MENU

車の一括査定サイトランキング&タイプ別利用法まとめ

車を売るなら高く売りたい。ではどうすれば高く車を売ることができるか。

 

おそらく車を売ろうと考えている方は誰しも思っていることでしょう。

 

現状は複数の業者から査定を集め、高かった金額の業者に絞り、売却価格の交渉することがもっとも車を高く売ることができる方法がもっともおすすめの方法です。

 

複数の査定を集め金額を比較することで、どこの業者が自分の車に興味を持っているかが分かりますから、そういった業者を選別し最終的な立ち合いの出張査定ではじき出された金額を交渉で競わせることで売る価格が相場以上になる可能性がもっとも高くなります。

 

この車の査定を集める手段でもっともポピュラーなのが、一括査定サイト
一括査定サイトを使うと、一度の登録で複数の査定が集まり手間が激減しますし、登録業者に競合他社の存在を知らせることができ交渉段階で金額をつり上げ安いからです。

 

一括査定は今や車を売るには欠かせない

 

ただし、この一括査定サイトやみくもに選んでは×
自分の車にマッチした業者が多く登録している一括査定サイトを選んで利用することが何より大事なんです!!

 

そこで当サイトでは、車のタイプに応じたおすすめ一括査定サイトを利用度の高い順にランキング形式で紹介しています!

 

また一括査定サイトは複数利用することをおすすめします。一括査定サイトを掛け持ち利用をおすすめする理由は2つ。

 

掛け持ちする2つの理由

サイト毎に登録業者が違う

サイト毎に登録してある業者が違うので、様々な業者をから査定を集めると取りこぼしがなくなりますから、車を高額で売ることができる期待値が上がります。

20以上の査定を集める

査定は多く取った方が、車を高く買取してくれる業者に出会える確率があがるわけですから、たくさん集めるに越したことはありません。では車を高く売るためにはどれくらいの査定が必要かというと、20社以上が最低ライン。ですが、ひとつの一括査定サイトで20もの査定を集めるには難しいので掛け持ちで利用する必要があります。

 

車のタイプ別一括査定サイトランキングMENU

国産車 外車 故障車 商用車

国産車ボタン

 

車のタイプ

  • 普通車
  • 軽自動車
  • SUV

このタイプをチェック

外車ボタン

 

車のタイプ

  • 外車
  • 輸入車
  • 並行輸入車

このタイプをチェック

事故車ボタン

 

車のタイプ

  • 事故車
  • 故障車
  • 水没者

>このタイプをチェック

商用車ボタン

 

車のタイプ

  • 商用車
  • トラック
  • 特殊車両

このタイプをチェック

 

電話連絡が苦手な人用の一括査定サイト

 

 

車一括査定ランキング<国産車>

国産車はセオリー通り一括査定サイトを使う

 

国産の普通車、軽自動車、SUVなどを売却しようと考えている方におすすめの一括査定サイトをご紹介します。
一般的な国産車の場合、一括査定サイトを使って査定を集めどれだけ愛車を高評価してくれる業者を探せるかがポイントになります。

 

ですから基本的に一括査定サイトの掛け持ち利用がおすすめ。

 

ただ掛け持ち利用した場合、業者からの電話もそれだけ多くなります。電話対応が面倒という方は、基本メール対応や電話連絡のない一括査定サイトも紹介しているのでそちらをチェックしてみてください。

連絡が面倒な方向けの一括査定サイト特集

 

かんたん車査定ガイド

最大最大見積り数

登録時間

評価

最大10社

45秒

かんたん車査定ガイドキャプチャ

URL:http://a-satei.com/

エイチームが運営するかんたん車査定ガイドは登録後すぐ概算価格(車査定の相場)をチェックできのが最大のポイント。今現状自分の車がどれくらいで売ることができるのかという価値がわかるので、届いた査定でどこが相場以上なのかすぐにわかります。登録業者は50社以上。登録が1分かからないので簡単なので、通勤中などにスマホでサクッと査定を集めることができます。

 

カーセンサー

最大見積り数

登録時間

評価

最大30社

90秒

カーセンサーキャプチャ

URL:http://kaitori.carsensor.net/

カーセンサーはご存知の方も多いのではないでしょうか?カーセンサーは車を売る際の「査定集め」にとにかく重宝するサイトです。登録時間は90秒とちょっと時間がかかりますが、一度に取れる最大の査定数が30社ととても豊富。しかも登録業者が150社以上と豊富です。近くの業者も探すことがきるのもカーセンサーの特徴のひとつ。

 

ズバット車買取比較

最大見積り数

登録時間

評価

最大10社

60秒

ズバットキャプチャ URL:https://www.zba.jp/

ズバット車買取比較はウェブクルーが運営する一括査定サイトです。登録業者は年々増加し現在220社以上(2016年11月)。ガリバーやカーセブンなどの大手から、地域密着の中小企業まで網羅していますから車を売るときの強い味方になってくれます。登録時間もわずか1分ほどですから手間もかかりません。困った時にも安心のカスタマーサービスを設けているのもとても珍しい点。

 

楽天

最大見積り数

登録時間

評価

最大9社

180秒

楽天キャプチャ

URL:http://auto.rakuten.co.jp/

みなさんご存知楽天の買取査定部門。楽天は一度に取れる査定の数、登録時間ともに他のサイトよりも劣ります。ただ楽天を利用すると5P、車を売ると1500ポイントの楽天ポイントがもらえますから楽天会員の方におすすめなサイトです。登録している買取業者数も100社を超えていますから楽天会員の方はぜひ利用してみてください。

車一括査定ランキング<外車>

専門業者の査定をもとにより良い業者を探す

 

昔に比べ最近はベンツやアウディなどの外国の車もたくさん見かけますね。車の売る方法を探して当サイトにお越しくださった方の中にも外国車を売ろうと思っているかもしれませんね。
ですが、残念ながら基本的には外車は国産車よりも安価な売却額になってしまいやすいのです。

 

それでは国産の車に比べて外車の売却額が安価な理由や、安価な売却額になってしまうのを回避する豆知識などを詳しくみていきましょう。

 

売却市場が限定されている

国産の車の場合は、仕入れた直後に店頭販売やオークションに掛けて大半の買取業者が在庫軽減の為にも換金するのです。ですが、外車の場合には売却市場が非常に狭いため、最悪の場合は売れ残りが生じてしまう可能性が高いのです。その関係で安全策として無難な安価に設定せざるを得ないと言うのが基本的な現状なのです。
ですから、外国の車をメインに取り扱う輸入業者や、国内に販売ルートを持つディーラー、外国車の市場価値をしっかり理解されている業者以外にはなかなか取り扱いが難しいのです。

 

外車の性能事情となデメリット

一概には言い切れませんが、車の性能は国産車よりも外車の方が故障しやすい傾向にあります。これは車にとって致命的とも言える非常に大きなデメリット。
そして故障が生じてしまった場合でも各部品を簡単に取り寄せる事がメーカーによって難しいと言う点もあります。

 

外車を高く売るオススメの方法

基本として外車を少しでも買取してもらうためには、日本の車を売るより多くの査定を集める必要があります。
最低でも25社〜30社は収集しておきたいところ。

 

 

もちろん普通に集めていても時間がかかりますから、車を売るおすすめの方法でも紹介しました一括査定サイト」を利用します。
そして輸入車専門に扱う中古車ディーラー「外車王」の査定もとっておきましょう。
専門ディーラーよりも高い金額を付けた業者が見つかれば、高額売却にかなり期待できます!

 

 

外車王

外車王キャプチャ

URL:https://www.gaisha-oh.com/

外国車の年間販売台数1500社以上を誇り、国内に顧客5000人以上を保持しているので外車を売る際には利用しておきたい中古車業者です。

 


車一括査定ランキング<事故車>

カービューは利用度高し

 

売る車は状態のいいものばかりではありません。なかには事故車を売りたいという方もいらっしゃるとおもいます。ただ事故車を売るという場合、「普通の車ならいざ知らず事故車は売ることが出きるの?」と思っている方もおられるのではないでしょうか?結論からいうと、ケースバイケース。不動車であっても売ることが出きる場合もあれば、動く車でも売ることができない場合もあります。
ただし買取してもらえる可能性は十分にあります。ただし事故車を売る場合は、車を売るおすすめの方法をちょっとアレンジする必要があります。

事故車を高く売るオススメの方法

車を売るおすすめの方法と同様に、一括査定サイトし20以上の査定を集めるのですが、事故車特化の「カービュー」でも査定を取っておきます。

 

カービュー

カービューキャプチャ

URL:https://kaitori.carview.co.jp/

ソフトバンクが運営するカービューは、事故車に特化した一括査定サイトです。事故車の買取に特化した大小の中古車業者から最大8社の査定を集めることができます。事故車を売る場合、利用をおすすめします。

 

カービューはどんな状態の車でも売る可能性が期待できる業者に特化したサイトです。
またカーセンサーも事故車対応の業者が多数参加しているので利用度は高いと思います。
事故車を売る際にはぜひ利用したいサイトですが、状態のそこまで悪くない車であればかんたん車査定ガイドやズバットなどの一括査定サイトに登録されている業者の方が高く売ることが出きる場合があります。
ですから併用して使うことをおすすめします。

 


 

事故歴と修理歴の違い

事故歴?修理歴??

 

車を売却する際に、事故歴や修復歴は査定額に影響を与えます。

 

では、事故車と修復歴車の違いとはなんでしょうか。事故車とは、その名の通り事故を起こしたことがある車のことを言います。例えば、車にぶつかられてへこんでしまった車、これは「事故車」になります。事故歴は査定時にマイナスになることから、ばれたくないことですよね。ですが、事故があった場合は正直に申告をしましょう。
申告しなかったとしても、プロの目はごまかすことはできませんので、必ずばれるうえに心象が悪くなります。また、自走できないほどの事故を起こした場合は、修理するよりも新しく買い換えた方が安上がりな場合もあります。

 

次に修復歴車ですが、これは、事故とは関係なく車体のフレームなどが歪んでしまい、それを修理した車のことを言います。
この修復歴というのは、バンパーやボディーのへこみ、キズなどの軽い修理の場合には含まれず、フレーム、ダッシュパネル、トランクフロアなどの骨格部分を修理した場合に言います。
事故歴の場合は、使える部品などがある場合もありますし、きれいに修理されていればそれほどマイナス査定を受けることはありません。
ですが、修復歴車の場合は、車の骨格部分が歪んでしまっているため、事故車より大きな減点となります。

 

このように事故車と修復歴車は一見同じように見えても、違いがあります。事故車や修復歴車の場合、買い手はそれを嫌がるため査定額は下がりますが、いくらきれいに修理していてもプロにはわかってしまうものです。
査定時には、正直に報告をしましょう。

車一括査定ランキング<商用車>

トラックは専門業者へ

 

車を売るときは大半の人が乗用車を売るでしょう。
ですが、仕事で使っているトラックなどの商用車や特殊車両の売りたいという方もいらっしゃるとおもいます。

 

では商用車などの特殊な車を売るときどうすればいいのでしょう?実は商用車を売る際、7割以上の方が下取りや廃車に出す方が多いのだそうです。
ですがこうした商用車のような特殊な車は、ディーラーに下取りしてもらうより高く売ることができる期待値の高い車種です。
商用車は決して多くはありませんが、重要は確実にあります。そして乗りつぶすという方も多いので、状態が悪くても売ることができる可能性が高いのです。

 

とはいっても特殊は特殊ですから、普通の業者ではなかなか高値はもちろん中には売ることすら難しいので、専門的に取り扱う業者に売るのがおすすめ。
商用車を専門的に取り扱う業者は、買い取った後の車を販売するルートを多数確保しているのでほかよりも高く買取してくれる可能性が大きいです。
商用車の市場は日本の特殊車両は、国内は勿論、海外でも人気です。ですから、先進国などへの海外で輸出ルートを持つ業者もを積極的に買い取っている事になります。

 

乗用車を主に取り扱う業者の場合、こうした車両を販売するルートが弱く、買い取っても上手く販売をしていけない可能性を考え、低めの査定額しか出ない可能性もあります。

 

それだけに、専門的な業者に査定を出すという事が重要になります。

 

特殊車両は乗用車に比べて需要が少ないのではないか、高く評価されないのではないかと考える人もいますが、そんな事はありませんから安心してください。

 

商用車を高く売るオススメの方法

商用車を売る場合、まず重機等の特殊車両、運搬などのトラックによって適切な売り方が変わってきます。
まずはフォークリフトやフォークリフトなどの建機やバスなどの特に特殊な車はカービューの商用車の一括査定サイトを利用するのがおすすめです。

 

カービュー

カービューキャプチャ

URL:https://kaitori.carview.co.jp/

カービューの商用車専用の一括査定サイトは特殊車両も買取してくれる業者から最大8社から査定を集めることができるサイトです。登録業者の数こそ少ないですがトラックからフォークリフトまで特殊車両につよい業者が多数参加して居ます

 

そしてトラックなどの車を売る場合はカービューに加え、トラック王国やトラック買取,comなど全国的にも有名な高価買取してくれる業者の査定も集めましょう。

 

トラック買取.com

トラック買取.comキャプチャ

URL:http://truck-kaitori1.com/

トラック王国

トラック王国キャプチャ

URL:http://www.55truck.com/

 

ミニバンや軽自動車の商用車は以下のおすすめサイトの査定も集めておくといいでしょう。

 


車の一括査定後した後の電話が連絡が苦手な人はここ

 

一括査定すると、いの一番に電話がかかってきます。実はこれ最初にかけた業者との成約率が高いからなんだそうです。
といっても、最初にだれが電話したなどほかの業者は知る由もないのでそのあとも連絡は続きます。

 

この電話が苦手で車を売りたいけど一括査定を利用できない

 

という方も多いのではないでしょうか?

 

そこでメール対応OKな業者、電話がかかってこない一括査定をご紹介したいと思います。

 

カーセンサー

営業電話が苦手

カーセンサーキャプチャ URL:http://kaitori.carsensor.net/

カーセンサーは業者をこちらから選択でき、選ぶ際にアイコン表示で「メール対応OK」の業者を表示してくれているので、電話が苦手な人にはかなり重宝するサイト。
さらに念を押したい方は登録の際、「任意項目」の欄に対応はメールのみと書いておくことをおすすめいsます。

 

ユーポスト

ユーポストキャプチャ

URL:https://ucarpac.com/

ユーポストはオークション型の一括査定サイトという珍しいサイト。登録を済ませると、業者が愛車に査定額を入札してき一番高い金額を付けた業者が立ち合い(出張査定)をするというシステム。
査定の入札も順次確認できるので自分の車が今いくらになっているのかわかり、営業電話等は一切ありません。
電話が嫌いという方のための一括査定サイトといってもいいぐらいかも。

車の一括査定したらいざ交渉

車を売るときの交渉はとても大事です。車の売る際の交渉は「他社の金額を伝えながら金額を釣り上げていく」のが基本です。

 

競合他社

ユーザーが一括査定サイトを利用していることは業者には通知されています。
ですから競合他社がいることはわかっています。ということは下手に足元も見た金額をつけたり、買い叩こうとすると他社へ流れるおそれることもわかっています。なので安い売却額や査定額をつけにくく「交渉しやすい土台」はできています。

 

交渉する場合は、まず一社目に車の出張査定してもらい、金額を出してもらいます。
そして即決はせずに二社目の出張査定の際に、一社目の金額を伝え釣り上げていきます。これを繰り返していき、すべての金額を聞いた後、どこに車を売るかを決定しましょう。
こういう手順で車を売ることで、もっとも高く愛車を手放すことができます。

 

出張査定の際、「禁煙車」や「土足禁止」などのアピールポイントは積極的に伝えましょう。分解整備記録簿や整備手帳など書類で不備がないことを証明できればグッと好印象になり売却額にも影響します。