ダイハツの人気SUV「ロッキー」がハイブリッドになって登場

ダイハツロッキーはe-SMART HYBRID
       
たかまさ
Follow me

キャンプなどのアウトドアでも使えて、乗用車としての使い勝手も抜群なSUV。

日本でも需要が高まっていて、2005年のSUV販売台数は5%ほどでしたが2020年では30%前後まで上昇しています。

ダイハツから発売されているコンパクトSUV「ロッキー」。ダイハツは11月に発売予定の新型のティザーサイトを公開しました。

新型ロッキーはハイブリッド?

これまでのロッキーとは違いダイハツ独自の「e-SMART HYBRID」を搭載していて、100%モーター駆動による素早い反応と高い燃費性能を兼ね備えています。

エンジンはハイブリッド用に最適化された新開発の1.2Lエンジンを搭載する予定です。
操作性も向上していて、新機能「スマートペダル」も追加されています。

力強い加速が特徴の「ノーマルモード」と、燃費に優しい「エコモード」が選択可能でアクセルの踏み・戻しだけで加減速を行えます。

新型ロッキーは燃費と性能の両立

新型ロッキーのディザーサイトにある「50年以上の月日を超えて、電気の時代へ走り出す。」というフレーズが印象的でした。

低速域ではエンジンを動かないようにして、早朝や夜間でも静かに運転ができるようになっているとのこと。

ボディの各所に遮音材などを配置してロードノイズと風切り音を減らして、快適な車内空間を作る工夫もされています。

「スマートペダル」はアクセルを緩めるだけで通常のブレーキングよりも減速してくれる仕様になっているので渋滞などで運転が楽になりそうですね。

ハイブリッドの静音性と合わせて、これまでのロッキーとは違った乗り心地になっていそうです。

新開発したエンジンによって熱効率も最大40%を実現しているので、燃費も格段によくなっていると考えられるでしょう。

ハイブリッドのSUVが欲しいと考えていて、トヨタのコンパクトSUV「ヤリスクロス」に流れていた層も引き込めそうな発表だと思いますね。

また、トヨタのコンパクトSUV「ライズ」はダイハツが開発していて、ロッキーの兄弟車になっています。
ライズにもシリーズ式ハイブリッドシステムの「e-SMART HYBRID」が採用されるのかも気になるポイントです。

新型ロッキーのe-SMART HYBRIDに注目

新型ロッキーに採用されているシリーズ式ハイブリッドシステムの「e-SMART HYBRID」がどのような性能なのかが気になりますね。

日産の「e-POWER」のように日本を代表するハイブリッドシステムになるのか注目したいですね。


※ ページ上部画像の出典
【公式】電気の時代へ走り出す。ROCKY-e:smart|ダイハツ
https://www.daihatsu.co.jp/lineup/rocky/special/

カーセンサーの一括査定

車種別・車の状態別で高く買取ってもらえる一括査定システムを探す!

最後に、売却を予定する車種(普通車・商用車・トラック・バスなど)車の状態(事故車・不動車・廃車など)に応じて、高く買取ってもらえる「車一括査定システム」をその場で確認できる仕組みをご紹介します。

車 一括査定 シミュレーション
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック王国」で決まり!

トラック大国
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)