ホンダがEV時代に向けて新しい充電サービスを開始

ベンリー イー
       
たかまさ
Follow me

EV車には環境に優しく、静穏性が高い快適な車内空間などのメリットもありますが、デメリットの1つに「充電」があります。

ガソリン車では給油は数分で終わりますが、EV車は30分ほどかかってしまう上に充電可能な施設にも限りがあるでしょう。

しかし、ホンダがインドで2022年前半から開始するサービスはバッテリーのデメリットを解決する可能性を持っていますよ。

Benly e:(ベンリー イー)

ホンダは10月29日に2020年前半から着脱式可搬バッテリーを使用しているインドの電動三輪タクシー(リキシャ)を対象にしたバッテリーシェアリングサービスを開始します。

このサービスは設置されたバッテリー交換ステーションで、残り使用量が少なくなったバッテリーを満タンに充電されたバッテリーと交換できるサービスです。

ホンダは現地法人を設立して事業を始めていく予定でリキシャメーカーと協力しながら、運用開始を目指します。

新しい充電サービスはスタンダードになるのか

サービスで使われる着脱式可搬バッテリー「モバイルパワーパックe:」は30台のリキシャで20万㎞以上も営業走行を行って、実際に事業化できるのかチェックを行いました。

サイズは約298mm×177.3mm×156.3mm、重量は10kgでハンドルもついており片手でも持ち運びが可能になっており、スムーズに交換を行うことができます。
リキシャには4つのバッテリーが搭載されていて、テスト走行では走行可能距離は40km程度になっていました。

交換ステーションを最適な場所に設置することができれば、バッテリー残量を気にすることなく走行することができるでしょう。

また、インドネシアやフィリピンの実証実験で使用したバッテリーを回収して中古バッテリーの品質安定に向けても動き出しています。
インドでは経済発展の影響で大気汚染が深刻な社会問題になっている国で温室効果ガスの削減に力を入れています。

今回の発表されてサービスの運用が順調に行くと、新しいスタンダードとしてインドでのシェアを増やしていきそうですね。
また、ホンダは騒音問題になりがちな工事現場機材で「モバイルパワーパックe:」が使用できるように大手メーカー・コマツと共同で開発を進めています。

充電の手間の改善は利便性を格段に向上

「技術のホンダ」と言われるだけあって、素晴らしい開発力を持っているのだと改めて感じる発表でした。

EV車を運用するうえで大きなデメリットであった「充電」問題を解決できるサービスになると思うので非常に今後が楽しみなサービスですね。


※ ページ上部画像の出典
本田技研工業の広報発表ニュース


車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)