリ

2022年1月末時点情報のため、詳しくは以下の公式HPから会員登録して車種を選び、見積もりを出してみましょう。

人気車種であればあるほどラインナップに加わる確率が高いので、公式HPに記載されていない車種であっても一度問い合わせをすると良いです。

kintoの良い評判や口コミを調査してみた

トヨタの車サブスクサービスkintoの基本情報が分かったところで、良い評判や口コミを調査した結果をお伝えしていきます。
kintoの良い評判や口コミは以下の通りでした。

  1. 月々の支払いが安く済む
  2. タイヤ交換などのメンテナンス費用が無料
  3. 愛車の買い替えを頻繁にする人におすすめ
  4. 新卒や社会人経験が浅い人でも車が持てる
  5. ハイブランド車種も乗車できる可能性が高い

それぞれ詳しく解説していきます。

月々の支払いが安く済む可能性が高い


kintoのサービスは、月々の支払いが安く済む可能性が高いです。

なぜなら、3年間の期間限定契約だと、愛車を購入するよりもずっと安い値段で乗車できるからです。

kintoの最低契約金額は月々1万円台からで、月々の出費を抑えながら車に乗りたい場合は真っ先に検討すべきサブスクサービスです。

タイヤ交換などのメンテナンス費用が無料


また一昔前の車リース契約ではタイヤ交換やメンテナンス費用が借主側の負担でしたが、トヨタのkintoは月額支払金額に含まれています。

トヨタ車正規ディーラー店に持ち込んでのメンテナンスとなるため、安心して愛車を預けられます。

仮にタイヤ交換やメンテナンス費用などが借主側の場合になるカーリース契約をしている場合には、多大な出費となるので必ずチェックしておきましょう。

愛車の買い替えを頻繁にする人は特におすすめ


トヨタの車サブスクサービスであるkintoは最低契約年数が3年と短めに設定されており、愛車買い替えを頻繁にする場合におすすめです。

この理由は、愛車買い替えした場合ローン残債が残る可能性があり、月々の支払い額が大きくなる恐れがあるからです。

例えば、愛車の下取りサービスを使ってしまうと、新車の価格は安くなりますがローンの支払いに充てる金額が安くなってしまう可能性もあります。

このような場合に、ローン残債+新車ローンの支払いといった構図ができてしまい支払いが苦しくなります。

しかし、トヨタkintoであればローンの考え方がないため、精算が終わればすぐに次の愛車に乗車でき、新しく提示された月々の支払い金額を支払えばいいだけです。

新卒や社会人経験が浅い人でも車が持てる


新卒や社会人経験が浅い場合でも、kintoであれば月々の支払額を抑えながら車に乗車できます。

新卒段階や社会人経験が浅いときには、残業なしで手取り20万円というのが大体の相場です。

そこから、毎月愛車のために5万円近くの支出があるとかなり生活が苦しくなります。

一方、トヨタkintoであれば月々1万円台の支払いとなるため、十分生活に余裕ができます。

これらの理由から新卒や社会人経験が浅くてもトヨタのkintoを使えば、誰でも簡単に新車を持てるという訳です。

ハイブランド車種も乗車できる


最後にトヨタkintoの取り扱い車種の項目で一覧表を作成しましたが、ハイブランド車種も取り扱われています。

そのため、ライフステージに合わせて愛車を乗り換えながら、収入がアップしたら無理なくアップグレードできます。

基本的にハイブランド車種を維持しようと考えると毎月莫大なお金がかかってしまうので、無理して購入するよりも無理せずカーリースを選択した方が良いでしょう。

kintoの悪い評判や口コミを調査してみた

kintoの良い評判や口コミについて調査した結果をお伝えしましたが、もちろん悪い評判や口コミもあります。
具体的な悪い評判や口コミは以下の通りです。

  1. トヨタkintoは高すぎるのではないか
  2. オプション料金がかなり高い
  3. 走行距離制限が辛い
  4. 中途解約に料金がかかるから辛い

それぞれ詳しく解説していきます。

トヨタkintoは高すぎるのではないか


トヨタkintoの悪い口コミ・評判その1は、月額料金が高すぎるのではないかです。

この背景には、「月額料金が1万円台といっても他の車種はどうなの?」と疑問に感じている可能性があると言えます。

例えば、kintoのレクサスに乗りたいと考えて、見積もりを依頼すると10万円以上してしまいます。

その他にも新車として購入できるとステータスになる車は総じて月額料金が高い傾向です。

ただし、実用性重視であれば1万円台でリース契約できる車ばかりなので、高すぎるという意見は考えなくても良いでしょう。

違う角度でトヨタkintoを分析した結果も記事後半で解説しているので、そちらも参考にして下さい。

オプション料金がかなり高い


続いてトヨタkintoの悪い評判や口コミとして、オプション料金がかなり高いという意見もあります。

このオプション料金が高いという意見に関してはその通りであると言わざるを得ません。

なぜなら、トヨタkitoで一番安い金額を提示しているルーミーでも、オプションにこだわれば月々の支払い金額が1万円程度変わってしまうからです。

具体例を表で示すと以下の通りです。

ルーミXGAS1.0L2WD5人乗りルーミーカスタムGGAS1.04WD5人乗り
月額18,810円月額26,070円

※3年契約での比較

上記表のようにグレードアップすれば、月額料金は1万円近く上がってしまうため年額で12万円もの違いがあります。
ただし、この金額を支払うかどうかはグレードによって異なるため、所得が少ないうちはグレードの低い車両に乗るといったルールを課しておけば問題ありません。

走行距離制限が辛い


また、kintoの悪い評判や口コミに走行距離制限が辛いという意見があります。

kintoは一律月間1,500kmの移動制限が課されているため、一見すると少ししか使えないと思ってしまいます。

しかし、この走行距離制限は十分すぎるほどあることを知っていますか。

仮に出勤用に愛車を使うだけなら、月間で300km以下の走行距離で済みます。

このように一般的な車と比べると走行距離制限は辛いと考えがちですが、数字に置き換えてみるとほとんど必要ないのが分かります。

中途解約に料金がかかるから辛い


最後に中途解約に料金がかかるから辛いという評判や口コミも多いです。

この点に関しては、一部真実であり反論できる点も存在します。

まず、トヨタkintoで初期費用フリープランを選んだ場合、特別な事情がない限り契約年数を経過しないと違約金を支払わなければなりません。

一方、初期費用はかかりますが解約金フリープランを利用すれば違約金は発生しません。

このようにトヨタkintoではユーザーニーズに合わせて、柔軟に運用できるプランが揃っているのであなたのニーズに合わせたプランを選択しましょう。

kintoの悪い評判・口コミの月額料金高すぎる問題を車購入と徹底比較

さて先ほどの項目中にお伝えしていますが、kintoの悪い評判や口コミ中に月額料金が高すぎるといった問題がありました。

よく聞かれる質問のため、以下の表で明確にkintoの方が3年限定であれば安い事実を提示します。

トヨタルーミー(3年総額)kinto現金一括
サブスク支払い約133万円なし
購入費用なし約155万円
保険料なし約32万円
車検費用なし約15万円
車税なし約8万8,000円
合計約133万円約210万円

※トヨタルーミーXGAS1.0L2WDで試算

現金一括とkintoでルーミーをサブスク契約した場合ですが、およそ100万円の差が出ています。

この結果から、3年限定であればkintoの方がよりコスパよく愛車に乗れる事実があると断定できます。

より詳しくローンやノンバンク融資を使った場合を知りたい場合には以下の記事が参考になるので見てみて下さい。

kintoの評判・口コミを聞いて月額料金が高いと感じたら他のサブスクを検討!

ただ、どうしてもkintoの評判や口コミを聞いて月額料金が高いなと感じるのであれば、他のサブスクサービスも検討してみましょう。

例えば、kintoのサブスクとよく比較されるピタクルや定額カルモくんで比較した表をあげると以下の通りです。

3年5年7年
KINTO48,18044,80042,350
ピタクルプランなし43,23040,700
カルモくん55,66043,39039,540

※トヨタRIZEの一番高いグレードで比較

短い期間での利用であれば、kintoが優勢です。

しかし長い年数の契約になると、ピタクルやカルモくんが優勢になります。

同じ車種であっても扱うリース外車が変われば、支払う金額の月額料金が大きく変わるので比較検討は大事です。

トヨタkintoの評判・口コミから分かるメリット7選

ここまでトヨタkintoの評判や口コミを調査した結果をお伝えしてきましたが、調査結果を紐解いたところメリットが7つ見えてきました。
トヨタkintoを利用する具体的なメリットは以下の通りです。

  1. 任意保険や車両整備などの諸費用がコミコミ価格
  2. 頭金は必要なし
  3. 連帯保証人も必要なし
  4. 解約金フリープランを使えば違約金が必要ない
  5. 急な海外転勤にも対応してくれる
  6. 申込みをWebかディーラーで選べる
  7. クレジットカード支払いが可能

それでは、詳しく解説していきます。

kintoメリット①:任意保険や車両整備などの諸費用がコミコミで1万円台から新車が乗れる

まずトヨタの車サブスクkintoのメリット1つ目は、任意保険や車両整備の諸費用がコミコミ1万円台で済みます。

全て合わせた月額費用が1万円台であっても新車に乗れる点は大きなメリットです。

新車の費用に関しては、先ほどの項目で詳しくお伝えしましたが、現金一括とkintoを比較したところkintoの方が100万円ほど安くなりました。

kintoメリット②:頭金は必要なし

またkintoには頭金が必要ありません。

初期費用無料プランを選択すれば、頭金を納入せずに乗車でき快適なカーライフを実現できます。

ただし、初期費用無料プランでは自己都合の解約に違約金が発生してしまうため十分な注意が必要です。

kintoメリット③:連帯保証人が必要ない

次にkintoのカーリース契約では連帯保証人が必要ありません。

携帯電話の契約時にも保証人が必要なのに、保証人なしで契約してくれるサブスク会社は貴重であるといえます。

また、連帯保証は法人契約の場合に必須となる点には注意しましょう。

kintoメリット④:解約金フリープランを使えば違約金が必要ない

kintoのメリット4つ目は、解約金フリープランを利用した場合、違約金が発生しない点です。

悪い口コミや評判の項目でお伝えしましたが、kintoには初期費用フリープランと解約金フリープランがあります。

もし、あなたが自由に愛車を乗り換えたいときには、初期費用フリープランではなく解約金フリープランを利用しましょう。

kintoメリット⑤:急な海外転勤にはきちんと対応してくれる

急な海外転勤にはきちんと対応してくれるのもkintoを利用するメリットです。

なぜなら、昨今の日本企業ではいつ海外転勤や県をまたいだ移動があるか分からないからです。

新卒入社して転勤はないと聞いていたが、会社の方針転換でいきなり海外転勤が始まったといった事例は良くあります。

そこもkintoはきちんと対応してくれ、たとえ初期費用フリープランであっても自己都合によらない解約の場合は違約金が発生しません。

kintoメリット⑥:申込みがWeb完結!不安ならディーラー店でも対応してくれる

トヨタkintoは申込みが全てWeb完結できる点と不安ならディーラー店でも対応してくれるのがメリットとしてあげられます。

愛車をサブスクで購入すると言っても支払う金額は大体100万円を超えてくるので、大きな出費になるのでWebだけで完結するのは不安に思う場合もあります。

ただ、kintoは自宅付近の正規ディーラー店経由で契約ができるため、Webで不安な場合はディーラーにも頼れる点は覚えておきましょう。

kintoメリット⑦:クレジットカード支払いが可能

kintoのメリット最後はクレジットカード支払いが可能な点です。

なぜクレジットカードが支払いが大事なのかというと、支払金額が大きくなってポイントキャッシュバックも大きくなるからです。

具体的な例を示すと、以下の表のようになります。

kinto現金楽天カード
金額約133万円なし約1万3,000円分バック

例えば、楽天カードを利用してkintoの支払いをしていると、3年間で約13,000円のキャッシュバックが付いてきます。

また、給油に楽天カードのようなどこでも使えるクレジットカードを利用すればどうでしょうか。

平均的な給油量はおよそ月に6,000円とされており、3年間で2,100円分のポイントがキャッシュバックされます。

車に乗るだけで約15,000円もキャッシュバックされるので、使わない手はありません。

トヨタkintoの評判・口コミから分かるデメリット3選

kintoの評判や口コミから分かるメリットに続いて、デメリットを紹介していきます。
トヨタkintoの評判や口コミを調査した結果分かったデメリットは以下の3点です。

  1. 月々の支払いが重くなる可能性がある
  2. 買取が不可能
  3. 契約年数が3年からと少し長め

それでは、早速解説していきます。

kintoのデメリット①:月々の支払いが重くなる可能性がある

kintoのデメリット1つ目は月々の支払いが重くなる可能性がある点です。

この理由は、ハイグレードの車種を選んだり、支払い方法でボーナス一括払いを使わなかったりなどの間違った利用方法をしているからです。

例えば、月の手取りが20万円であれば、ルーミーの最低クラスを使い、徐々に手取り年収が増えれば3年ごとにグレードアップしていく方法を使うと良いでしょう。

kintoのデメリット②:買取不可

またkintoのデメリットとして買取不可な点もあげられます。

kintoのリース契約はオープンエンド方式ですが、残念ながら残価を全て支払って愛車を買い取れません。

もしあなたが愛車買取まで見据えてリース契約したいなら、定額カルモくんを利用しましょう。

kintoのデメリット③:契約年数が3年からと少し長い

最後に契約年数が定額カルモくんが1年に対して3年からと少し長いこともkintoのデメリットです。

このデメリットは、すぐに乗り換えたい場合は定額カルモくん、長いスパンで使って費用を抑えたいならkintoという風に使い分けると良いでしょう。

kinto口コミ・評判から分かるおすすめする人

ここまでメリット・デメリットをお伝えしてきましたが、kintoを使った方が上手くいく場合はどうでしょうか。
調査した結果を簡単にまとめると以下の通りです。

  1. 少し長くても月額費用を抑えたい人
  2. 充実したカーサービスを受けたい人
  3. 先々徐々にグレードアップした車種に乗り換えたい人

上記3点を満たす場合であれば、kintoを使うとかなり満足度が高まります。

一方、愛車のオーナーになりたい場合は、kintoを選ぶと満足度が低くなってしまうので注意が必要です。

kintoの口コミ・評判から分かるおすすめしない人

続いてkintoの口コミや評判調査から分かったおすすめしない人は以下の特徴があります。

  1. 愛車オーナーになりたい人
  2. 1年という長短期スパンで乗車したい人
  3. 中古車のサブスクがいいと感じる人

kintoは繰り返しお伝えしていますが、購入ができず契約期間も3年からとなっています。

そのため、誰もが絶対にkintoで満足できることはありません。

特に上記3点の特徴がある場合は、「定額カルモくん」を一度検討してみましょう

kintoの評判・口コミを見て審査を受けたいと思ったら簡単4ステップ!

kintoの評判や口コミを見て審査を受けたいと感じたら、以下の4ステップで契約を進めていきましょう。

  1. 車種ラインナップから好みの車を選ぶ
  2. 入力内容を確認する
  3. 近くの受け取り・メンテナンス店舗を選ぶ
  4. お客様情報や勤め先情報などを入力する

それでは、誰でもできる簡単なステップを解説していきます。

車種ラインナップから好みの車を選ぶ

まず以下のリンクから車種のラインナップを選びましょう。

リンクをたどると、以下の画像のような画面に移ります。
kintoの画面(その1)
契約期間やボーナス払いの項目を確認しながら、あなたに合った最適の月額料金になるように調整して下さい。

入力内容を確認する

kintoの画面(その2)
グレードやオプションを選択すると月額使用料が変わるため、必ずチェックしながら最下部に移動します。

すると上記のように見積もり一時保存と次へというボタンが表れます。
kintoの画面(その3)
次へのボタンを押すとさらにオプションを選択する画面が表れて、最下部にも次へのボタンがあります。

問題がなければ、次へを押して下さい。

近くの受け取り・メンテナンス店舗を選ぶ

kintoの画面(その4)
オプション料金を確定すると最終見積もりが出てきて、先ほどと同様に問題がなければ次へをクリックします。
kintoの画面(その5)
すると最終確認が終わり、ご利用になる販売店と選択という画面に遷移します。
あなたの最寄りカーディーラーや使いやすいショップを選択し、以下のボタンをクリックして下さい。
kintoの画面(その6)

お客様情報・勤め先情報などを入力する

kintoの画面(その7)
最後にお客様情報や勤め先情報などを入力する項目があるため、公的な書類に記載されている内容をそのまま記載すれば申込みが完了します。

kintoの評判・口コミを調査したら分かったよくある質問

最後にはkintoの評判や口コミを調査して分かったよくある質問に回答していきます。

保険の等級は引き継げますか

残念ながら保険の等級は引き継ぎできません。
ゴールド免許かつ年齢が30代以上となると保険料も安くなるため、少し不満に感じる場合もあります。

kintoの審査は厳しい・甘い?

kintoの審査は厳しいと甘いの中間です。

トヨタファイナンスが直接審査するため、銀行ローンよりは甘く、地方のカーショップ独自のローン審査よりは厳しいという印象です。

kintoは頭金がいるという記事を見たけど

kintoで頭金が必要なのは解約金フリープランのみです。
初期費用フリープランでは必要ありません。

kintoの審査基準で貯金は見られるの?

kintoの審査基準で貯金を見られる可能性は圧倒的に低いです。

なぜなら、審査項目に貯金額は記載されていないからです。

ただし、収入に関しては通常のローン審査と同様に見られるため十分に注意しましょう。

kintoは中古車の利用ができますか

kintoは新車を扱うサブスクサービスのため中古車の取り扱いはありません。
中古車サブスクサービスを利用したいなら、定額カルモくんを検討しましょう。

kintoの契約形態を教えて下さい

kintoの契約形態はオープンエンド方式です。
オープンエンド方式は、残価を支払って買取ができますが、残念ながらkintoでは実施されていない点に注意しましょう。

kintoは車庫証明が必要ですか

kintoは車庫証明が必要です。
自宅にkintoとリース契約した愛車を置く場合、登録を自ら行う必要があります。

まとめ:kintoの口コミ・評判はおおむね良好!それでも不満が残るなら…

今回の記事ではkintoの口コミや評判について、詳しく調査した結果をお伝えしてきました。

結論は口コミと評判はおおむね良好のため、多くのユーザーが満足できるサブスクサービスであると言えます。

ただし、中古車のサブスクや買取となってくるとkintoでは対応できないため、定額カルモくんを検討してみてください。


車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)