rank_bana_img
 
   soudankai_bana_img
 ※当ページでは筆者が実際に利用もしくは取材し良質と感じたサービスの広告を掲載

このまま実践したら大丈夫!車売却の基礎から高額売却をするための方法まで公開

車 売却
【コンテンツ監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)
           
    啓太

    車の売却を行う上で、最高の条件を実現させる方法を知っていますか?

    車の売却は普段の生活の中で頻繁に起きる出来事ではないため、そこまで車の売却に関する知識を持っている方は少ないものです。

    「買取」「下取り」「オークション」「個人間売買」といった大きく4つの方法があり、まずこの中でどの売却方法を選ぶべきなのか。ということですら迷う人がほとんどでしょう。

    結論、高額売却を狙うのであれば「買取」、車の乗り換えなら「下取り」、純正以外のカスタマイズを施しているのであれば「オークション、個人間売買」というようにあなたの状況によって選ぶ売却方法は変わります。

    車の売却を考えた時、満足のいく条件を実現するためには何よりも最適な売却方法を見極めることが賢明なのです。

    今回は車の売却をお考えの方へ、売却方法とその選び方を中心にお伝えします。

    売却に必要な書類、売却金額を少しでもUPさせるためのコツまでお伝えしていますので、ぜひ最後までご覧ください!

    4つの車の売却方法!状況によって選び分けが重要

    車の売却を考えた時どんな売却方法が思いつくでしょうか?

    売却方法としては大きく4つあります。

    4つの売却方法
    • 買取
    • 下取り
    • オークション
    • 個人間売買

    これらの売却方法はどれが良いのかと言われても断言することはできません。

    なぜならどの売却方法にもメリット・デメリットがあり売却する車の状況や、車の所有者の状況によってベストと言える売却方法は異なるからです。

    そこで車の売却を考えた時に第一ステップとなる売却方法の選び方について、初めのこの章でお伝えしていきます。

    1-1:何よりも高額売却に拘りたいなら「買取」

    車の買取専門業者に車を買取してもらうのが「買取」という売却方法です。

    アップルやカーセブン、ガリバーといった名前を出せばピンとくる方は多いのではないでしょうか?こういった買取業者で車を売却することがどの売却方法よりも高額で売却することができます。

    一番シンプルで誰でも思いつく売却方法ではありますが、売却金額に拘りたい方は選ぶべきベストな方法なのです。

    1-2:日々の生活に車がないと困るという方は「下取り」

    買取と下取りを一緒だと勘違いしている方も少なくないでしょう。

    実は全然内容が異なります。買取は買取業者で査定をしてもらうのに対し、下取りは基本的にディーラーで査定をしてもらい売却へ進んでいきます。

    そんな下取り最大のメリットは、次の車が納車されるまで今の車を手放さなくて良いことです。買取より売却金額が落ちる傾向にありますが、普段の生活で車が必要不可欠であるという方は車がない状況ができない下取りはとてもおすすめの売却方法になります。

    1-3:純正以外のオプションやカスタマイズしている車は「オークション」

    車の売却は実車査定を査定士にしてもらい、売却金額が決まります。

    この査定に不利とされているのが純正ではないオプションの搭載やカスタマイズしている車です。

    はっきり言って減点と判断され、売却金額に影響されるケースがほとんど。「マフラーにこだわっている」「全体で100万円以上かけてカスタムしている」というこだわりがあってもどうしても減額は免れないでしょう。

    ただし、そのカスタマイズを気に入ってくれる方はオークションだと見つかるかもしれません。買取や下取りのように査定基準に則って車を判断されないため、共通の趣味やカスタマイズの内容を気に入ってくれた方が入札・落札をする可能性があります。

    1-4:言い値で売却できる可能性がある「個人間売買」

    個人間売買は、その名の通り業者やサイトを通さず個人同士で売買を行う売却方法です。

    この方法のメリットとしては、直接購入者と話ができるので言い値で売却できる可能性があること。また、純正以外のオプションや過度なカスタマイズがあったとしても合意の上であれば減点、減額とならないこともメリットになります。

    今回4つの売却方法として紹介してきましたが、正直個人間売買はおすすめではありません。まず第一に売却金額が高額になる可能性が限りなく薄いという点や、売却時における手続きが自分で行わなければならないという手間がとても懸念されるポイントです。ここまでで紹介してきた3つの売却方法だと基本的に売却までの手続きは代行をして行ってくれます。こういった面でも個人間売買はおすすめではないとお伝えしています。

    車の売却で損しないために知っておきい2つの知識

    車の売却方法については理解でき、自分がどの売却方法を利用することがベストなのか判断ができたはずです。

    しかし、まだ安心しないでください。

    売却方法が決まったといえ、まだ第一ステップにすぎません。車の売却では知識不足で、売却金額を損してしまうことが多々あります。知らなかったというだけで損をするのは本当にもったいないです。

    車の売却方法が決まったら、動く前にここで紹介する2つの知識は必ず把握しておくようにしましょう。

    2-1:車の売却相場

    あなたの車はどれくらいの価値が相場なのか知っているでしょうか?

    売却相場を把握しておかなければどの売却方法を利用しても、損をしてしまう可能性が考えられます。少しでも高く売却したいと思っている売却側ですが、買取する側や購入する方は少しでもお得に買取したいと考えています。

    この時相場を知らなければ、相手の提示額で合意をしてしまい結果損をしてしまう可能性があるのです。

    多くの方はネットで出ている相場情報をみてそれが自分の車の売却相場だと思っているはずです。確かに当てはまることもありますし、1つの参考額としてみておくことは間違っていません。

    よく考えてみてください。

    自分の車と同車種の車は世の中にたくさんありますが、同じグレードで同じ走行距離、同じブレーキの状態なんて車は存在しませんよね。自分の車の売却相場は複数社から実際に見積りをしてもらわなければ分からないものなのです。「一括査定」を利用することで複数社からの見積りはすぐに集めることができます。車の売却方法が決定したらまず”リアル”な売却相場を調べておきましょう。

    2-2:1日でも早く売ること

    車の価値は1日1日落ちていることを意識しておきましょう。

    車を売却しようかなぁと少しでも考えているのであれば、あまり時間をかけずに即決をした方が良いです。少しでも走行距離が短く、エンジンも良い状態で売却ができれば高額売却につながる可能性があります。

    こうお伝えすると「急いで売却をして、業者の提示額で売ったら損をした」ということも起きてしまうかもしれません。車の売却は最短でも1ヶ月は考えておくことをおすすめします。

    ①売却方法の決定②相場を調べるために見積もりをもらう③売却先の選定→④売却
    全体のこの流れで少しでも高い売却金額を実現するなら約1ヶ月は最短でもみておきましょう。

    どの売却方法でも利用して欲しい「一括査定」

    前章でお伝えした通り、どの売却方法を選んだとしても売却相場は売却前には知っておく必要があります。

    前にも少し触れましたが、自分の車のリアルな相場を調べるには、複数の買取業者やディーラーで実際に査定をしてもらい見積りを集めます。この見積りの平均値がリアルな相場なのです。

    しかし、業者をわざわざ回って見積りを集めるのはとても面倒で、例えば5社以上から見積りを集めるのであれば一日では難しいでしょう。

    そこで利用してほしいのが「一括査定」になります。ネット上から車の情報を細かく入力し、査定依頼を出すことができ最大30社から即日で概算見積りを受け取ることができます。相場を知るためにとても便利なサービスが一括査定なのです。

    もし「買取」を売却方法として選ぶ方なら、そのまま買取業者と連絡を取り合うことができるので高額でスムーズに売却を進めることができます。

    3-1:完全無料で見積りを最大30社から集めることができる

    一括査定はいくつもサイトがありますが、どのサイトも無料で一括査定を依頼することができます。

    車の情報を入力するだけで最大30社から見積りを集めることができるので、わざわざ業者を1社ずつ回る必要もなく楽に相場を知ることが可能です。

    3-2:買取を選択するならそのままスムーズに売却できる

    一括査定から見積り依頼ができる先は買取業者になります。

    つまり、その見積りや条件をみて内容がよければその買取業者とそのまま売却まで話を進めることができるのです。また、一括査定サイトから依頼する買取業者は自分が住んでいる地域付近の買取業者になるので、その後の手続きもスムーズに進めることができます。

    売却方法として買取を選ぶ方はさらにメリットがあるのが一括査定なのです。

    どこでも良いわけじゃない!おすすめ車一括査定サイト7選

    売却相場を知るために一括査定を利用することはとてもおすすめだと伝わったはずです。

    しかし一括査定と言っても、どこのサイトでもいいわけではありません。各サイトごとに提携業者数や同時に査定できる数に差があったり、強みが違ったりします。

    そこでこの章ではランキング形式でおすすめの一括査定サイトをご紹介します。

    1位:カーセンサー

    カーセンサー

    査定数登録時間登録業者
    最大30社90秒〜180秒1,000社
    業者の選択メールでの対応概算価格
    可能ありなし
    こんな車種におすすめ
    国産車、外国車、事故車・廃車、トラック

    1,000件を超える圧倒的な数の業者と提携しているため、最も自分に合った買取業者を探しやすく、高額査定結果を得られる可能性が高いという理由から一括査定サイトの中でも最もおすすめサイトです。

    連絡方法をメール指定にできるというのも一括査定サイトを利用するユーザーにとって大きな魅力でしょう。

    2位:ナビクル

    ナビクル

    査定数登録時間登録業者
    10社45秒55社
    業者の選択メールでの対応概算価格
    可能不可あり
    こんな車種におすすめ
    国産車

    申込時の必須入力項目が9つしかないため、45秒で終わり、簡単に申し込みができます。

    そして申込後、すぐに車の買取相場が分かるというのがポイントです。

    ただし、ナビクルは他のサイトに比べると連携している業者が少ないというマイナスポイントもあります。

    安心して利用することのできる優良業者のみに限定しているから、という理由はありますが、他社のサイトで100社以上あるのに対し55社というのはやはり少ないと感じますね。

    3位:楽天愛車一括査定

    楽天愛車一括査定

    査定数登録時間登録業者
    最大10社30秒〜60秒100社
    業者の選択メールでの対応概算価格
    可能不可なし
    こんな車種におすすめ
    国産車、外国車

    「楽天 愛車一括査定」の車一括査定は、ポイントがもらえるという特典があります。(楽天会員のみ

    得られるポイントは、

    • 申し込み時に5ポイント
    • 売却成約時に1,500ポイント

    提携している買取業者数は上の2つに比べると、どうしても見劣りしてしまいますが、ポイントがもらえるのでその分お得になるとも考えられます。

    楽天会員で車の売却を考えているのならおすすめのサイトです。

    また、申し込み直後に買取相場が分かるので、交渉に使うこともできます。

    4位:ズバット車買取比較

    ズバット車買取比較

    査定数登録時間登録業者
    最大10社60秒〜90秒220社
    業者の選択メールでの対応概算価格
    可能不可あり
    こんな車種におすすめ
    国産車、外国車、事故車・廃車

    「ズバット車買取比較」は10年を超える運営実績があり、提携業者数も200社と比較的多く、申し込み後に買取相場がすぐ分かる点など、バランスが取れた一括査定サイトです。

    また、電話サポートというサービスがあり、何か困ったことがあったときや疑問があるときはカスタマーサポートチームが年中無休で対応してくれるので心強いです。

    ただし、携帯やスマホの場合、SMS認証が必要で、固定電話での申し込みはネットからはできないのが難点です。

    5位:カービュー

    カービュー

    査定数登録時間登録業者
    8社45秒230社
    業者の選択メールでの対応概算価
    可能不可なし
    こんな車種におすすめ
    国産車

    Yahoo!の子会社であり、日本で1番初めに車一括査定サービス開始した会社で一括査定サイトの老舗といえる「カービュー」は歴史があるだけ利用者も多いです。

    そのため一定の信頼性はあります。

    しかし、他社のサイトと比較すると、一度に依頼できる業者数が少ないです。

    一見、マイナスポイントのように感じますが、多くの業者に依頼をした結果、電話対応や査定の立ち合いが大変といった状況に陥らないように、ユーザーのことを考えたプラスポイントと言えるでしょう。

    6位:ユーカーパック

    ユーカーパック

    査定数登録時間登録業社
    45秒5,000社
    業者の選択メールでの対応概算価格
    不可不可なし
    こんな車種におすすめ
    国産車、外国車

    ユーカーパックは他の一括査定サイトと仕組みが少し違い、オークション形式を採用しているサービスです。このオークションというやり方から、直接買取業者と交渉をする必要がなく、ユーカーパックの担当者1人と連絡を取り合うだけで愛車の売却まで進めることができます。

    一括査定のデメリットと呼ばれる電話連絡も0で手続きができるのは嬉しいポイントです。

    ただし一点だけ難点があります。それが買取金額が他のサイトより落ちる傾向があり、高額売却を目指す方には向いていないかもしれません。

    7位:車査定比較.com

    車査定比較.com

    査定数登録時間登録業社
    10社30秒213社
    業者の選択メールでの対応概算価格
    可能不可なし
    こんな車種におすすめ
    国産車、外国車、

    「車査定比較.com」はズバット車買取比較と同運営会社が提供している一括査定サイトです。

    提携している買取業者の中には地域に特化した業者や、輸入車に特化した買取業者が混在しており、幅広い車の高額買取を十分に期待できます。

    車を売却する意思が固まったら揃えておきたい必要書類

    車を売却する上で必ず必要になる書類があります。

    住民票や印鑑証明などは役所にいって発行してもらう必要がありますが、普通であれば車内のダッシュボードやまとめて保管していると思うので揃っているはずです。

    もし、何か紛失している書類があるのであれば再発行の手続きを取らなければいけません。売却で必要な書類なので再発行をして手元に書類が届くまで売却手続きをストップさせてしまう可能性も考えられます。

    スムーズに車売却を行うために必要書類は売却を決めたタイミングで揃えておくことをおすすめします。

    5-1:普通自動車の場合

    買取、下取りを選ぶ場合一部オークション、個人間売買を選ぶ場合
    車検証

    印鑑証明書

    自賠責保険証

    リサイクル券

    住民票の写し

    申請書

    譲渡証明書

    前所有者の印鑑証明書

    新所有者の印鑑証明書

    前所有者の委任状

    新所有者の委任状

    車検証

    新所有者の車庫証明書

    自動車税・自動車取得税申告書

    手数料納付書

    申請書(1号様式)

    ※住民票、印鑑証明書は発行から3ヶ月以内のもの

    5-2:軽自動車の場合

    買取、下取りを選ぶ場合一部オークション、個人間売買を選ぶ場合
    車検証

    軽自動車納税証明書

    印鑑証明書

    自賠責保険証

    リサイクル券

    住民票の写し

    申請書

    譲渡証明書

    前所有者の印鑑証明書

    新所有者の印鑑証明書

    前所有者の委任状

    新所有者の委任状

    車検証

    新所有者の車庫証明書

    自動車税・自動車取得税申告書

    手数料納付書

    申請書(1号様式)

    ※住民票、印鑑証明書は発行から3ヶ月以内のもの

    まとめ

    車の売却について詳しく解説しました。今売却を考えている方はまず自分に合った売却方法を選ぶところから始めましょう。

    損せず上手に売却する手順としては次の通りでした。

    • 車の売却方法を決定
    • 車のリアルな相場を把握(一括査定)
    • 売却に必要な書類を揃える
    • 実際に売却

    この全体の流れで約1ヶ月は期間として考えておくと余裕をもって、焦らず売却を進めることができます。どうしても急ぎの方であっても売却前にリアルな買取相場は調べておくことをおすすめします。この相場を把握しているのか、把握していないかで損をするか得するかを大きく左右されるのです。

    「一括査定」を使うことで、楽に見積りを集めることができ相場を把握することができますので、ぜひ利用してみてください。車を買取してもらう方であればその後もスムーズに売却まで進めるのでよりおすすめです。

    車を高く売るなら必要不可欠とも言われるのが一括査定になります。

    目次へ

    GO