不快な思いをするドライバーも多い!バイクのすり抜けは違反なのか?

バイクのすり抜けは違反?
       
たかまさ
Follow me

車を運転していると、車両の直ぐ横をすり抜けながら走ってくるバイクに対して恐怖を感じた人も多いのではないかと思います。

すり抜けをしてくるバイクは、死角に入りやすく、どうしても車からは確認することが難しくなります。

そのためすり抜けしようとしたバイクが、車と接触事故等を起こしてしまうことがあります。

今回は、すり抜けが違反なのかについても含め、道路交通法の観点から考察してみます。

バイクのすり抜けは違反なのか?

道路交通法のなかでは、すり抜け自体を禁止している法律はありません。

すり抜けをして検挙される人は別の法律に違反してしまっているケースが大半です。

例えばすり抜けをしようとした際に一時停止の履行違反や、信号無視等で検挙されることがあります。信号無視の罰則は二輪7000円、原付6000円で点数は2点です。

他にも通行区分違反が考えられます。歩道がない道路のことを路側帯と呼ばれています。この道は歩行者優先ですのですり抜けをすると検挙されます。罰則は信号無視と同様の二輪7000円、原付6000円で点数は2点です。

すり抜けのメリット、デメリット

バイクのすり抜け行為についての捉え方は人それぞれです。

日常的にやっているライダーもいれば、全くやらないライダーもいます。

ここで、すり抜けのメリットとデメリットについて紹介します。

すり抜けのメリットは、何と言っても「早く先に進むことができること」です。渋滞している車列があっても、すり抜け可能なスペースが空いている場合が多いです。

よって、渋滞している車の間をすり抜ければ、先に行くことが可能で、場合によっては目的地に早く到着することもできます。

一方、デメリットは車のドライバーからは、すり抜けのバイクは死角に入りやすいため、接触事故の可能性が高くなることです。

また、バイクの種類によっては、排気音が大きいのもあり、すぐ隣を不意に追い抜かれるとドライバー側は驚いたり、不快に感じたりする人も多いはずです。

バイクのすり抜けは、筆者の個人的な意見としては、何かと不安全要素が多いので、やらないに越したことはないと考えています。

筆者も自動二輪の免許を持っていて、グループでツーリングに出かけたりもします。その出発時には「今日のツーリングはすり抜けはなしでいきましょう!」と申し合わせたりもします。

バイクはすり抜けに限らず、車に気付かれにくく、巻き込み事故が多いのも事実です.

すり抜け事故を経験した人は後悔している

すり抜け自体は禁止されているわけではなく、すり抜け行為が直ちに検挙される対象にはなりません。

しかし、すり抜けをすることによって、周囲の車両を巻き込んだ事故が発生する確率が高くなることは周知のとおりです。

また、すり抜けの要領次第では、周囲のドライバーを驚かせたり、不快にさせたりする恐れもあり、品の良い走り、安全な走行とは言えないのが実態です。

筆者の知人にもすり抜けで接触事故を起こしてしまったライダーがいますが、やはり「やらなければよかった」と後悔しています。

急いでいるのであれば、先ずは、早く出発することに注力すべきでしょう。



車の購入!ネットに公開されていない優良車両の存在を知っていますか?

非公開車両

車の売却!最適な査定システムをご案内

車 一括査定 シミュレーション


青矢印

1 【普通車・乗用車】の売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
実際に売却検証をした結果「カーセンサー」が最も合理的に高価買取をねらえることが分かりました。

カーセンサー

青矢印

2 【トラック・バス・重機(ユンボ)】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
トラックやバス、そして重機・特殊車両までOK!高く買取ってもらいたい人は「トラック一括査定王」で決まり!

トラック一括査定王

青矢印

3 【事故車・不動車・廃車】などの売却を希望している人
たかまさ
たかまさ
廃車、事故車はもちろんのこと、動かない車もOK!どんな車も買取ってくれるのが「カーネクスト」です。

カーネクスト


↑の「車!査定アナライザー」は、当サイトで様々な検証(実際の売却・口コミや評判の調査、など)を試みて、車種に応じた最適なサービスが直ぐに見つかるようにしたものです。

ぜひ、ご活用していただき、少しでも高く、大切な車を買取ってもらってください!


カーセンサーの一括査定

【当サイト コンテンツの監修者】
Sato Tomoki
Latest posts by Sato Tomoki (see all)